*

喪中はがきを出す範囲。年賀状はどこまで?親族の範囲と期間

朝晩かなり冷え込んできましたね。大切な方を今年亡くされた皆様には、淋しさもひとしおですね。心よりお悔み申し上げます。

 

紅葉情報が聞かれるこの季節になると、喪中ハガキの事も気になってくるのではないでしょうか? 

 

そう言えば、喪中はがき必要だね!「対象は何人だろう?」「会社関係はどうしよう?」「年賀状の方が良い範囲は?」と、少し心配になってくるかもしれません。そこで、今回は

 

●喪中はがきを出す範囲。送り先の親族はどこまで?
●友人や知人。会社や仕事関係は?年賀状で良い?
●喪中の期間はいつからいつまで?
●喪中の範囲まとめ

 

これらについて調べてみました。ちょっと、不安になっている皆様のお役に立てれば嬉しいのです。

 

SPONSORED LINK

 

喪中はがきを出す範囲。送り先の親族はどこまで?

喪中はがきのルールやマナーって、意外とご存じないのではないでしょうか?実際自分が出す側にならないと、必要ない事ですものね。

 

喪中はがきは、正式には「年賀欠礼の挨拶状」といいます。「不幸が有りまして、悲しくておめでとうと言える状態じゃないから、本来なら送るべき年賀状を送る事ができません。ごめんなさい。」と言っているわけですね。

 

欠礼のお詫び状でもあり、故人の生前のご厚誼への感謝状でもあるのです。

 

ですから、毎年年賀状を出している皆様へはお送りしましょう。葬儀に参列してくださったご親戚の皆様にも、一応出しましょう。(ご高齢の方もいらっしゃるので配慮が必要です。)

 

喪中はがきを出す範囲について調べました。

 

ご自身が跡取りの場合や、嫁いでいる場合など、状況は様々ですが、一般的に喪に服する範囲は二親等までと言われています。(いわゆる身内です)

 

親・配偶者・子供が一親等、祖父母・兄弟姉妹・孫が二親等です。

 

ですから、それ以外の親戚にはたとえ葬儀に参列してくださっていたとしても、送っておいた方が無難かと思います。

 

2b9a4d3b6d7fcb11f6ca067c58805184_s

 

友人や知人。会社や仕事関係は?年賀状で良い?

自分が毎年年賀状をお送りしている皆様へはもちろん、亡くなった本人の方のご友人関係もお忘れなく。

 

私は母を亡くした年に、母の整理してあった年賀状を確認し、母の友人にも喪中はがきを出しました。父も気落ちしておりましたので、代わりにそちらも手配しました。

 

SPONSORED LINK

 

一方、会社・仕事関係は、ビジネスと割切れる相手なら年賀状で良いでしょうし、それ以上に親しくしている関係ならば、喪中はがきとすれば良いのではないでしょうか。

 

喪中の期間はいつからいつまで?

一般的に父母の不幸に際しては七七忌(四十九日)までが忌中一周忌(1年間)までが喪中といわれます。二親等では半年が喪中とも言われます。

 

これは、明治七年に「服忌令」というのが出て、故人との関係によって忌中と喪中の期間が細かく決められ、これがそもそもの期間の決め事でしたが、百年以上も前のもので、現在ではそれほど厳密な決め事は無いようです。

 

機械的に半年とか一年とかではなく、故人との関係によって喪に服す期間が異なるのが人情でしょう。

 

096874

 

別居していて、ほとんど会わなかった祖父の喪中はがきは、悲しみが無いわけではないのですが出さないとか、三親等の叔母だが同居していたので喪中ですとか。

 

臨機応変に心のこもった対応で良いのではないでしょうか?

 

今年は、大切な家族を亡くし1月1日~12月31日迄の葬儀だったという場合は、お祝い事は避け喪に服し、年賀状も喪中はがきに変えてご案内しましょう

 

 

ただし、先方が賀状の準備をされる前にお届けしよう。と言う思いやりから、早めに11月中にはお送りしたいです。

 

ですので、11月以降の不幸に関しては、間に合いませんので、別のおはがきでお知らせをします。この例は、また別の機会に。

 

08_txt07_04

 

 

【関連記事】

喪中はがきの文例。夫や義父の場合は?夫婦連名で出す続柄の書き方

 

総じて、喪中はがきは親しき方々への近況報告の意味も込め、今年は不幸があって、年賀状は出せませんがご心配なさらないでください。といったマナーの意味の案内状だと思います。

 

おのずと送付先も見えてくることでしょう。残された家族が、亡くなられた故人への敬意を込めて、誠意をつくして差し上げましょう。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

結婚指輪の人気ランキング!安いけど高品質なおすすめブランドも

いよいよ、結婚指輪を購入するときがやってきました。 今、人気のある結婚指輪はどんなものか気になりま

記事を読む

立冬の意味とは?2018年はいつ?食べ物と風習。時候の挨拶の例

「きょうは立冬です。各地の表情をお伝えします」などと、秋も深まってくるころ「越冬する鳥たち」や「お正

記事を読む

サンタのコスプレ衣装!クリスマスにセクシーからおもしろ激安通販

クリスマスの時期になると、クリスマスパーティーにお呼ばれする機会も増えますよね。  

記事を読む

一人暮らしで必要な家具とおすすめの収納具。どこで買えばいい?

春は新しい生活が始まる季節という事で、転勤なんかで引っ越しをされる方や入学の為に一人暮らしをされる方

記事を読む

湯河原の梅まつり2019。幕山公園の開花状況と見どころは?

梅をただ見るだけじゃなくって、イベントを楽しみたい!温泉も楽しみたい!という方におすすめの、湯河原温

記事を読む

昭和の日の由来とは?いつから始まった?みどりの日との違い

まだまだ寒い日が続きますが、少しずつ日が長くなってきて春の気配を感じるようになってきました。計画的な

記事を読む

菖蒲湯こどもの日の由来。どこで買う?作り方と入り方。効果効能

五月五日と言えば子供の日!男の子の節句、いわばお祭りなわけで、我が家は今年の8月に5歳になろうという

記事を読む

節分の豆を食べる数と理由とは?豆まきの種類。残りのリメイクレシピ

皆さんは節分に豆を食べますか?私も小さい頃から、節分には豆を食べていたので毎年食べているんですが、歳

記事を読む

芝桜の育て方・増やし方。植える時期と正しい植え方とは?

暖かくなると沢山の花が咲くようになりますよね。そんな花の名所を巡る事ももちろん楽しいのですが、自分の

記事を読む

あじさいの名所で東京なら?関東や関西の紫陽花スポットまとめ

こんにちは♪今回は、私の大好きな関東や関西のあじさいをご紹介します♪日本の憂鬱な梅雨の時期、6月から

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑