*

産休中の給料は出る?公務員は?税金負担と社会保険料の支払いは?

働く女性でも子供が欲しいと考えている方は少なくないと思います。

ただ気になるのは、

出産や育児をしていく中でも仕事を続けることが出来るのか、ということ。

 

特に出産や育児で休業しなければならない状況になると、

どのくらいの収入が得られるのか?

 

また、負担しなければならない税金の額はどのくらいになるのか

といった点は、非常に気になる部分ではないでしょうか?

 

今回は、

●産休中でも会社から給料はもらえるの?

●公務員の場合は、産休中に給料は出る?

●産休中の社会保険料などの負担はどうなるの?

 

これらのことについてご紹介していきますので、

宜しければ参考にしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

産休中の給料。会社からもらえるの?

労働基準法で認められている産休とは、

出産予定日の6週間前(多胎妊娠の場合は14週間前)から、

分娩日の翌日から8週間までです。

 

この期間内であれば、本人の希望があれば休業することが出来ます。

 

ただし、

産後6週間までは本人が希望していても法律上は就業することが出来ません。

 

 

また、出産日が予定日を過ぎてしまった場合でも、

出産を終えるまでは産前の休業期間としてカウントされます。

 

ですので、予定日より出産が遅くなってしまったからといって、

残りの休業期間が短くなるという心配は要りません。

 

しかし、

この期間中の給料の支給については、労働基準法には何の規定もありません。

 

ですから、産休中の給料については会社の規定にもよりますが、

ほとんどの会社では給料が支給されないのが一般的です。

 

産休中の給料は出るのか?気になるところですね。

 

公務員の場合。産休の給料は出るの?

公務員の場合でも、通常の民間企業と同様に産休中の給料の支給はありません。

 

ただ、民間の会社員や公務員で、産後も働き続ける場合は、

この無給期間中に支給される手当があります。

 

それが、所属している健康保険組合や共済組合から支給される、

出産手当金」と呼ばれるものです。

 

 

出産手当金は、産休期間中の1日当たり、

標準報酬日額の3分の2に当たる金額が支給されます。

 

標準報酬日額とは、

毎月の給料や手当の金額を元に等級化した標準報酬月額を、

1日当たりに換算したものです。

 

よく分からないという方は、

産休前までに毎月支払われていた給料の大体3分の2程度が支給される

と認識しておきましょう。

 

注意してほしいのは、

この制度では、出産前に退職してしまった方には支給されません。

 

SPONSORED LINK

 

また、休業中でも給料が支給されている方は、

給料分の金額が出産手当金から「減額」されますし、

給料が出産手当金を上回っている場合は、「支給されない」という事を

覚えておきましょう。

 

<産休中に受けられる「出産手当金」の知識3つ>

 

産休中の税金負担。社会保険料は?

産休中でももちろん税金負担を行う必要があります。

基本的には、出産前に払っていた税金と同様に、

所得税、住民税といった税金を支払う必要があります。

 

また、住民税の金額は前年の所得に対してかかりますから、

出産休業中で所得が減ったからといって減額されることはありません。

 

 

しかし、

出産手当金は非課税ですから、出産手当金に税金がかかることはありません。

 

健康保険や厚生年金、雇用保険といった社会保険料については、

以前は税金同様に支払う必要がありました。

 

ですが、

平成26年4月からは制度が改定され、社会保険料を免除されることになりました。

 

 

育休中でも同様に社会保険料は免除されますから、

産休・育休で収入が減ってしまう身としては嬉しい制度改定です。

 

maternity_leave_002

いかがでしたでしょうか。

 

産休や育休中の給料の支給や税金の負担などは、

分からないことばかりで悩んでしまいますし、

出産間際や出産後はなかなかそのような事を調べる余裕はないと思います。

 

余裕のある間にしっかりと調べておいて、

出産前や出産後に慌てないように準備しておくようにしてくださいね。

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

初詣はいつまでに神社へ行くべきか?時期について。意味と由来など

皆さんは毎年初詣に行かれますか?私は除夜の鐘が鳴り始めるころに、近くの神社へ初詣に行くのが習慣になっ

記事を読む

子供のクリスマスプレゼント2016!小学生の男の子人気ランキング

小学生の男の子をお持ちのお父さんお母さん。クリスマスプレゼントに何を買ってあげたらいいか毎年悩んでし

記事を読む

葛根湯の効果。風邪やインフルエンザに効く?授乳中の服用と副作用

寒くなってくると、気を付けていても風邪をひいてしまうことありますよね。皆さんは、風邪をひいた時にどん

記事を読む

門松の意味と由来。時期はいつから?飾り方と片付け方。処分の仕方

お正月飾りといえば、門松・しめ飾り・鏡餅が代表的ではないでしょうか。とはいえ、3つの中では門松を飾っ

記事を読む

赤ちゃんの脱水症状の症状とは?母乳だけでいいの?対処と予防

最近は電気料金の値上げに加えて、夏がどんどん暑くなっていますね。 大人でも注意しなければならない熱

記事を読む

新年の挨拶はいつまで?ビジネスの例、メールの場合

お正月休みも終わり、会社で最初に行う仕事が新年のご挨拶回りという方も多いのではないでしょうか?あちこ

記事を読む

大阪で除夜の鐘をつけるお寺は?大晦日のおすすめ神社。初詣はここ!

大晦日といえば、除夜の鐘ですよね。全国には除夜の鐘で有名な神社やお寺がありますが、関西で思い浮かべる

記事を読む

ビジネスメールでお詫び文書の書き方。遅れや間違い。結びの文例

複数の案件を平行していたら勘違いの内容でメールを送ってしまった、忙しくて返信できなかった、名前違いの

記事を読む

養育費の相場はいくら?年収の目安。子供1人と2人の場合は?

子どもを持つ両親が、やむをえない事情で離婚してしまった場合、どういう事を考えておく必要があるでしょう

記事を読む

セミの寿命はどれくらい?成虫が短い理由。 幼虫の土の中の年数は?

13年、17年の周期で発生する素数ゼミがいるとか、携帯電話ではセミの声は聞こえないとか、人間の大きさ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑