*

りんごの栄養とすごい効果!皮ごと食べる場合の農薬は?効能まとめ

実はあまりりんごは食べないんです。というのも、皮をむいたりするのが面倒だからです。お店では、どうしても手で皮をむけるみかんやバナナをカゴに入れがちです。

 

スーパーで、色々な品種のりんごがお行儀よく並んでいるのを見ると、食べてみたくはなるんですよね。

 

さらに、「一日一個のりんごで医者いらず」「りんごが赤くなると医者が青くなる」というような言葉を聞くと、りんごには栄養がたっぷりなの?と、私の“健康的な食べ物食べたい欲”が刺激されます。今回は、以下について調べました。

 

●りんごの栄養成分は?加熱すると栄養価は減るの?
●皮に栄養はある?皮ごと食べる場合の洗い方と農薬の落とし方
●りんごの体にいい効果とは?毎日一個で健康になる?
●すりおろしやジュースでも得られる効能は同じ?

 

身近なりんごですが、上手に取り入れて健康効果を活かしていきましょう。

 

SPONSORED LINK

 

りんごの栄養成分は?加熱すると栄養価は減るの?

りんごの約85パーセントは水分です。 水分が多いこともあって、カロリーはりんご100gあたり54kcalと少なめです。では、残りの15パーセントには、どんな栄養があるのでしょう。

 

ringo1

 

まず、りんごには食物繊維がとても多く含まれています。りんごの皮には、タンニンペクチンが多く含まれます。また、100種類以上のポリフェノールが含まれます。そして、リンゴ酸・クエン酸といった有機酸多く含んでいます。

 

りんごは加熱して食べることもあると思いますが、加熱するとペクチンが9倍にも増えます。ペクチンは皮に多いので、加熱する場合も皮ごと煮たり焼いたりするのがおすすめです。

 

 

皮に栄養はある?皮ごと食べる場合の洗い方と農薬の落とし方

りんごのには、3種類のポリフェノールが含まれています。リンゴポリフェノールと言われます。

 

 ■ プロシアニジン

 ■ エピカテキン

 ■ アントシアニン

 

その他にも、ペクチンやカリウムも実よりも皮の方に多く含まれています。これらの栄養を摂るためには、皮ごとりんごを食べるのがよいです。でも、りんごの皮のワックスや農薬が心配だという方もおられると思います。

 

りんごをみると、表面がテカテカとしていることがありますが、これはワックスではなくりんご自身が乾燥を防ぐために出している、リノール酸やオレイン酸という成分です。

 

もちろん食べても大丈夫です。これらの成分は、悪玉コレステロールを減らす効果があります。

 

SPONSORED LINK

 

また、りんごに白い粉が付いていることがあります。これはブルームという物質で、乾燥や病気からりんご自身を守るためのものです。食べても大丈夫です。

 

りんごは無農薬で作るのがとても難しい果物です。でも、国産のりんごは厳しい検査がされているので、しっかり水洗いすれば問題はありません

 

もし気になるようであれば、塩水につけたり酢水で洗うと農薬は取れます。他にも、重曹を溶かした水にしばらく浸けた後、よく水で洗い流す方法もあります。

 

ringo2

 

りんごの体にいい効果とは?毎日一個で健康になる?

りんごには、次のような体にいい効果があります。

 

整腸作用

食物繊維がとても多く含まれているので、お腹の調子を整えます。 皮にあるタンニンとペクチンは、腸の粘膜を保護します。風邪で内蔵の働きが弱まっている時に、りんごが良いと言われるのはこういった点からかもしれません。

 

アンチエイジング

リンゴポリフェノールは、抗酸化作用が強いため、老化防止や美肌の効果があります。メラニン色素の過剰な生成を抑制したり、紫外線をカットする働きもあるので、美肌効果も期待できます。

 

 

 

疲労回復

りんごに含まれるリンゴ酸やクエン酸は疲労回復に効果的です。

 

血液サラサラ効果

リンゴポリフェノールは、、悪玉コレステロールが血管を固くしてもろくするのを防いで、血流を改善します。ドロドロ血液改善の効果があります。

 

ringo3

 

一日一個で医者要らずと言われるりんごですが、これらの効果を期待して毎日食べるのもいいと思います。 一日一個程度であれば、糖分のとりすぎにもならずに安心です。

 

 

すりおろしやジュースでも得られる効能は同じ?

りんごをすりおろしたものや、りんごジュースでりんごを摂取することもあると思います。この場合、もちろん消化は良くなります。

 

りんごをすりおろすと酵素の量が格段に増えます。これにより、より免疫力を高めてくれます。このとき、皮のまますりおろした方がよいそうです。

 

風邪で体内の酵素が減っている場合には、消化にも良くて酵素も増えているすりおろしりんごが最適です。

 

 

ジュースの場合はどうでしょうか。市販されているりんごジュースは、透明のものと白濁しているものがあります。透明のものは、食物繊維をろ過して取り除いているため、透明になっています。

 

また、市販のりんごジュースは加熱殺菌されているため、生のままの栄養ではなくなっています。酵素なども期待できず、栄養的にはあまり取れないと考えたほうがよさそうです。

 

ジュースを飲むならば、自分ですりおろして濾して、ジュースにする方が、栄養を取る上ではおすすめです。

 

ringo4

 

いかがでしたか?りんごを食べると、身体に良い効果がいろいろあることが分かりました。

 

りんごをあまり食べていないことの原因だった皮むきが、別にしなくてもいいということが分かって、かなり喜んでおります。むしろ、皮付きのままのほうがいいんですって!

 

【関連記事】
アーモンドの栄養成分。健康効果は1日何個?食べ過ぎはどうなる?

 

皮ごと食べて、皮の栄養もガッツリと余すとこなく体に取り込みたいと思います。

 

SPONSORED LINK

関連記事

食中毒の予防。3原則とは?お弁当の予防レシピと食あたり対策法

ジメジメする季節になると、増えて来るのが食中毒。自宅で食事をする際には大丈夫でも、例えばお弁当を作る

記事を読む

低気圧頭痛の治し方。吐き気やめまいの対処法は?体調不良の対策

雨が降ると、体のどこかが痛い。めまいがする。吐き気までする。少なからず体験したことのある人はたくさん

記事を読む

食中毒の症状とは?牡蠣や貝、豚肉・生肉などの食あたりの対処法

雨が続いてジメジメして来る季節、どうしても食べ物も弱りやすくなっていますよね?この季節、心配なのが食

記事を読む

嵐山の観光スポットとおすすめ散歩コース。ランチ穴場と安い駐車場

京都観光でも嵐山はとても人気の高いスポットですね。はるか昔平安時代から、貴族たちが多くの別荘を構えて

記事を読む

卵の賞味期限切れはいつまで食べれる?ゆで卵や加熱すれば大丈夫?

我が家では、だいたい一週間に一回10個入りの卵のパックを買うことが多いです。だいたい使いきれるのです

記事を読む

いびきの原因と対策。女性のいびき、対策グッズや枕の改善で解消

人に迷惑をかけるけど、なかなか自分は気づかない「いびき」。 いびきが酷い人と同室で寝ること

記事を読む

花粉症にワセリン。目や鼻に効果的な塗り方は?種類と副作用まとめ

今年は例年に比べ、スギ花粉の飛散量は少ないという話です。 花粉症の私は一瞬喜びかけましたが

記事を読む

赤ちゃん、子供の紫外線対策。新生児、乳児を日焼けから肌を守ろう

平成10年7月より、母子手帳から「日光浴」を推奨する言葉が削除されているのをご存知でしょうか。 &

記事を読む

赤ちゃんの下痢の原因。乳児の下痢が続く場合の食事、離乳食は?

赤ちゃんの便は、母乳やミルクなどがメインの食事ですから、緩いのは当然ですし、生後間もない時は回数も多

記事を読む

口臭の予防法と対策。食べ物やサプリ。歯磨き粉で臭い口臭を改善

誰でも気になってしまう口臭。実に8割以上の人が、自分や他人の口臭が気になるとの調査結果があるほどです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑