*

寒川神社の厄除け。受付時間と祈祷料金の値段は?服装の格好と持ち物

日本では厄を払い清め、無事に過ごせるようにと厄除けを行います。厄除けの祈祷は、神社やお寺で受けることができます。神奈川県にある寒川神社は、厄除けに名高い神社です。今回は、

 

●寒川神社の厄除け。受付時間はいつからいつまで?予約は可能?
●厄除けの料金。祈祷料の金額はいくら?
●お祓いに出向く服装や持ち物の注意点は?
●寒川神社の厄除け効果は期待できる?

 

これらについて、ご紹介します。寒川神社の厄除けについて、いつ受ければ良いのか?どこで受けるの?いくらかかる?服装や作法など気を付けることは?などの情報をまとめています。是非、参考にしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

寒川神社の厄除け。受付時間はいつからいつまで?予約は可能?

厄除けは、正月から季節の変わり目である“立春”までに済ませると良いとされています。寒川神社は、厄除けや方位除けを得意とする神社です。

 

前厄本厄後厄厄払いのお礼参りなど、寒川神社の祈祷を受けに毎年多くの人が訪れています。

 

寒川神社
住所:神奈川県高座郡寒川町宮山3916
電話:0467-75-0004
 
83277369_795f970c05_m
 
拝観料:無料
拝観時間:6:00~日没 ※12月31日~1月3日終夜開門
厄除け受付時間:8:00~17:00
 

 

 

寒川神社の厄除けは、午前8時から午後5時が受付時間となります。正月の期間中は、少し早めに受付が開始されます。厄除けの予約はできません

 

当日、受付を済ませた人から順に案内されます。立春である節分の日までは、厄除け客と初詣客の参拝が集中しますので、時間に余裕を持って出かけてください。

 

寒川神社の厄除け。受付時間と祈祷料金の値段は?服装の格好と持ち物

 

厄除けの料金。祈祷料の金額はいくら?

厄除けに行く場合、料金はいくらぐらいが相場なのでしょう?

 

神社やお寺で厄除けを受ける際に支払うお金を、祈祷料(きとうりょう)といい、神社によっては、この祈祷料の金額を設定していますので、厄除けを受ける神社に直接金額を聞いても失礼にはなりません。

 

寒川神社も、3,000円以上、5,000円以上、10,000円以上30,000円以上、50,000円以上と設定されています。毎年祈祷を受ける人は、3,000円でも良いかと思いますが、厄払いなど特別な場合の祈祷料は5,000円が相場です。

 

SPONSORED LINK

 

寒川神社は神社の祈祷に来られない人のために、郵送による厄除け等の祈祷を受け付けています。申し込みは郵便局より現金書留による申し込み、FAXによる申し込み、手紙による申し込みの3つの方法があります。

 

 

郵送の場合は、

〒253-0195 神奈川県高座群寒川町宮山3916

 

へ、郵便局へ祈祷料の払い込み完了後に、自分の住所・氏名・生年月日・連絡先・お願い事を記入して送ると、寒川神社での祈祷を受けることができます。

 

遠方にお住いの方や、病気等で寒川神社へ出向けない人におススメです。

 

samukawajinja_002

 

お祓いに出向く服装や持ち物の注意点は?

厄払いを受けるからと、正装で行く必要はありません。あまり華美な服は好ましくありませんが、普段着でも大丈夫です。

 

厄除けに行くのだからきちんと気を引き締めたいという方は、スーツを着て行くのも良いでしょう。基本的には服装は自由です。厄除けの祈祷に必要な物も特にありません。

 

 

受付を済ませた後はしばらく待合室で待つことになりますが、この待合室にお茶や茶菓子も備えてあります。その後、本殿へ移動しますが、途中で白装束を羽織りますので、荷物は必要最小限にしておくと安心です。

 

samukawajinja_003

 

寒川神社の厄除け効果は期待できる?

寒川神社の厄除け効果を期待して、日本全国から多くの参拝客が訪れます。寒川神社は、あらゆることから災いを防ぐ“八方除け”の祈願が有名な神社です。

 

日本でも八方除けの祈祷ができる神社は数少なく、寒川神社の信仰を慕って、多くの人が厄除けや参拝に訪れます。寒川神社の八方除けについては、下の動画で確認できます。

 

 

例年、正月から節分にかけては約40万人の参拝客が訪れます。この参拝客の多さからも、寒川神社の厄除け効果の大きさが分かりますね。

 

【関連記事】

寒川神社で初詣。参拝時間と元旦の混雑状況。屋台の出店はいつまで?

 

いかがでしたでしょうか。厄除けは厄年の前年(前厄)、厄年を迎える年(本厄)、厄年の次の年(後厄)の計3回必要です。無事に厄が過ぎた後は、神社へのお礼参りもお忘れなく。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

高尾山で見る初日の出2019年。 混雑状況、駐車場は?

山からみる初日の出って、特別な感じがして良いですよね~。山、そして初日の出といえば、富士山!と思う方

記事を読む

出産育児一時金の直接支払制度の方法と書き方。里帰りの場合は?

前回、出産育児一時金の制度についてご紹介しました。ですが、後から支払われるといっても、高額な分娩費用

記事を読む

とびひで有効な薬。市販薬は?症状と感染原因。大人にもうつるか?

とびひとは、細菌による感染症です。 あせもや湿疹、傷などをかきむしって身体中に広がったことはありま

記事を読む

若草山の山焼き2019年の日程。花火見物、撮影スポットの穴場

花火といえば夏の風物詩ですが、冬にも行われている花火大会があることをご存知でしょうか。  

記事を読む

京都の初詣2019。八坂神社の混雑状況と回避する方法

2018年のお正月は京都で、とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。京都には伏見稲荷大社、下

記事を読む

小松基地航空祭2018。混雑状況と駐車場。撮影ポイントおすすめ!

飛行場での祭りって意外に知らない人が多いと思います。私自身もこの、小松基地航空祭りを調べてみて、改め

記事を読む

東京の金運がアップする神社はここだ!上昇パワースポットあり

消費税が増税されて随分と立ちますが、今頃じわじわとボディブローのように効いて来て「お財布が痛い!」な

記事を読む

東京の縁結び神社で有名?妖精が棲む恋愛運がUPする場所

恋愛に力を授けてくれる神社。パートナーの居る方も、絶賛募集中という方も、恋愛運UPなんて聞いたらじっ

記事を読む

黄砂の対策グッズとアレルギーの予防方法は?車の洗車のコツ

春先で花粉と同じくらい厄介な物…その名は黄砂!花粉症じゃないのに何故か目がショボショボしてしまう!や

記事を読む

月見団子の由来と意味。団子の数は何個?並べ方や十五夜の起源は?

夏も終わりにさしかかり、夜半に涼しい風を感じるころになると、百人一首のある歌を思い浮かべます。 &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑