*

貧血の原因とは?男性と女性、高齢者が貧血になる理由、原因は?

わたし貧血気味で…」というと、儚げな印象を持ったり、守ってあげたくなったりますが、実は当の本人は結構つらいんですよね、貧血。

 

子供たちも一時期貧血気味で、学校で保健室に運ばれたりしていたので、心配していた時期もありました。

 

幸い今は落ち着いていますが、実は貧血で悩んでいるのは子供だけでなく、大人・高齢者にも多いというのはご存知でしたでしょうか。そこで今日は、大人の貧血についてまとめてみました。

 

●女性の20%が貧血患者!貧血の原因とは?
●要注意!男性の貧血の原因とは?
●高齢者の貧血の原因とは?

 

こんなテーマでお届けしますので、貧血でお悩みの方々は是非とも最後まで読んでみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

女性の20%が貧血患者!貧血の原因とは?

女性の5人に1人は貧血持ちと言われています。

 

女性の貧血患者の多くは、生理や子宮筋腫・子宮内膜症などの婦人科系の病気で出血量が多くなり、その結果体内の鉄分が不足してしまう、鉄欠乏性貧血が原因と言われています。

 

そもそも貧血とは何かというと、血液の赤血球の中にある、ヘモグロビンが減少することにより起こる症状です。

 

 

このヘモグロビンは身体中に酸素を運ぶ役割を果たしているため、これが減少すると身体が「酸欠」状態となって、様々な症状を引き起こしてしまうのです。

 

代表的な症状としては、めまい、たちくらみ、動悸、息切れ、倦怠感、だるさ、肩こりなどですが、これらの症状って結構「疲れてるからかな」とか「気のせい」とか軽く考えてしまうんですよね。

 

でも深刻になってくると生理不順を引き起こし、不妊の原因になることもあるので大変注意が必要です。

 

anemia_005

 

そして、生理や婦人科系の病気の他にも、貧血の原因になるものがあります。それは食習慣。偏食や過度なダイエットで、貧血になってしまうケースも多いと言われています。

 

また、赤ちゃんを母乳で育てている女性も、母乳に鉄分が奪われてしまうため貧血になりやすいです。

 

他にも再生不良性貧血や溶血性貧血といった原因もありますが、こちらはより深刻なケースなので、日常生活に支障をきたすようであれば、一度医療機関に受診して医師の診断を仰いだ方がよいでしょう。

 

anemia_006

 

要注意!男性の貧血の原因とは?

女性に比べて、男性は貧血にならなそうだなと思ってしまいがちですが、実は男性でも貧血になる人は多く、しかも、その原因は鉄欠乏性貧血ではないことが多いのはご存知でしょうか?

 

当然のことですが、男性は女性と違い生理や婦人科系の病気とは無縁です。

 

では何故、貧血になるのかというと、それ以外のところで、出血している可能性が高いからということになります。

 

SPONSORED LINK

 

そしてその多くは、胃・十二指腸潰瘍、胃ガン、大腸ポリープ、大腸ガンを患っていて内出血を起こしている可能性が高いのです。

 

貧血症状が酷いので病院に行ったらガンが判明したというケースも少なくないそうで、たかが貧血と侮っていると大変なことになります。

 

anemia_002

 

高齢者の貧血の原因とは?

高齢者の貧血も実はとても多いと言われています。しかもその過半数は、消化器官の悪性腫瘍で起こる内出血が原因といわれています。

 

それ以外の原因のほとんどが、感染症、膠原病、悪性疾患、腎疾患、肝疾患、内分泌疾患などの血液疾患以外の病気が原因で起こる二次性貧血といわれています。

 

anemia_004

 

高齢者の貧血で気をつけたいのが、「自覚症状がない」ということです。

 

普通だったら立っていられないような重度の貧血でも平然としている場合が多いため、それ以外の部分で貧血を見逃さないように注意するのが大切です。

 

ポイントとしては、消化器官で出血していないかどうかを便の色で確認する、医療機関で血液検査をおこなうことです。

 

anemia_005

 

いかがでしたでしょうか。 今回は貧血の症状と原因について書きましたが、以下の記事で対処法や対策をまとめましたので、あわせて読んでいただけると幸いです。

 

【関連記事】

貧血の対処法。応急処置は?食べ物やサプリメントで貧血の対策

 

貧血は、ご自分のその症状や原因を知ることで、より適切な対処法や対策がとれると思いますし、きちんと治療をすれば治ります。貧血持ちだから・・・と放っておかずに、不安な方は医師の診断を受けましょうね。

 

SPONSORED LINK

関連記事

布団の湿気対策。フローリング床に布団を敷いた際のカビ、湿気取り

湿気の多い梅雨、気になる場所は沢山ありますよね?皆さん、お布団の湿気対策ってどうされてますか?直接肌

記事を読む

くる病とは?原因について。大人と子供の症状とは?治療法と薬

最近、乳幼児の間で「くる病」が増加傾向にあるようです。 この「くる病」は、栄養が慢性的に不

記事を読む

ゴーヤの栄養と効能。妊婦は食べない方がいい?健康にいい効果とは?

毎年、夏のグリーンカーテンのために、5月頃からせっせとプランターに苗を植えます。夏になると、立派なグ

記事を読む

部屋の湿気対策。押入れやタンス、クローゼット。床下の湿気取り

雨が降らないと困ってしまうのですが、雨ばかり続くとなんとなく気分が沈んでしまいますよね? &nbs

記事を読む

銀杏の栄養と効能。食べ過ぎによる中毒症状とは?妊娠中はNG?

銀杏といえば、私には、茶碗蒸しに1粒入っているモノという認識です。 あとは、お酒のおつまみで串に刺し

記事を読む

手足口病は大人も感染する?症状と治療方法。出勤・出社はOK?

梅雨時期になると流行りだす夏風邪。特に「手足口病」「ヘルパンギーナ」「咽頭結膜熱(プール熱)」、この

記事を読む

さつまいもの栄養とカロリー。皮も食べるほうが良い?妊婦への効果

ホクホクあま~いさつまいも。美味しいですよね~。お料理にもお菓子にも、我が家では1年中大活躍のお芋で

記事を読む

赤ちゃんの脱水症状の症状とは?母乳だけでいいの?対処と予防

最近は電気料金の値上げに加えて、夏がどんどん暑くなっていますね。 大人でも注意しなければならない熱

記事を読む

二日酔いの解消に効く食べ物、ツボは?頭痛や吐き気の対策と予防

二日酔いになるたびに、「もう当分お酒は飲まない・・・!」と心に誓う方も多いと思います。私もそのひとり

記事を読む

アスペルガー症候群の子どもとの接し方。クラスの子との付き合い方は?

前回『アスペルガーの子どもの特徴とは? 原因や遺伝の確率。治る治療法は?』の記事で、アスペルガー症候

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑