*

七五三で親の服装。母親はスーツ、着物?ママの髪型。妊婦なら

七五三と言えば、お子さんの成長に感謝しご加護をお祈りする儀式ですね。

主役はあくまでもお子さんですが、親だってきちんとした格好で参加したいですよね。

 

お子さんの衣装は決まったけれど…私はいったい何を着ていけばいいのか、と悩んでいるお母さんも多いのではないでしょうか。

 

神社にお参りに行くので、やっぱりそれなりにしきたりやマナーが・・・?などと考え出すと、いよいよわからなくなっていきますよね。

 

そこで、今回は七五三での母親の服装についてお話したいと思います。

●母親の服装。選び方とマナーについて
●ママの髪型。服装別ヘアスタイルとメイク
●妊婦さんの場合。お参りは何を着る?
●母親の服装まとめ

 

服装でお悩みのお母様方のお役に立てたらと思います。

 

SPONSORED LINK

 

母親の服装。選び方とマナーについて

せっかくのお子さんの七五三ですから、お母さんだって綺麗でいたいですよね。マナーを守って上品なお母さんを目指しましょう。

 

基本のマナーとは、お子さんの衣装との格を合わせることです。

 

あくまでも親は引き立て役の1日ですので、お子さんよりも格下の衣装を選ばれることが大切です。また、旦那様との格は合わせるように選ばれるといいですよ。

 

七五三で親の服装は、母親はスーツ、着物のどちらがいいでしょうか?

 

まずは、和装か洋装のどちらを着るか決めましょう。

 

【和装の場合】

着物にも格がありますが、七五三で着るならば訪問着附け下げ色無地がいいですね。

お持ちの着物の格がわからない場合は、親御さんか購入されてお店で聞いてみて下さいね。

 

 

【洋装の場合】

フォーマルが基本ですが、スーツワンピースでもいいですよ。ジャケットは着用するようにしましょう。

 

地味な色のスーツやワンピースしかお持ちでないなら、コサージュやアクセサリーで少し華やかにしましょう。

 

パンツスーツは良くないという方もいらっしゃいますが、兄弟がまだ小さくて手がかかるのでスカートは…というお母さんも多いと思います。

 

 

どうしてもスカートで参加するのが大変ならば、パンツスーツも個人的にはいいと思います。自分の服にばかり気を取られて、小さいお子さんの面倒を見ていられなくなるじゃ困りますものね。

 

和装・洋装とも参拝にふさわしい、派手すぎず華やかなものを選びましょう。

 

11339632026_ef99ab0db2_m

 

これはNGというものも念のために書いておきますね。

 

露出の多い服ジーンズサンダルミュールキャミソールなど肩の出る服です。

 

季節的にキャミソール1枚で行かれる方はいないと思いますが、靴は気にしない方も多いかもしれません。

つま先が開いているオープントゥのパンプスもやめておきましょうね。

 

753_mothers_fashion_001

 

ママの髪型。服装別ヘアスタイルとメイク

やっと着るものが決まっても、女性はそれだけでは終わりませんよね。

次に悩むのがヘアスタイルとメイクです。これも和装と洋装に分けて紹介します。

 

【和装の場合】

着物に合うアップスタイルがいいですね。

お子さんが主役ですので、華やかにし過ぎないことが大切です。シンプルなアップスタイルがおすすめです。

 

 

【洋装の場合】

髪の長さにもよりますが、アップスタイルハーフアップスタイルがいいですね。

毛先を少し巻いてみたり、派手過ぎないバレッタを付ける程度にしておきましょう。

 

SPONSORED LINK

 

メイクは和装、洋装ともですが上品なメイクにしましょう。

お写真を撮る時は華やかな口紅を塗ると、写真でも映えますよ。

 

753_mothers_fashion_002

 

何度も言いますが、お子さんが主役です。

お母さんもお父さんも、お子さんの引き立て役ですから出しゃばらないことが大切です。

 

当日は、お子さんの準備で自分にかけている時間がないと思いますので、簡単にできるアップスタイルの動画を参考にしてみて下さいね。

 

 

妊婦さんの場合。お参りは何を着る?

妊娠中でも七五三のお祝いはしてあげたいですよね。

妊婦さんは体に負担の掛からないようにすることを1番に考えましょう。

 

動きやすさなどから考えても、妊婦さんは洋装がいいと思います。

マタニティワンピースとジャケットという組合せなら、体への負担も少なくて済みそうですね。

 

最近はフォーマルなマタニティワンピースの種類も豊富ですが、派手過ぎないものを選びましょう。

 

753-66364_640

 

マタニティワンピースを買うほどではないという方は、出産後も着られるようなAラインのワンピースにジャケットを羽織るのもいいですね。

こちらも派手過ぎないものを選びましょう。

 

靴は妊婦さんなのでヒールのないパンプスで大丈夫ですよ。

但し、いくら妊婦さんだと言えども、神社にお参りに来ているわけですから普段着はいけませんよ。

 

753_mothers_fashion_004

 

母親の服装まとめ

あくまでもお子さんが主役です。(しつこいですけど。)

お子さんよりも格下の服装にする。

 

お子さんが着物や袴ならば、あまり考えなくてもいいですが、お子さんがスーツやワンピースの場合は、それより格の高い服装はしないように気を付けて下さいね。

 

派手なものは避けて、華やかなになるようにコサージュやアクセサリーで着こなしましょう。

お母さんは時間がありません。当日までにしっかり準備をしておいて下さいね。

 

753_age_2015_003

 

いかがでしたか。

お子さんの成長を感謝する大切な日ですから、お母さんもいつもより華やかで上品な装いで参拝しましょう。

 

【関連記事】

七五三で親の服装。父親は?スーツとネクタイの色。礼服で良い?

 

お母様の次はお父様ですね!

上記記事ではお父様の服装についてまとめていますので、是非とも合わせて読んでみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

中秋の名月2016年はいつ?満月は見られる?由来と意味。行事食とは

「中秋の名月」と聞くとみなさんはどういうイメージをおもちでしょうか? 私は「9月」「十五夜

記事を読む

手作りコサージュの作り方。はぎれ、布で簡単につくる方法

コサージュといえば、結婚式や卒業式などのお祝い事の際の飾りとして使用することが多いですよね。&nbs

記事を読む

洗濯槽のカビ取り。重曹、酢で掃除。ドラム式は?取れないときは?

あれ? なんだか、バスタオルがカビ臭い…。なんて、思った事は無いですか? 実は、先日旦那か

記事を読む

節分いわしの由来。食べる理由や意味。地域の違いやいつ食べるか?

節分の時期が近づいてきました。節分といえば、一般的に豆まきを連想されると思います。ですが、地域によっ

記事を読む

六義園の紅葉ライトアップ2016。見ごろの時期と混雑状況まとめ

歴史と文化を現代に伝える都立の文化財庭園は全部で9つあり、それぞれの庭園で四季折々の様々な風情を感じ

記事を読む

養育費の相場はいくら?年収の目安。子供1人と2人の場合は?

子どもを持つ両親が、やむをえない事情で離婚してしまった場合、どういう事を考えておく必要があるでしょう

記事を読む

冬至かぼちゃとゆず湯の由来。2016年はいつ?食べ物の風習の違い

一年のうちで、最も昼の時間が短い日を“冬至(とうじ)”と言います。 この冬至の日は、南瓜料

記事を読む

明治神宮の初詣。2017年の混雑状況と回避する方法とは?

皆様、どこに初詣行くか決めましたか?おなじみの地元の神社?それとも旅行先で?やっぱり一年の始まりです

記事を読む

文化の日とは?11月3日の由来と意味を子どもに説明するなら?

11月3日は「文化の日」です。ここで1つの疑問が浮かびます。「文化の日」とは、一体何をする日なのでし

記事を読む

窓掃除を簡単に!ワイパーの使い方。新聞の利用方法。道具のおすすめ。

キレイに磨かれた窓っていいですよね。清々しい気分になります。 私はひどく汚してしまうのがい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑