*

味噌の賞味期限切れ。未開封や開封後はいつまで大丈夫?2年前のは?

日本の家庭ならば、味噌は欠かせない調味料ですよね。お味噌汁はもちろん、タレにしたり、味噌漬けに使ったり、大活躍の食品です。でも、毎日のように使っているだけに、味噌の賞味期限切れについて気にしたことがありませんでした。

 

そもそも味噌はどれくらい賞味期限があるのでしょう。未開封の場合と開封後の場合にはどれくらいまで食べて大丈夫なのでしょうか。

 

気づかないうちに、賞味期限が切れたり、危険な味噌を食べていたのでは?と心配になったので、今回は次のようなことを調べました。

 

●味噌の賞味期限切れ。開封後はいつまで大丈夫?
●未開封の賞味期限切れは使える?常温と冷蔵庫保管なら?
●インスタント味噌汁の賞味期限切れは食べても平気?

 

SPONSORED LINK

 

味噌の賞味期限切れ。開封後はいつまで大丈夫?

賞味期限の定義が、「開封していない状態で、表示されている保存方法に従って保存したときに、おいしく食べられる期限」ということや、味噌は発酵食品であることもあり、賞味期限が切れたからといって、すぐに食べられなくなることはありません。

 

カビが生えていなければ、食べられます

 

miso1

 

開封している味噌の場合は、1~2ヶ月ならば、風味や味もほぼ変わらずに食べることができます半年くらいになると、風味が落ちたり水分が飛んで固くなったりすることもありますが、食べても大丈夫です

 

1年くらいだと、保存状態によってはカビが生えてしまったりします。カビを取り除けば食べることができますが、風味はやはり落ちていきます。

 

2年くらいにもなると、さすがに風味が落ちて美味しくなくなってくるという意見も多く見られました。基本的に、傷んでいなければ長期保存した味噌でも食べられるということみたいですね。

 

 

未開封の賞味期限切れは使える?常温と冷蔵庫保管なら?

では、未開封の味噌の場合はどうでしょうか。未開封の場合は、開封しているものよりもより良い条件で保存していることになります。

 

1ヶ月~半年くらいならば、買った頃とほぼ変わらない風味で食べられます。1年位経つと、色が前よりも濃くなってきますが、味などに問題はありません。

 

2~3年くらいだと、さらに色が濃くなってきますが、食べるのには問題ありません。とても長持ちする食品だということが分かります

 

miso2

 

では、保存の仕方によって、賞味期限はどうなるのでしょうか。

 

正しく常温保存されていたら、味噌の賞味期限は2~3ヶ月位だということです。味噌は昔からある食品ですが、冷蔵庫のない時代でも常温で保存されていましたよね。

 

冷蔵保存ならば、1年以上は大丈夫だとされています。味噌に一番適した保存方法が冷蔵保存です。冷蔵庫には湿気もなく、温度も一定に保たれているからです。

 

なるべく冷蔵庫に入れて、未開封であればかなり長く持たせることができそうです。

 

開封後のものでも、ラップなどで表面を覆い、フタをして保存すれば、安心して長く保存することができるようですよ。

 

SPONSORED LINK

 

インスタント味噌汁の賞味期限切れは食べても平気?

インスタント味噌汁の場合も、賞味期限はおいしさの期限なので、賞味期限切れだからといってすぐに食べられなくなることはありません。

 

miso3

 

インターネットの口コミ情報では、賞味期限切れから3年ほどたったインスタント味噌汁を食べたけど、何も異常はなかったというものもありました。

 

普通の味噌と一緒で、傷んでいないか眼や鼻で確かめてから飲むと良いと思います。少し舐めて変な味がしないかを確認してみるのもいいですね。

 

インスタント味噌汁には、具や調味料などが含まれているものもありますので、味噌だけのときと比べると、傷みやすくなっている可能性があるので、よく注意して食べてください。

 

味噌は長期保存に向く食品。でもなるべく賞味期限内に食べましょう!

 

 

まとめ

味噌は、そもそも長期保存に向く食品で、賞味期限切れでも食べられるということがわかりました。

 

でも、賞味期限切れの味噌を食べるか食べないかは、ご自身で痛みがないかなどをよく確認してから判断するようにしてくださいね。私の方では責任を負いかねますのでよろしくお願いいたします。

 

 

【関連記事】
チョコレートの賞味期限切れ。1年前の冷蔵庫で過ぎた物は食べられる?

 

とはいえ、やはりおいしさの期限が定められているのだから、その期限内に食べてしまいたいですね。ちょっとこれまで味噌の賞味期限に無頓着過ぎました。

 

これからは、少し賞味期限を気にして料理に使うようにしていきたいなと思います。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

おはぎとぼたもちの違い。お彼岸で食べるのは?由来といつ食べるか?

お彼岸が近づくと、和菓子屋さんの店先に「おはぎ」の旗が立ったりします。でも昔から、同じような形状のお

記事を読む

顔のしわの原因と対策法は?伸ばし、マッサージ体操でシワを予防

人と会うと一番最初に目につくのが顔。なのに、話したり笑ったりと、表情を動かすことから、しわができやす

記事を読む

日本脳炎の予防接種。副作用の症状とリスクは?間隔と時期まとめ

2005年のニュースで、古いタイプの日本脳炎ワクチンによって重篤な副反応が出た可能性がある症例が紹介

記事を読む

節分の豆を食べる数と理由とは?豆まきの種類。残りのリメイクレシピ

皆さんは節分に豆を食べますか?私も小さい頃から、節分には豆を食べていたので毎年食べているんですが、歳

記事を読む

乾燥肌に効く食事療法は?食べ物、食生活で肌荒れ改善する方法

寒い冬になってくると乾いた風が頬を撫で、水分を奪っていってしまいますよね。気をつけていても乾燥肌にな

記事を読む

赤ちゃんの下痢の原因。乳児の下痢が続く場合の食事、離乳食は?

赤ちゃんの便は、母乳やミルクなどがメインの食事ですから、緩いのは当然ですし、生後間もない時は回数も多

記事を読む

もやしの賞味期限切れても大丈夫?書いてないけどいつまで食べられる?

いつも安くてスーパーなどで必ず手に入れることができるもやしは、お料理する人の味方ですよね。ただ、もや

記事を読む

二日酔いの解消に効く食べ物、ツボは?頭痛や吐き気の対策と予防

二日酔いになるたびに、「もう当分お酒は飲まない・・・!」と心に誓う方も多いと思います。私もそのひとり

記事を読む

玉ねぎの栄養価。加熱と生で違いは?食べ過ぎの害と効果的な食べ方

普段一番よく使う野菜ってなにかなぁ、と考えたら、私はやっぱり玉ねぎです。台所の片隅に麻袋を吊っていて

記事を読む

ネギの栄養とすごい効能!白と緑の部分で違う?食べ過ぎは体に悪い?

日本人になじみの深いネギ。脇役なイメージですが、色々な料理の引き立て役として昔から使われて来ました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑