*

横須賀花火大会の穴場スポット2018。三笠公園、うみかぜ公園ほか

よこすか開国祭というお祭りをご存知でしょうか?ペリー来航150周年を記念して2003年から始まったお祭りで、フィナーレには花火があるのです。それが、横須賀花火大会(よこすか開国祭開国花火大会)なのです。

 

花火大会の時間は30分間と短いのですが、その30分に豪華な花火が濃縮されているので、その美しさは圧巻です。開国祭と合わせて楽しみたいものです。

 

そこで今日は、横須賀花火大会について、今年2016年の開催日程を始め、花火観覧におすすめの穴場スポットなど、色々とご紹介していきたいと思います。

 

●よこすか開国祭開国花火大会とは?
●日程と場所。屋台情報。交通規制は?
●穴場のスポットは?三笠公園その他
●素敵な開国祭の一日を

 

みなさんお楽しみの屋台情報なんかもありますので、是非最後まで読んでみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

よこすか開国祭開国花火大会とは?

冒頭でもお話させて頂きましたが、よこすか開国祭開国花火大会(横須賀花火大会)は、2003年に、ペリー来航150周年を記念して始まった、開国祭のフィナーレを飾る花火大会です。

 

花火大会の時間は、30分間!・・・と、一般の花火大会よりも若干短めではありますが、30分間で約5,000発の花火を一気に打ち上げる演出が魅力的な花火大会です。

 

yokosuka_fireworks_005

 

大玉のスターマインと水中花火の競演の美しさと、キャラクターの可愛い花火、多彩な花火が横須賀の夜空を鮮やかに彩る素敵な花火大会です。

 

yokosuka_fireworks_004

 

30分間に5,000発って、まばたきを忘れてしまいそうで、ぜひ実際に見てみたくなりませんか?ゆったり楽しむ花火も素敵ですが、短い時間に花火の美しさをぎゅっと詰め込んだこの花火大会は一見の価値あり!です。

 

ペリーの来航も、そういえば学生時代に社会の授業で習いましたが、こんな風にお祭りとして○周年として貰えると、改めてペリー来航からの月日を知る事ができ、また、そういう歴史の延長上に、今の自分達の暮らしがあるんだな…と、歴史に目を向けつつ、楽しめる花火大会かも知れませんね!

 

 横須賀花火大会の穴場スポットで良い場所を確保しましょう。

 

日程と場所。屋台情報。交通規制は?

それでは日程など、よこすか開国祭開国花火大会の詳しい情報をこちらにまとめてみたいと思います。

 

よこすか開国祭開国花火大会

日程:2018年8月4日(土) ※予定

 

時間:19時15分~19時45分

場所:神奈川県横須賀市

打ち上げ場所:横須賀新港沖

 

 

お問い合わせ:スカナビi(横須賀観光インフォメーション)

電話:046-822-8301

 

SPONSORED LINK

 

皆さんの気になる屋台なのですが、2014年からメイン会場になった、うみかぜ公園周辺には屋台が多いようですので、メイン会場に向かいながら、屋台も堪能出来そうですね!

 

 

また開国祭当日は、17時からと18時から…と、時間に一時間の差はあるものの、三笠公園やうみかぜ公園周辺、また県立大学駅周辺に交通規制が敷かれ、通行止めとなります。

 

お車でご来場をお考えの方は、少し手前の駅から電車などを利用するか、少し遠くに停めてから歩いて移動する必要があるとか思います。

 

開催日程が近くなりますと、横須賀花火大会公式サイトにて、詳しい交通規制の地図や時間帯などが掲載されていますので、お出かけの際は事前に確認することをおすすめします。

 

 

穴場のスポットは?三笠公園その他

続いてはオススメの鑑賞スポットのご紹介です。2014年から打ち上げ場所が変わった事から、そう混雑しないで観覧できるかな?と思われる、元メイン会場の公園と、現メイン会場の公園をご紹介します!

 

三笠公園

 

2013年までは、こちらがメイン会場でしたので、大変混雑していましたが、2014年からメイン会場がうみかぜ公園に移りましたので、今までよりも楽に観覧できるのではないでしょうか?

 

観覧の際には、横須賀中央駅だけでなく、汐留、横須賀駅なども利用するといいかと思います。

 

 

うみかぜ公園

 

市民協賛観覧席にも近いうみかぜ公園。2014年より打ち上げ場所が変わった事から、こちらのうみかぜ公園がメイン会場に。公園周辺には屋台も多数出ている事から、お子様連れの方にもオススメのスポットです。

 

観覧エリアも広く、メイン会場でありながら、比較的ゆっくりと観覧できるオススメのスポットです!鑑賞の際には県立大学駅を利用すると、スムーズな移動が可能に。

 

 yokosuka_fireworks_2015_003

 

素敵な開国祭の一日を

いかがでしたか?花火はもちろん楽しみですが、せっかくの開国祭という事で、花火だけでは勿体無い気がしますよね!昼は開国祭を満喫して、夜はフィナーレの花火を堪能、そうして素敵な開国祭の一日を楽しんで頂けたらと思います。

 

メイン会場が変わった事から、混雑もバラけるかな?と思いますし、新なメイン会場には屋台もたくさん出ているようですので、恋人やご家族で観に行かれる方には、オススメですね!

 

【関連記事】

神奈川新聞花火大会2018。穴場と見どころ。場所取りのコツは?

 

お子さんと花火に行かれるご家族は、ペリーについてお話してあげたりするのも、お子さんが歴史に親しむいい機会になるかも知れませんね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

喪中の初詣。神社の参拝がいけない理由。厄除けはできる?

そろそろ来年の事が気になる時期になりましたね。親族にご不幸があって、今年は正月行事をしないと言う方も

記事を読む

長瀞ライン下りの予約は必要?料金と混雑状況。コースおすすめは?

埼玉県・長瀞の観光と言えば、荒川を下る「長瀞ライン下り」が有名ですね。   国の特別天

記事を読む

明治神宮で七五三。予約受付方法と初穂料の金額。混雑状況は?

秋といえば、小さなお子さんを持つご家庭では、七五三詣を考える方もいらっしゃいますよね。  

記事を読む

冬のボーナス払いはいつから?一括払いの支払い月と引き落とし時期

冬のボーナスが楽しみな時期が近づいてきましたね♪   冬のボーナスは、みなさんどのよう

記事を読む

羽子板市2019。時間は何時まで?値段はいくらから?価格の相場

最近、若い女性のなかで歌舞伎がブームになっているとか?   浅草寺境内で毎年行われる羽

記事を読む

龍安寺の石庭の謎と意味。見所と京都駅からバスのアクセス方法

世界遺産に登録されている龍安寺、いつも多くの参拝客の方が訪れています。こちらの石庭についてご存知です

記事を読む

大宮氷川神社の初詣2019。混雑状況と空いてる時間帯は?

初詣には行きたいけれど、何時間も並ぶのはちょっとな…そんな方のために今回は、大宮氷川神社へ初詣につい

記事を読む

ハロウィンで子供の衣装を手作りで!男の子やベビーに簡単作り方

もう日本にもすっかり定着したハロウィンですが、本場アメリカとは違って日本では大人も子供も楽しんでいる

記事を読む

大晦日の意味と由来。大掃除やそばを食べる理由は?漢字のナゾと意味

クリスマスが終わると、駆け足で新年の準備に追われてしまいますよね。大掃除や買い出しやお節料理の準備で

記事を読む

食欲の秋が到来!由来と意味。なぜ食欲が増加する?理由を解明

秋はおいしいものの旬が満載でついつい食欲も増してきてしまいますね。 秋刀魚や栗、マツタケなどがスー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑