*

青谷梅林の梅まつり2017年の開花状況は?場所とアクセス方法

京都府の寺社には綺麗な梅の木を観梅できるスポットがたくさんありますが、青谷梅林ではそのようなスポットとはまた少し雰囲気の違う観梅を楽しむことが出来ます。

 

今年は、普段は立ち入ることの出来ない生産梅林での梅のお花見なんていかがでしょうか。今回は、京都府城陽市にある梅林、青谷梅林の梅まつりについてご紹介していきます。

 

●青谷梅林とは?
●梅まつり2017年の日程とアクセス方法
●2017年の開花情報・開花状況について
●青谷梅林の梅まつりの見どころ

 

よろしくければ参考にしてみてください。

 

SPONSORED LINK

 

青谷梅林とは?

梅の実の生産量が年間125万トンと、京都府一の生産量を誇る城陽市にある広大な梅林、それが青谷梅林です。

 

aotani_ume_fes_006

 

生産量だけでなく、梅林の規模も約20haと京都府最大となります。そのの広大さは、梅林に近づくにつれて甘酸っぱい梅の香りが漂ってくるほどです。

 

京都府最大というだけあって本当に広く、なんと約50軒の農家が1万本の梅を栽培しており、梅の開花シーズンになると白梅を中心に約1万本の梅の木の開花を楽しむことが出来ます。生産用の梅林ですので白梅が多いのです。

 

aotani_ume_fes_002

 

また、青谷梅林は、後醍醐天皇の皇子である宗良親王の歌に、

風かよふ 綴喜の里の 梅が香を
空にへだつる 中垣ぞなき

と歌われている歴史ある梅林で、徳川時代には淀藩により大いに植樹されたとの話も伝わっています。

 

明治33年に青谷梅林保勝会が設立され、梅林の保護と宣伝を行ったことから花見客が増え、現在では近畿圏でも有数の名勝地となっています。

 

 

梅まつり2017年の日程とアクセス方法

例年2月下旬から3月下旬にかけて開催されます。2015年は、2月21日(土)から3月22日(日)まで開催されました。

 

今年2017年も天候などの大きな影響がなければ、同時期の2月20日から3月20日あたりに開催の見通しとなっています。

 

青谷梅林(あおだにばいりん)
住所:京都府城陽市中中山
 
電話:
0774-56-4029(城陽市観光協会)
0774-56-4019(城陽市商工観光課)

 
梅まつり開催日程:2月中旬~3月下旬頃
入園料:無料
 
開園時間:入園自由
※但し売店の営業は10:00~15:00
 

 
アクセス:
電車・バスの場合
・JR奈良線「山城青谷駅」から徒歩20分
・近鉄「大久保駅」から京阪宇治交通バス「たつみ畑」下車
 
車の場合
・京滋バイパス「巨椋IC」から国道24号経由 15km
・第2京阪自動車道「久御山南IC」より約5km
 
駐車場:有
(収容台数:140台 / 普通車500円 バス1,000円 バイク100円)

 

SPONSORED LINK

 

駐車場は梅まつり期間中のみの営業となります。

 

また、周辺道路が狭く、混雑時は渋滞して入場までに時間がかかることがありますので、可能でしたら公共交通機関を利用することをお勧めします。

 

aotani_ume_fes_003

 

2017年の開花情報・開花状況について

前述しましたとおり、2015年は2月21日から3月22日にかけて開催され、見ごろを迎えたのは3月14日以降で、満開となったのは3月20日でした。

 

例年、2月下旬頃だとまだ少し時期が早い頃が多く、見頃を迎えるのは3月初旬から中旬にかけての年が多いようですので、2017年も同様に、3月初旬から中旬あたりに見ごろ・満開を迎えるものと思われます。

 

その年の天候によって開花状況は大きく変わりますので、観梅を予定されている方は、事前に城陽市商工観光課などに問い合わせて確認するようにしてくださいね。

 

aotani_ume_fes_005

 

青谷梅林の梅まつりの見どころ

梅まつり開催期間中は、生産梅林に自由に立ち入る事のできるエリアも設けられますので、普段よりゆっくりと梅を眺めることが出来ます。

 

特に城州白の品種は青谷梅林でしか見ることが出来ないため、ぜひ探してみてくださいね。芳しい梅の香りを楽しむことが出来ます。

 

この城州白はそのほとんどが梅酒や和菓子になりますが、会場内で伝承製法による梅干しを手にいれることも可能です。

 

aotani_ume_fes_004
(出典元:http://xn--6oqz6c35b6zh48ipn2e0ys.jp/)

 

また、梅製品や特産品を販売するお土産物屋さんの出店、軽飲食の売店も並びますので、梅を眺めながらの一服というのも素敵だと思います。

 

このほか、梅まつり開催期間中は、餅つき大会や史跡巡り・コンサート・紙芝居・舞踊など様々なイベントが開催されますので、ぜひ楽しんできてください。

 

特に餅つき大会は、梅まつり開催期間中の祝日と日曜日に開催されており、つきたてのきな粉餅を無料で頂くことが出来ますのでお勧めです。

 

但し雨天時は中止となりますので、当日のお天気チェックを忘れないようにしてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

北野天満宮のアクセス。京都駅からバスなら?周辺ランチとお守り効果

みなさんは、北野天満宮をご存知でしょうか? 『「北野天満宮は、菅原道真公をご祭神としておま

記事を読む

厄除け神社。東京で厄払いするならここ!お参りで開運しよう

厄払い、ちゃんとされていますか?行ってみたい、行った方がいいと思いつつも、いつ行ったらいいのか?東京

記事を読む

鎌倉の七福神巡り。地図のルートを通って御朱印をいただこう!

七福神信仰の起源は古く、室町時代後期頃に庶民の間で広まったといわれています。一般的にはお正月の行事と

記事を読む

大阪天満宮の初詣2017年。空いてる時間帯と混雑状況は?

今年はどこの初詣にお参りに行こうか?悩まれる方も多いのではないでしょうか。   せっか

記事を読む

京都の七福神巡りの地図。楽しく巡って御朱印をいただこう!

全国にはたくさんの七福神巡りのコースがありますが、京都の「都七福神巡り」は、日本でも最古の歴史のある

記事を読む

六義園の紅葉ライトアップ2016。見ごろの時期と混雑状況まとめ

歴史と文化を現代に伝える都立の文化財庭園は全部で9つあり、それぞれの庭園で四季折々の様々な風情を感じ

記事を読む

伏見稲荷大社の初詣2017年。混雑状況、混み具合は?

伏見稲荷大社とは、その名の通り「おいなりさま」の総本山!稲荷神社といえば、耳に馴染みのある神様ですよ

記事を読む

市川市民納涼花火大会の穴場2016。場所取りは何時からが良い?

東京都江戸川区で開催される江戸川区花火大会。それと日を同じくして開催されるのがこの市川市民納涼花火大

記事を読む

京都の桜2016開花予想と満開時期。穴場の名所はどこにある?

毎年桜の名所を巡っていると、同じ所に行くのもなんだし、今年は違うところに・・・ってなりますよね?そん

記事を読む

秩父夜祭2016の日程。花火の穴場スポットはどこ?ツアーの申し込み方法

日本全国には、実にさまざまな祭りが存在します。そしてその数は、何と10万とも30万ともいわれています

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑