*

七五三の初穂料の相場はいくら?のし袋の書き方。新札と渡し方について

いよいよ七五三を間近に控え、子どもの着物や撮影の準備もバッチリ。あとは当日を迎えるのみという方も、神社へ納める「初穂料」の準備はいかがでしょうか?

 

初めてのわが子の七五三はいろいろと戸惑いますよね。

「初穂料」とは何?どうやって渡すの?のし袋の表書きは何と書けば良いの?いくら包むの?

 

今回は、

●七五三の初穂料とは? 相場はいくら?
●兄弟の場合。神社で違うの?
●のし袋の書き方。表書きと裏について
●初穂料は新札を包む?渡し方は?

 

「初穂料」を初めて耳にした方も安心です。今年、お子さんが七五三を迎えるご家庭は、是非参考にしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

七五三の初穂料とは?

七五三の「初穂料(はつほりょう)」は、地域や神社によっては「玉串料(たまくしりょう)」とも言います。

 

この「初穂料」とは、七五三に限らずお宮参りや安産祈願など、神社に祈祷(きとう)や祝詞(のりと)の謝礼として支払う金銭です。

 

もともとは、神仏にその年の最初にとれた米や作物を“初穂”として奉納していたそうです。初穂料とは、このお供えする作物の代わりとしてお供えする金銭です。

 

では、七五三の「初穂料」は、いったいいくら納めれば良いのでしょう?

 

七五三の初穂料の相場はいくらか?気になりますよね。

 

相場はいくら?兄弟の場合。神社で違うの?

初穂料を神社に納める時は、のし袋に入れます。赤と白の蝶結びののし袋を使いましょう。

 

753_hatsuhoryo_005

 

納める金額の相場は、地域や神社によって若干違いがありますが、5,000~10,000円が目安です。

 

初穂料の金額は「お気持ちで」の神社もありますが、あらかじめ金額が決められている神社もありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

 

SPONSORED LINK

 

また、兄弟や姉妹で同じ年に七五三を迎える場合は、1人に1つののし袋が基本の為、のし袋は2つ必要です。

 

ただし、神社によっては2人以上の場合の初穂料を設定しているところもありますので、その場合は1つののし袋にその金額を包むと良いでしょう。

 

753_time_005

 

のし袋の書き方。表書きと裏について

初穂料ののし袋の書き方は、まず表側の上半分に「御初穂料」、下半分に七五三を迎えるお子さんの「名前」をフルネームで書きます。

この時に間違えて、親の名前を書かないよう気をつけましょうね。

 

神社では、祝詞(のりと)の申込書と初穂料の表書きの名前を照らし合わせる為、表書きは子供の名前を書く必要があります。

 

753_hatsuhoryo_eyecatch

 

のし袋の「中袋」にも書き方があります。

 

中袋の表面には、包んだ金額を「金 ○○円」と書きます。裏面には、住所とお子さんの名前を書きます。

 

中袋の表に書く金額の数字は、壱、弐、参などの大字(だいじ)を使います。

一万円包む場合は「壱萬円」、五千円包む場合は「伍千円(又は伍仟円)」と書きます。

 

普通の漢数字でももちろん受け取ってくれますが、せっかくの機会ですので大字で書かれてみてはいかがでしょうか。

 

 

初穂料は新札を包む?渡し方は?

初穂料に包むお札は、もちろんおめでたいことですから新札が望ましいと言えますが、必ずしも新札でなければいけないということではありません。

シワや折れ曲がりが著しくひどくなければ、気にしなくて大丈夫です。

 

新札がなく、どうしてもお札のシワが気になるならば、アイロンを低温で使用してお札のシワや折れ曲がりを伸ばしておくと良いですね。

 

どちらにせよシワのないお札で気持ち良く感謝の気持ちをお供えしたいですね。

 

初穂料を渡すタイミングは、神社に着いてから祈祷の受付をおこなう「社務所」で申込書を記入し、その用紙とともに初穂料を渡します。

 

753_hatsuhoryo_003

 

いかがでしたでしょうか。

初穂料についての疑問も解決できたのではないかと思います。

 

無事に初穂料を納めたあとは、神社の神主さんや巫女さんが祈祷の流れを説明してくれます

全ての準備を万端に済ませ、家族の思い出に残る七五三を楽しんでくださいね。

 

【関連記事】

七五三のお祝い金額の相場。姪や甥へ。祖父母や兄弟同時の場合

 

こちらの記事では七五三のお祝い金額の相場についてまとめていますので、気になる方は合わせて読んでみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

北野天満宮のアクセス。京都駅からバスなら?周辺ランチとお守り効果

みなさんは、北野天満宮をご存知でしょうか? 『「北野天満宮は、菅原道真公をご祭神としておま

記事を読む

葛飾納涼花火大会の穴場2016。屋台は出るの?ゆっくり見れる場所

7月、8月は各地でたくさん花火大会が催されますよね。皆さんはどの花火大会に行かれますか?中にはいける

記事を読む

三春の滝桜2018年の見頃と開花状況は?地図住所とアクセス方法

いよいよ花見シーズンの到来ですね。春の楽しみとしては、最大のイベントといってもいいでしょう。そこで、

記事を読む

結婚式の二次会で着る服装。男性編。スーツ選びとカジュアルマナー

結婚式の服装はなんとなく解るけれど、二次会しか参加できない場合もある事と思います。けれど、この二次会

記事を読む

しもやけの治し方。手や足の指に有効な治療。対処法はあるの?

今は水仕事がつらい季節ですよね。お湯を使えばいいのですが、お湯が出てくるまでに時間がかかりますし。&

記事を読む

除夜の鐘の意味と108回の理由。時間は何時から?英語で説明の文例

大晦日に除夜の鐘が聞こえてくると、今年も1年が終わるんだなぁとしみじみ思いますよね。私が小学生の頃は

記事を読む

東京大神宮の初詣2018年。混雑状況と待ち時間は?

縁結びで有名な東京大神宮。2018年は絶対に相手を見つけたい、または今のお相手との縁をもっともっと深

記事を読む

六義園の紅葉ライトアップ2017。見ごろの時期と混雑状況まとめ

歴史と文化を現代に伝える都立の文化財庭園は全部で9つあり、それぞれの庭園で四季折々の様々な風情を感じ

記事を読む

破魔矢の飾り方と2018年の方角。はまやの置き場所はどこ?

破魔矢とは正月の縁起物として神社や寺院で授与される矢の事で、「魔除け」や「一年の好機を射止める」など

記事を読む

長崎くんち2017日程。スケジュールと交通規制。桟橋席の値段は?

長崎県長崎市の諏訪大社例祭として有名な「長崎くんち」。   諏訪大社に敬意を表して、「

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑