*

越生梅林の開花状況2017。気になる梅まつりの見ごろはいつ?

気温もだんだんと暖かくなってきて早春を感じるようになると、どこかへふらっとお散歩に出かけたくなりますよね。のんびりと町歩きも楽しいですが、天気の良い日は少し遠出をして梅の花でお花見というのも春の訪れを感じられてお勧めです。

 

そこで今回は、関東屈指の梅林の一つである越生梅林の梅まつり開催時期やアクセス方法見どころなどについてご紹介しています

 

●越生梅林とは?
●梅まつり2017年の日程とアクセス方法
●越生梅林の開花情報、状況について
●梅まつりの見どころは?

 

梅の花でのお花見を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

SPONSORED LINK

 

越生梅林とは?

越生梅林(おごせばいりん)関東三大梅林の一つで、約2haの園内に白加賀、越生野梅、紅梅などをはじめ、約600年前に植えられた古木など、約1,000本の梅の木が植えられています。

 

越生の梅林は、梅園神社に九州太宰府天満宮を分祀した際、菅原道真公にちなんで梅の木が植えられたことが起源とされています。

 

越生梅林の開花状況はいつが見どころでしょうか?例年の傾向を調べました。

 

また、越生町全体にも梅の木が多くみられ、その本数は約25,000本にもなり、町全体が梅の花の香りに包まれます。

 

会場までバスで向かうのも良いですが、天気の良い日はのんびりと時間をかけて、駅から徒歩で梅まつり会場まで向かうのも一興です。

 

徒歩での所要時間は大体1時間弱程度になるかと思いますので、ご自身の体調などを考慮してルートを選択してくださいね。

 

ogose_ume_fes_001

 

梅まつり2017年の日程とアクセス方法

梅まつりは毎年2月下旬から3月下旬まで行われ、多くの観梅客が訪れて梅の花を楽しみます。

 

開花状況により開催期間が変更になることがありますが2016年は2月20日から3月21日まで開催されていました。

 

開催日は毎年の開花状況で変化がありますが、2017年も同時期に開催予定と思われます。また、開演時間は午前8時半から17時まで、入場料は中学生以上200円です。

 

SPONSORED LINK

 

越生梅林
住所:埼玉県入間郡越生町堂山113
電話:049-292-3121(越生町観光協会)
 
6
 
梅まつり開催日程:2月下旬から3月下旬
 
入園料:200円(中学生以上)
開園時間:8:30~17:00
 

 
アクセス:
電車の場合
・東武越生線・JR八高線「越生駅」から、川越観光バス黒山行き「梅林入口」バス停下車 徒歩1分
  
徒歩の場合
・越生駅から越生梅林まで3.8km 徒歩約55分
 
車の場合
・関越自動車道「鶴ヶ島」ICまたは「東松山」ICから約30分
・首都圏中央連絡自動車道「圏央鶴ヶ島」ICから約30分
※ナビへの登録:埼玉県入間郡越生町大字堂山113番地
 
駐車場:有
(収容台数 500台:普通車400円、マイクロバス800円、大型バス1,200円)

 

徒歩の場合は、県道沿いには一部歩道の無い場所があるようですので、公式サイトの方では徒歩コースを歩くことを勧めています。

 

距離約4kmほどで所要時間は駅から約1時間となりますので、動きやすい服装や歩きやすい靴などでお出かけくださいね。

 

 

 

越生梅林の開花情報、状況について

梅の花の開花時期は概ね2月中旬から3月下旬ですが、前述の通り2016年は2月20日から3月21日まで開催されました。

 

2017年も天候に問題がなければ2月20日頃から3月20日頃まで開催予定かと思われます。

 

梅まつりは、梅の開花に合わせて開催されますので、2017年の開花情報は梅まつりの開催時期が梅の開花の時期となり、例年通りであれば、3月の上旬あたりが見ごろの時期となります。

 

 

但し、降雪などの気候や梅の開花状況で変更の可能性が十分ありますので、事前に確認してみてください。公式サイトの方では梅まつり期間になると、詳しい開花状況をチェックすることができますよ。

 

●参考サイト

 

2

 

梅まつりの見どころは?

園内をミニSLが運行しており、梅まつり開催期間中である3月中は毎日運行しています。時間10:30から15:00までで、また、料金は200円(2歳以下無料)です。

 

ミニSLは梅園一周路線全長253mで、晴れた日に乗るととても気持ちが良いですから、都合が合えばぜひ乗ってみてくださいね。

 

ogose_ume_fes_004

 

また、開催期間中の土日には陣屋太鼓や獅子舞、和太鼓などのイベントが開催されます。イベントの開催時間は10:00頃から15:30くらいまでですので、興味のある方は時間を合わせて行くことをお勧めします。

 

【関連記事】

湯河原の梅まつり2017。幕山公園の開花状況と見どころは?

 

ミニSL、イベント共に梅の花の開花状況天候などにより、変更・中止になることがありますので、天候などに不安を感じたら事前に問い合わせてみるのも良いかもしれませんね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

富士山の初日の出で綺麗に写真を撮る穴場スポットは?

日本を代表するものの一つに富士山がありますね。富士は日本一の山!といわれているこの山は、毎年多くの観

記事を読む

赤ちゃんが風邪の時のお風呂はいつから?何日入れない?微熱の場合

赤ちゃんはデリケートですので、入浴はとても気を使うものです。特に赤ちゃんが風邪を引いた時の入浴は、ど

記事を読む

大阪天神祭花火の穴場スポット2016。日程や場所までの地元体験談

今回は、例年開かれていて、日本三大祭りの一つである天神祭花火大会について詳しく調べていこうと思います

記事を読む

七五三のお祝いのお返し。品物選びと相場のマナー。のしの書き方

七五三は、天和元年11月15日(1681年12月24日)に子供の成長を祝って江戸時代から始まった行事

記事を読む

クリスマスの意味とは?子どもにツリーやケーキの由来を簡単に伝える

クリスマスは、大人にとっても子どもにとっても楽しみなイベントですよね。 毎年、何気なく「メ

記事を読む

香典返しの挨拶状。例文と文例。お礼状、あいさつ文の書き方は?

親戚で大変達筆で、事あるごとに手書きのお礼状を添えて、お菓子などを送ってくれる方が居ます。いつもすご

記事を読む

PL花火大会2016の時間。穴場スポットと行き方。打ち上げ数は何発?

関西は皆様テレビの画面でお分かりの通り、オーバーリアクションです。このPLの花火大会に限っては世界一

記事を読む

雛人形の飾り方。七段、五段、三段飾りの正しい並べ方とは?

桃の節句ひな祭り。娘さんの居るご家庭では、娘さんと一緒に雛人形を飾るのも、楽しみの一つなのではないで

記事を読む

加湿器のカビ掃除方法。フィルターのお手入れは?赤カビ除去と対策

冬になると大活躍の加湿器ですが、手入れを怠るとすぐにカビやぬめりがひどくなってきますよね。 

記事を読む

卒園式の保護者代表の挨拶。例文で使える文章とポイントを解説!

季節が冬から春に向かうと、あちこちで卒園や卒業と言った言葉が聞えてきます。殊に卒園は、お子さんにとっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑