*

寒川神社の厄除け。受付時間と祈祷料金の値段は?服装の格好と持ち物

日本では厄を払い清め、無事に過ごせるようにと厄除けを行います。厄除けの祈祷は、神社やお寺で受けることができます。神奈川県にある寒川神社は、厄除けに名高い神社です。今回は、

 

●寒川神社の厄除け。受付時間はいつからいつまで?予約は可能?
●厄除けの料金。祈祷料の金額はいくら?
●お祓いに出向く服装や持ち物の注意点は?
●寒川神社の厄除け効果は期待できる?

 

これらについて、ご紹介します。寒川神社の厄除けについて、いつ受ければ良いのか?どこで受けるの?いくらかかる?服装や作法など気を付けることは?などの情報をまとめています。是非、参考にしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

寒川神社の厄除け。受付時間はいつからいつまで?予約は可能?

厄除けは、正月から季節の変わり目である“立春”までに済ませると良いとされています。寒川神社は、厄除けや方位除けを得意とする神社です。

 

前厄本厄後厄厄払いのお礼参りなど、寒川神社の祈祷を受けに毎年多くの人が訪れています。

 

寒川神社
住所:神奈川県高座郡寒川町宮山3916
電話:0467-75-0004
 
83277369_795f970c05_m
 
拝観料:無料
拝観時間:6:00~日没 ※12月31日~1月3日終夜開門
厄除け受付時間:8:00~17:00
 

 

 

寒川神社の厄除けは、午前8時から午後5時が受付時間となります。正月の期間中は、少し早めに受付が開始されます。厄除けの予約はできません

 

当日、受付を済ませた人から順に案内されます。立春である節分の日までは、厄除け客と初詣客の参拝が集中しますので、時間に余裕を持って出かけてください。

 

寒川神社の厄除け。受付時間と祈祷料金の値段は?服装の格好と持ち物

 

厄除けの料金。祈祷料の金額はいくら?

厄除けに行く場合、料金はいくらぐらいが相場なのでしょう?

 

神社やお寺で厄除けを受ける際に支払うお金を、祈祷料(きとうりょう)といい、神社によっては、この祈祷料の金額を設定していますので、厄除けを受ける神社に直接金額を聞いても失礼にはなりません。

 

寒川神社も、3,000円以上、5,000円以上、10,000円以上30,000円以上、50,000円以上と設定されています。毎年祈祷を受ける人は、3,000円でも良いかと思いますが、厄払いなど特別な場合の祈祷料は5,000円が相場です。

 

SPONSORED LINK

 

寒川神社は神社の祈祷に来られない人のために、郵送による厄除け等の祈祷を受け付けています。申し込みは郵便局より現金書留による申し込み、FAXによる申し込み、手紙による申し込みの3つの方法があります。

 

 

郵送の場合は、

〒253-0195 神奈川県高座群寒川町宮山3916

 

へ、郵便局へ祈祷料の払い込み完了後に、自分の住所・氏名・生年月日・連絡先・お願い事を記入して送ると、寒川神社での祈祷を受けることができます。

 

遠方にお住いの方や、病気等で寒川神社へ出向けない人におススメです。

 

samukawajinja_002

 

お祓いに出向く服装や持ち物の注意点は?

厄払いを受けるからと、正装で行く必要はありません。あまり華美な服は好ましくありませんが、普段着でも大丈夫です。

 

厄除けに行くのだからきちんと気を引き締めたいという方は、スーツを着て行くのも良いでしょう。基本的には服装は自由です。厄除けの祈祷に必要な物も特にありません。

 

 

受付を済ませた後はしばらく待合室で待つことになりますが、この待合室にお茶や茶菓子も備えてあります。その後、本殿へ移動しますが、途中で白装束を羽織りますので、荷物は必要最小限にしておくと安心です。

 

samukawajinja_003

 

寒川神社の厄除け効果は期待できる?

寒川神社の厄除け効果を期待して、日本全国から多くの参拝客が訪れます。寒川神社は、あらゆることから災いを防ぐ“八方除け”の祈願が有名な神社です。

 

日本でも八方除けの祈祷ができる神社は数少なく、寒川神社の信仰を慕って、多くの人が厄除けや参拝に訪れます。寒川神社の八方除けについては、下の動画で確認できます。

 

 

例年、正月から節分にかけては約40万人の参拝客が訪れます。この参拝客の多さからも、寒川神社の厄除け効果の大きさが分かりますね。

 

【関連記事】

寒川神社で初詣。参拝時間と元旦の混雑状況。屋台の出店はいつまで?

 

いかがでしたでしょうか。厄除けは厄年の前年(前厄)、厄年を迎える年(本厄)、厄年の次の年(後厄)の計3回必要です。無事に厄が過ぎた後は、神社へのお礼参りもお忘れなく。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

年男年女とは?年齢と意味。厄年が重なる場合は?節分の豆まきの由来

新年を迎えたということで、今回は年男・年女についてよく耳にするので、こちらについて調べてみました。

記事を読む

葛飾納涼花火大会の穴場2018。屋台は出るの?ゆっくり見れる場所

7月、8月は各地でたくさん花火大会が催されますよね。皆さんはどの花火大会に行かれますか?中にはいける

記事を読む

紫外線対策に有効な服装、色とは?防止グッズと予防の食べ物とは

日焼け対策は「太陽の下にいない」が一番。分かっていも、夏は海に行きたいし、色々なレジャーを楽しめる季

記事を読む

風邪を予防する食べ物。ひかない食事レシピとは?ビタミンCの効果

寒い冬の季節だけでなく夏も疲れがたまると、風邪をひきやすくなりますね。   風邪予防に

記事を読む

パスポートの住所変更は必要?手続きはどこの窓口で行う?

この時期、引っ越し準備で大忙しの方も多いのではないでしょうか?   引っ越しの回数とと

記事を読む

冬のボーナス払いはいつから?一括払いの支払い月と引き落とし時期

冬のボーナスが楽しみな時期が近づいてきましたね♪   冬のボーナスは、みなさんどのよう

記事を読む

花粉症の頭痛対策!頭だけ痛いときの対処法。肩こりやだるい時は?

花粉症にお悩みの方には、つらい季節がやってまいりました。花粉症って聞くと、まずは鼻水や目のかゆみなど

記事を読む

退職願・辞表の書き方。退職届との違いは?例文と理由の具体的例も

私たちが社会人として生活していく中で、季節や状況にあった「文書」を作成することは少なくありません。

記事を読む

インフルエンザ対策は湿度で予防できる?温度管理で風邪を防ぐ

このところ寒い日々が続いていますが、皆さん風邪などひいていませんか?わたしの住んでいる地域は冬になる

記事を読む

板橋花火大会の穴場スポット2018。よく見える場所は?屋台の出店

花火大会といえばつきものの「ナイアガラの滝」。さまざまな仕掛け花火が楽しめる花火大会ですが、夏の夜空

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑