*

喪中はがきを出す範囲。年賀状はどこまで?親族の範囲と期間

朝晩かなり冷え込んできましたね。大切な方を今年亡くされた皆様には、淋しさもひとしおですね。心よりお悔み申し上げます。

 

紅葉情報が聞かれるこの季節になると、喪中ハガキの事も気になってくるのではないでしょうか? 

 

そう言えば、喪中はがき必要だね!「対象は何人だろう?」「会社関係はどうしよう?」「年賀状の方が良い範囲は?」と、少し心配になってくるかもしれません。そこで、今回は

 

●喪中はがきを出す範囲。送り先の親族はどこまで?
●友人や知人。会社や仕事関係は?年賀状で良い?
●喪中の期間はいつからいつまで?
●喪中の範囲まとめ

 

これらについて調べてみました。ちょっと、不安になっている皆様のお役に立てれば嬉しいのです。

 

SPONSORED LINK

 

喪中はがきを出す範囲。送り先の親族はどこまで?

喪中はがきのルールやマナーって、意外とご存じないのではないでしょうか?実際自分が出す側にならないと、必要ない事ですものね。

 

喪中はがきは、正式には「年賀欠礼の挨拶状」といいます。「不幸が有りまして、悲しくておめでとうと言える状態じゃないから、本来なら送るべき年賀状を送る事ができません。ごめんなさい。」と言っているわけですね。

 

欠礼のお詫び状でもあり、故人の生前のご厚誼への感謝状でもあるのです。

 

ですから、毎年年賀状を出している皆様へはお送りしましょう。葬儀に参列してくださったご親戚の皆様にも、一応出しましょう。(ご高齢の方もいらっしゃるので配慮が必要です。)

 

喪中はがきを出す範囲について調べました。

 

ご自身が跡取りの場合や、嫁いでいる場合など、状況は様々ですが、一般的に喪に服する範囲は二親等までと言われています。(いわゆる身内です)

 

親・配偶者・子供が一親等、祖父母・兄弟姉妹・孫が二親等です。

 

ですから、それ以外の親戚にはたとえ葬儀に参列してくださっていたとしても、送っておいた方が無難かと思います。

 

2b9a4d3b6d7fcb11f6ca067c58805184_s

 

友人や知人。会社や仕事関係は?年賀状で良い?

自分が毎年年賀状をお送りしている皆様へはもちろん、亡くなった本人の方のご友人関係もお忘れなく。

 

私は母を亡くした年に、母の整理してあった年賀状を確認し、母の友人にも喪中はがきを出しました。父も気落ちしておりましたので、代わりにそちらも手配しました。

 

SPONSORED LINK

 

一方、会社・仕事関係は、ビジネスと割切れる相手なら年賀状で良いでしょうし、それ以上に親しくしている関係ならば、喪中はがきとすれば良いのではないでしょうか。

 

喪中の期間はいつからいつまで?

一般的に父母の不幸に際しては七七忌(四十九日)までが忌中一周忌(1年間)までが喪中といわれます。二親等では半年が喪中とも言われます。

 

これは、明治七年に「服忌令」というのが出て、故人との関係によって忌中と喪中の期間が細かく決められ、これがそもそもの期間の決め事でしたが、百年以上も前のもので、現在ではそれほど厳密な決め事は無いようです。

 

機械的に半年とか一年とかではなく、故人との関係によって喪に服す期間が異なるのが人情でしょう。

 

096874

 

別居していて、ほとんど会わなかった祖父の喪中はがきは、悲しみが無いわけではないのですが出さないとか、三親等の叔母だが同居していたので喪中ですとか。

 

臨機応変に心のこもった対応で良いのではないでしょうか?

 

今年は、大切な家族を亡くし1月1日~12月31日迄の葬儀だったという場合は、お祝い事は避け喪に服し、年賀状も喪中はがきに変えてご案内しましょう

 

 

ただし、先方が賀状の準備をされる前にお届けしよう。と言う思いやりから、早めに11月中にはお送りしたいです。

 

ですので、11月以降の不幸に関しては、間に合いませんので、別のおはがきでお知らせをします。この例は、また別の機会に。

 

08_txt07_04

 

 

【関連記事】

喪中はがきの文例。夫や義父の場合は?夫婦連名で出す続柄の書き方

 

総じて、喪中はがきは親しき方々への近況報告の意味も込め、今年は不幸があって、年賀状は出せませんがご心配なさらないでください。といったマナーの意味の案内状だと思います。

 

おのずと送付先も見えてくることでしょう。残された家族が、亡くなられた故人への敬意を込めて、誠意をつくして差し上げましょう。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

出産育児一時金の直接支払制度の方法と書き方。里帰りの場合は?

前回、出産育児一時金の制度についてご紹介しました。ですが、後から支払われるといっても、高額な分娩費用

記事を読む

湯島天神の梅まつり2019。日程と見頃はいつ?開花状況について

学問の神様として有名な菅原道真公を祀っている湯島天神。受験シーズンになると、沢山の参拝客が訪れる事で

記事を読む

多摩川花火大会の打ち上げ場所。2018穴場スポットと場所取り時間

そろそろ夏服にシフトしだした今日この頃。口にするものも自然と冷たいものが増えだしていませんか?そんな

記事を読む

秋の七草の覚え方は?おすすめの方法。種類と意味、由来について

春の七草は有名ですが、秋にも七草があるのをご存知でしたか?なんとなく知っていても、七草全てはわからな

記事を読む

祇園祭宵山2018!体験者が語る昼間や屋台の楽しみ方とルート紹介

京都の夏を彩る、祇園祭。 京の三大祭のひとつであるこの祇園祭は、丸々1ヵ月に及ぶ長い神事からなるお祭

記事を読む

夏フェスの持ち物リスト。サマソニ、野外フェスの必需品と便利グッズ

夏だ!サマーだ!音楽ライブだ!全国各地で夏になると野外フェスが開催されますね。夏フェスは炎天下の中な

記事を読む

結婚式招待状の返信メッセージ。友達や親しい友人へ贈る一言は?

結婚式の招待状を受け取ったら、出来るだけ早めに返事をするのがマナーですが、返信する際には何か気の利い

記事を読む

師走の意味とは?由来と語源。挨拶の使い方でメールやビジネスの文例

12月のことを師走と言いますね。皆さんは、なぜ師走と言うのかご存知ですか?私は師が走るほど忙しいから

記事を読む

お中元のお礼状はがき。ビジネスの文例とマナー。個人宛の場合は?

お中元を頂いたら、お礼の気持ちは必ず伝えますよね。でも、その伝え方にもマナーがあることをご存知でしょ

記事を読む

お盆休みの期間。2018年はいつからいつまで?時期は地域で違う?

少し気が早いですが、社会人の皆さんはもうお盆休みが待ち遠しくて仕方ないのではないでしょうか。 故郷

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑