*

結婚式のスピーチで友人の新郎、新婦へ贈る手紙の文例・例文とは

友人や親しい人の結婚式は、大変おめでたいものですよね。そんなおめでたい席でのスピーチを頼まれる事は、とても素敵な事なのですが、何を話したらいいだろう?

 

誰しも悩んでしまうのではないでしょうか?

 

●友人の新郎に贈るスピーチ例文
●友人の新婦へのスピーチ例
●友人へのスピーチ。マナーや禁句は?
●友人の結婚を心から祝福する気持ち

 

そこで今日は、友人の結婚式でのスピーチについて、お話させていただきたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

友人の新郎に贈るスピーチ例文

せっかく頼まれた大役、友人の為にもいいスピーチを…なんて気負ってしまって、なかなか何を話したらいいのか、分からないものですよね。

 

1.新郎新婦へのお祝いの言葉

2.簡単な自己紹介

3.新郎新婦とのエピソード

4.結び

 

スピーチの構成は、こんな感じに考えて貰えるといいかと思います。

 

新郎新婦とのエピソードは、

 

・新郎新婦の人柄がわかるようなエピソード

・新郎新婦との具体的なエピソード

 

を選んでみてください。

 

学生時代を共に過ごした友人となると、沢山の思い出があり、あれもこれも…となりがちですからね。

 

では、友人の新郎に贈るスピーチの例文をご紹介したいと思います。

 

結婚式のスピーチで友人としてどんな言葉を贈りますか?

 

友人の新郎へのスピーチ例文

ただいまご紹介に預かりました、新郎の友人、○○と申します。

△△くんとは学生時代から、もう10年来のお付き合いをさせていただいております。

 

ご指名により、僭越ではございますが、ひと言ご挨拶を述べさせていただきます。皆様どうぞご着席ください。

 

△△君、□□さん、ご両家ならびにご親族のみなさま、本日は誠におめでとうございます。

 

このような素敵な結婚式にご招待いただき、ありがとうございます。友人一同を代表してお礼を申し上げます。

 

高校時代の3年間、今振り返ってみるといい思い出も悪い思い出も次々に思い起こされ、今日ここで何をお話ししようか、本当に迷ってしまいました。

 

体育大会を部活以上に必死になって練習し、見事優勝したこと。学校祭の準備に奔走したこと、数学のテストで赤点連発し、先生に怒られてこと。

 

本当に数えきれない思い出があります。

 

△△はいつもクラスの中心にいて、みんなを笑わせることに関して素晴らしい力がありました。

 

笑わせようとしすぎて先生に怒られることもありましたが、めげずにいつもでもみんなを笑顔にしてくれました。

 

そんな△△ですが、勉強のほうはさっぱりで、二人でクラスの最下位争いをしていましたよね。

 

△△が勉強しないから僕も勉強しなくていいやという、連帯感があったことを今でも鮮明に覚えています。

 

でも、高校を卒業して大学に進学、就職活動を迎えたときの△△の姿は、高校時代からは想像もつかない立派な学生に変身していることに、驚きを隠せませんでした。

 

得意の話術でつぎつぎと内定をもらっている△△、一方、就職活動がなかなか上手く行かない僕は、△△からたくさんのアドバイスのお陰で、無事に内定を貰い、二人で喜び合ったこと本当に感謝しています。

 

就職してからの活躍は皆さんもご承知の通り、メキメキと力をつけているのが手に取るようにわかります。

 

仕事に対する考え方、実行力、負けん気の強さ、どれを取っても僕ら友人達の間でも突出しています。

 

これからどんどん出世していくんだろうなぁと、みんなで話していたところです。

 

 

□□さん、仕事に熱心な太郎をどうか支えてあげてください。△△は、必ず□□さんを幸せにしてくれるでしょう。僕が保証します。

 

一足先に夫婦生活をスタートさせている私です。夫婦円満の秘訣を知りたかったら是非相談してくださいね。

 

お二人の末永い幸せを友人一同お祈りいたします。

 

 

友人の新婦へのスピーチ例

友人の新郎へのスピーチの場合と同じに、

 

1.新郎新婦へのお祝いの言葉

2.簡単な自己紹介

3.新郎新婦とのエピソード

4.結び

 

…というような構成で考えるといいかと思います。

 

特に女性の場合友人の新婦へ宛てた手紙という形で、スピーチをされる方も多いと思いますし、その形式の方が、より新婦への思いが伝わるように感じませんか?

 

そこでこちらの例文は、手紙形式のもので、ご紹介させていただきたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

友人の新婦へのスピーチ例文

○○さん(新郎)、○○さん(新婦)、本日はおめでとうございます。ご両家の皆様にも心からお祝いを申し上げます。

 

ただいまご紹介いただきました新婦○○さんの友人で○○と申します。

 

本日はスピーチをということでしたが、初めてで不慣れな為、○○さんへ手紙を書いてまいりましたので、この場を借りて読ませて頂きたいと思います。

 

手紙ではいつもの様に、○○ちゃんと呼ばせていただきます。

 

 

○○ちゃん、結婚本当におめでとう。お二人がこの日を迎えられたことを、自分のことのように大変嬉しく思っています。

 

幼稚園、小学校も同じでしたが、特に仲良くなったのは中学3年生で同じクラスになった時でしたね。

 

何がきっかけだったか思い出せないくらい、自然と気が合い、仲良くなって、休み時間はいつも一緒にいて、色々なことを話しましたね。

 

○○ちゃんは控え目だけど、さりげなく気遣う優しさや、ちゃんと受け止めてくれているなという安心感があって、一緒にいるといつも穏やかな気持ちになれました。

 

高校卒業後、私は上京してしまい距離は遠くなったけど、ずっと仲良くしてくれて本当にありがとう。

 

地元に帰ると○○ちゃんに会えることがとても楽しみでした。

 

今年の夏に帰省した時には、一緒に花火大会に行きましたね。

 

そこで初めて○○さん(新郎)とお会いしましたが、とても優しそうで、何より隣に寄り添っている○○ちゃんの笑顔が輝いていたので、私も嬉しく感じました。

 

○○さん(新郎)、これからも○○ちゃんの笑顔をいつまでも守ってあげて下さい。そして、2人で支え合って温かい家庭を築いて下さいね。

 

お2人の幸せを心からお祈りし、お祝いの言葉とさせて頂きます。本当におめでとうございます。

 

wedding_speech_friends_002

 

友人へのスピーチ。マナーや禁句は?

言う事が決まったら、次はマナーですよね。どんな風に話したら失礼にならないのか?

 

大切な席ですので、事前にしっかりチェックしておきたいですよね!

 

・スピーチのはじめに新郎新婦に一礼して、二人に向けてお祝いの言葉をいう

 

・列席者に体を向けたら、ご両家やご親族の方への祝辞

 

・新郎新婦が起立されている場合は、お二人に着席して頂くように勧めます

 

以上のようなマナーに注意してスピーチしてください。

 

 

また注意点もいくつか。

 

・話している最中の姿勢に注意

・長くなり過ぎないようにする

・尊敬語・謙譲語の乱れにも注意

・「あー」「あのー」「えー」などを入れないように注意

 

以上のような事に気をつけて、晴れの席での大役、無事に務めていただきたいと思います。

 

wedding_speech_friends_003

 

友人の結婚を心から祝福する気持ち

いかがでしたか?少しはお役に立てたでしょうか?

 

動画のように、色々な事を思い出して、スピーチしている側が感極まって泣いてしまうことも、聞いている方も、またスピーチしてもらっている新郎新婦も、感動的でいいですよね。

 

【関連記事】

結婚式でスピーチ。上司として新郎、新婦への祝辞と挨拶の例文

結婚式の乾杯の挨拶を頼まれたら!面白い乾杯音頭スピーチ例文

 

友人だから知っている素敵なエピソードと、友人の結婚を心から祝福する気持ちを沢山込めて、素敵なスピーチにして頂きたいと思います。

 

SPONSORED LINK

関連記事

今年のインフルエンザの特徴。2016年のa型やb型の傾向とは?

12月~3月ごろにかけて、流行するのがインフルエンザです。最近は、ニュースでもインフルエンザのことに

記事を読む

蚊取り線香の効果とは?赤ちゃんや妊婦に害が心配。犬や猫には?

夏の風物詩といえば蚊取り線香ですね。窓を開けて寝るような季節になってきたら、蚊取り線香を使い出すご家

記事を読む

初詣はいつまでに神社へ行くべきか?時期について。意味と由来など

皆さんは毎年初詣に行かれますか?私は除夜の鐘が鳴り始めるころに、近くの神社へ初詣に行くのが習慣になっ

記事を読む

自動車の名義変更の必要書類。費用と書き方。手続き方法の流れ

今日は車を乗っている人にとって、意外と知らないことを調べてみました。 私自身も車を購入する

記事を読む

宝くじが当たる確率は?年末ジャンボ・big・スクラッチで比較計算

みなさま、唐突ですが「宝くじ」はお好きでしょうか?「宝くじ」を買われたことはありますか? 

記事を読む

スーツの衣替えの時期。春はいつ頃?シャツは半袖?秋は10月から?

スーツを着るお仕事の方も多いと思いますが、衣替えっていつ頃されていますか?学生さんなら6月1日と10

記事を読む

若草山の山焼き2017年の日程。花火見物、撮影スポットの穴場

花火といえば夏の風物詩ですが、冬にも行われている花火大会があることをご存知でしょうか。  

記事を読む

湯島天神で初詣。アクセス方法は?元旦の混み具合と混雑を避けるコツ

雄略天皇2年(458年)に創建したと伝えられている、湯島天神。菅原道真が祀るこの神社は、学問の神様と

記事を読む

乾燥肌に効く食事療法は?食べ物、食生活で肌荒れ改善する方法

寒い冬になってくると乾いた風が頬を撫で、水分を奪っていってしまいますよね。気をつけていても乾燥肌にな

記事を読む

年賀状の書き損じ。交換手数料と期限はいつまで?余った場合の使い道

年賀状って気を付けて書いていても「あー間違えたー。」なんてこと、よくありませんか?印刷の向きが逆だっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑