*

神宮花火大会の穴場スポット2016。明治公園の場所取りの時間は?

東京三大花火大会というのをご存知でしょうか?隅田川花火大会、東京湾大華火祭、そしてもう一つが今回ご紹介する神宮外苑花火大会です。(正式名称:東日本大震災復興チャリティー 日刊スポーツ新聞社主催 2016 神宮外苑花火大会)

 

東京三大花火大会に数えられる神宮花火大会は凄いな!…という事が少しでも伝わりますように、ご紹介したいと思います。

 

そこで今回は、

●日程と打ち上げ場所。開始時間は?
●神宮外苑花火大会の穴場スポットは?
●花火が見える穴場のレストランは?
●明治公園で場所取りのポイントは?

 

などの項目に分けてご紹介します。アーティストの生ライブなんかもあるようですので、盛り上がる事間違いなしですね。ご家族や恋人と、一緒に楽しんでみてください!

 

SPONSORED LINK

 

日程と打ち上げ場所。開始時間は?

神宮外苑花火大会は、いくつかの会場で行われます。その一つが神宮球場。花火の盛の夏と言えば、まだプロ野球のシーズンですよね?そんな関係から、プロ野球の日程によって、開催日が8月上旬だったり、下旬だったりとする花火大会なのです。

 

2016年の開催は、8月20日(土)です。ちなみに、21日(日)が予備日になっています!

 

打ち上げ場所は【神宮台第二球場】で、その他、

・神宮球場
・秩父宮ラグビー場
・神宮軟式球場
・神宮外苑絵画館前
・東京体育館敷地内
・明治公園チャリティー広場
・国立西テニスコート

の以上の7つの会場が、花火観覧や花火のイベントに使われます。

 

打ち上げ時間は、19時30分~20時30分の1時間。…ということで、ここでまとめてみたいと思います。

 

jingu_fireworks_2015_001

 

神宮外苑花火大会 2016開催情報

日程:8月20日(土) (予定)

※会場に神宮球場が含まれる為、野球の日程でズレる可能性あり。

※今の所この日程が有力ですが、詳しくは公式ホームページでご確認ください。

 

参考サイト:2016神宮外苑花火大会の詳細日程ほか

 

時間:19時30分~20時30分

場所:東京都新宿区

打ち上げ場所:神宮第二球場

 

 

会場:神宮球場 他、以下の7箇所

・秩父宮ラグビー場

・神宮軟式球場

・神宮外苑絵画館前

・東京体育館敷地内

・明治公園チャリティー広場

・国立西テニスコート

 

※上記会場が観覧やイベントで使用されます。

※上記のほとんどが有料席です。

 

<神宮外苑花火大会 2013>

 

神宮外苑花火大会の穴場スポットは?

続いてはオススメの穴場スポットのご紹介です。

 

明治公園

 

打ち上げ場所から近いので、花火が真上に見えると評判のスポット。打ち上げ場所に近いため、混雑は予想されますが、迫力満点の真上に上がる花火は必見です!

 

 

明治記念館のビアガーデン

 

花火が良く見えると評判の穴場スポットです。ビアガーデンですので、花火だけでなく、ビールまで楽しめてしまいます!

 

 

南青山ブルーノート付近の陸橋

 

南青山ブルーノートから青山墓地方面に10分程歩いた所にある陸橋です。いかにも穴場という場所ですので、混雑を避けてのんびり花火見物を楽しみたい方にオススメです。

 

 

鳩森八幡神社交差点付近

 

こちらも会場からは少し離れていますが、のんびりと花火を楽しめる穴場スポットです。

 

近くにコンビニやハンバーガーショップ、コーヒーショップなど、お店も充実しているので、おトイレの心配もいらない安心スポット。女性やお子様が一緒の方は、こういう場所のほうが安心ですよね?

 

jingu_fireworks_2015_002

 

花火が見える穴場のレストランは?

続いては花火の見えるレストランをご紹介します。会場付近で喧騒の中花火を見るのも素敵ですが、ゆっくりとお食事をしながら花火を楽しむ。これってとっても贅沢な楽しみ方ですよね!

 

暑い時期ですので、涼しく優雅に花火見物って、特別な花火鑑賞という感じで、素敵なのではないでしょうか?

 

SPONSORED LINK

 

恵比寿ガーデンプレイス39階展望レストラン

 

こちらは会場からは離れてしまいますが、すべての席から花火を見渡せる展望レストラン。限られた席だけでない所が、ありがたいですよね。

 

 

新宿NSビル29階レストラン

 

かつてはこちらのビルの、30階の無料展望台が神宮外苑花火大会の人気穴場スポットでしたが、現在は閉鎖されています。

 

そこでひとつ下の階の29階のレストラン。ここからでしたら花火を楽しみながらお食事を楽しんで頂けます。デートには最適かと思いますので、事前に予約をしてみてください。

 

 

新宿高島屋本館レストランズパーク&テラス

 

新宿高島屋本館の12階から14階のレストランズパークと、13階のテラス。新宿高島屋本館は知る人ぞ知る穴場スポットです。

 

最近は徐々に人も増えてきているそうで、無料で楽しみたい方は13階のテラスを。有料でものんびり楽しみたい方には、12階から14階のレストランズパークをオススメします。

 

jingu_fireworks_2015_003

 

明治公園で場所取りのポイントは?

有料席で鑑賞する事が一般的と言われる神宮外苑花火大会ですが、無料で楽しみたいという方から人気のスポットが明治公園。屋台も沢山出るようですので、毎年大変な混雑。ここで場所を取る為には気合が必要ですよね。

 

同じように無料でいい場所をと思う方も多い為、最低でも16時前には現地に到着しないと難しいようです。もちちろん早ければ早い程いいですので、時間に余裕を持って、早めに目的地に向かってください。

 

jingu_fireworks_2015_004

 

また、場所を取る際、球場寄りですと見づらくなる可能性がありますので、球場から少しでも離れた場所を取る事をオススメします!せっかく場所を取るのですから、少しでも綺麗に見えたほうがお得ですよね!

 

 

明治公園の場所取り

時間:最低でも16時前に到着して確保

※早ければ早いに越した事はありませんので、余裕を持って早めに現地を目指してください!

 

ポイント:球場から少し離れた場所を確保

※少しでも花火を綺麗に見る為のコツです!

 



jingu_fireworks_005

 

色々な楽しみ方が出来る花火大会

神宮花火大会はとても大きな花火大会で、アーティストのライブやイベントのある有料会場で楽しんだり、無料で観られる鑑賞スポットで楽しんだり、花火の見えるレストランでデートを楽しんだり…と、色々な楽しみ方が出来る所が素敵ですよね。

 

個人的にはアーティストのライブも楽しめる花火大会って、とても素敵なイベントだと思いますので、チケットの入手が大変でも、挑戦してみるのもありかな?と思います。

 

jingu_fireworks_2015_005

 

【関連記事】

神宮花火大会2016のチケット入手方法。掲示板の活用。なしの場合

 

そんな素敵なイベントとセットの花火大会なんて、私の地元では考えられないので、憧れてしまいます。ご家族や恋人と、ライブやイベントもあわせて、目一杯花火大会を楽しんで頂けたらと思います。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

七草粥の由来と意味。いつ作る?食べる理由について。レシピと作り方

新年に食べるものの代表として、何といっても日本では、おせちですよね。そして、次にくるのが、七草粥では

記事を読む

大阪城公園の桜を見に行こう!2018開花予想。お花見イベント情報

まだまだ寒い日が続きますが、少しずつ日が長くなってきました。この間散歩をしていたら、近所に梅の花が咲

記事を読む

宝くじが当たる確率は?年末ジャンボ・big・スクラッチで比較計算

みなさま、唐突ですが「宝くじ」はお好きでしょうか?「宝くじ」を買われたことはありますか? 

記事を読む

東京大神宮の初詣2018年。混雑状況と待ち時間は?

縁結びで有名な東京大神宮。2018年は絶対に相手を見つけたい、または今のお相手との縁をもっともっと深

記事を読む

昭和記念公園花火2016。穴場のよく見える場所は?場所取りのコツ

夏の花火。遠くに行くのもいいけれど、都心に近いところで見られるイベントはないのかなぁ~。と思って、探

記事を読む

浜名湖で潮干狩り2016。弁天島ほかおすすめ3選。無料スポットも!

うちの家族は、毎年桜が咲き終えた頃を合図に潮干狩りに出かけるのが恒例行事です。子どもたちも家族で出か

記事を読む

お盆休みの期間。2016年はいつからいつまで?時期は地域で違う?

少し気が早いですが、社会人の皆さんはもうお盆休みが待ち遠しくて仕方ないのではないでしょうか。故郷に帰

記事を読む

恵方巻きの方角2017。誰がどのように決めるのか知ってる?

恵方巻きを買ったけれど、正しい食べ方がわからない!   どっちの方角を向いて食べるのが

記事を読む

池上梅園の開花状況は?2018年の見ごろとアクセス情報

梅の季節がやって来ました。関東にお住まいの皆さん、都内の梅の名所、ご存知でしょうか?大田区には区の花

記事を読む

箕郷梅林みさと梅まつり2018年の開花状況。場所とアクセス方法

花見といえば桜ですが、たまには気分を変えて梅の花でお花見なんていかがでしょうか。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑