*

寒中見舞いはいつからいつまでの時期か?書き方の文例

年賀状を出しそびれてしまった方に寒中見舞いを出したという方や、喪中時の年賀状の代わりに寒中見舞いを出したという方は多いのではないでしょうか? 

 

何となく便利使いしてしまいがちな寒中見舞いですが、ここでは本来の意味と出すタイミング、また使用するはがきや文面についてまとめてご紹介していきます。

 

●寒中見舞いとは?
●いつからいつまで?
●書き方の文例
●注意点は?
●年賀状は使えるの?
●寒中見舞いのはがきについて

 

こんな内容でお届けしていきます。

 

SPONSORED LINK

 

寒中見舞いとは?

寒中見舞いは、寒さが厳しい季節に送る、相手の体調を気遣いお互いの近況を報告し合う季節のご挨拶状のことをいいます。

 

また、喪中の時や年賀状を出すのが遅れてしまった場合などにも送ることができます。

 

寒中見舞いの時期っていつからでしょう。いつまでの期間が正しいのか?

 

いつからいつまで?

寒中」とは小寒と大寒にあたる期間を指しています。この期間の間に送る挨拶状ですから、寒中見舞いと呼ばれているわけです。

 

そのため、送る時期としては松の内が明けてから大寒の最後の日である節分までとなります。

 

松の内が明けるのは1月7日ですから、寒中見舞いを送る場合は1月8日から2月4か頃までに相手に届くように出します。

 

寒中見舞いを出すのが遅れてしまい、届くのが2月5日以降になってしまいそうな時は寒中見舞いではなく、余寒見舞いとなりますので注意が必要です。

 

SPONSORED LINK

 

書き方の文例

寒中見舞いの基本構成としては、まず季節の挨拶を書き、そのあとに時候の挨拶を書きます。それから年賀状の返礼の場合には、頂いた年賀状のお礼を書き、自分の近況報告を書きます。

 

自分の近況報告はなるべく具体的な内容の方が受け取った側も嬉しいものですから、送る相手に合わせて文面を考えても良いかと思います。

 

shiwasu_004

 

また、挨拶状として使用する場合には支援やおつき合いをお願いする言葉を書き、相手の体調を気遣う文面を必ずいれるようにし、最後に日付を書いて完成です。

 

下記に簡単な文例を記載していますので、参考にしてみてください。

 

寒中お見舞い申し上げます。
皆様におかれましては、お健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。
年頭にはご丁寧な年賀状をお送り頂きましてありがとうございました。

お返事が遅くなり申し訳ございませんでした。
こちらは息子夫婦も里帰りし、例年になくにぎやかなお正月を過ごしております。

今年の寒さはことのほか厳しいようですので、どうぞお風邪など召されぬようくれぐれもご自愛ください。

平成◯◯年 一月

 

 

注意点は?

寒中見舞いを送る相手が喪中の場合、賀詞やおめでたいとされる言葉は避けましょう

 

また、年賀状を出すのが遅れてしまった時に寒中見舞いをお送りする事も多いかと思いますが、ここは正直に「年賀状を出し忘れてしまいました」と書いてしまうと相手に対して大変失礼ですので、文面には注意を払って書くようにしたいですね。

 

3

 

年賀状は使えるの?

上記の通り、寒中見舞いはお正月の挨拶をするものではなく、季節の挨拶をするものですから、年賀状を使用してはいけません。また、年賀状に使用するようなモチーフ(日の出、干支など)を用いる事も避けましょう。

 

寒中見舞いのデザインは、雪だるまや椿の花などの冬の風物詩を取り入れたものにし、あまり派手ではない落ち着いた雰囲気のものにするのが無難です。

 

4

 

寒中見舞いのはがきについて

寒中見舞いのはがきには、普通の官製はがきや私製はがきを使用します。郵便局に行くと、寒中見舞いはがきとして売っていますので、デザインの参考にしても良いと思いますし、これを買ってきて送るのも良いと思います。

 

また、今は郵便局のホームページから文面や自分の住所氏名などを自由に入力して発注する事が出来ますので、寒中見舞いを出そうと考えている方は一度ホームページを覗いてみるのも良いかもしれませんね。

 

参考サイト:郵便局「総合印刷サービス」|喪中・寒中見舞い

 

【関連記事】

喪中はがきの文例。夫や義父の場合は?夫婦連名で出す続柄の書き方

 

こちらは喪中はがきの文例などをまとめています。喪中はがきの書き方にお困りの方は、是非参考になさってみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

関連記事

大掃除のコツと場所リスト。順番はどこから始める?計画と便利な道具

今年も残りわずかとなりました。新年を迎えるにあたって、最後に残っているのが、年末の大掃除です。そこで

記事を読む

大阪のクリスマスデートスポット!昼間からディナーのおすすめプラン

クリスマスに恋人とデートなんて、とても素敵でロマンチックですね。大阪ではたくさんの場所でのイルミネー

記事を読む

深大寺だるま市へ!2016年スケジュール。駐車場と混雑時間は?

江戸時代から続く、調布深大寺(じんだいじ)の風物詩であるだるま市。 以前はだるまや物品を売

記事を読む

七五三のお祝い金額の相場。姪や甥へ。祖父母や兄弟同時の場合

七歳、五歳、三歳になると、子供の成長を祝う日本の伝統的な年中行事「七五三」のお祝いを考える時期になり

記事を読む

赤ちゃん、子供の紫外線対策。新生児、乳児を日焼けから肌を守ろう

平成10年7月より、母子手帳から「日光浴」を推奨する言葉が削除されているのをご存知でしょうか。 &

記事を読む

奈良の東大寺二月堂お水取り2017。修二会の日程、時間はいつ?

修二会(しゅにえ)は、お水取り(おみずとり)とも呼ばれ、奈良県にある東大寺で毎年行われている不退の行

記事を読む

除夜の鐘の意味と108回の理由。時間は何時から?英語で説明の文例

大晦日に除夜の鐘が聞こえてくると、今年も1年が終わるんだなぁとしみじみ思いますよね。私が小学生の頃は

記事を読む

平塚の七夕まつり2016。日程と時間。駐車場は?屋台ほか見どころ

関東の三大七夕まつりの1つである、湘南平塚の七夕まつり。平塚市で毎年開催されている七夕まつりは、正式

記事を読む

黄砂の対策グッズとアレルギーの予防方法は?車の洗車のコツ

春先で花粉と同じくらい厄介な物…その名は黄砂!花粉症じゃないのに何故か目がショボショボしてしまう!や

記事を読む

わきがの対策と原因。においをチェックする方法。対策グッズと食事

汗や臭いの気になる季節。自分は大丈夫かな?と不安になってしまう事、ありませんか?わきがだったらどうし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑