*

食中毒の症状とは?牡蠣や貝、豚肉・生肉などの食あたりの対処法

雨が続いてジメジメして来る季節、どうしても食べ物も弱りやすくなっていますよね?この季節、心配なのが食中毒。何かを食べた後、あれ?おかしいな?と思った時、それが食中毒なのかどうか、分からなかったりしますよね。

 

そこで今日は、食中毒の主な症状や、そんな症状が出てしまった時の対処方法などをご紹介していきます。

 

●豚肉などの食中毒の症状とは?
●牡蠣や貝などの症状は?
●牛乳や卵の食あたりの症状は?
●食中毒の対処方法は?
●好きなものを美味しくいただけるように

 

こんな内容でお届けしますので、是非とも最後までお読みいただき、食中毒の予防や対処にお役立ていただけたらと思います。

 

SPONSORED LINK

 

豚肉などの食中毒の症状とは?

野菜と肉ならどちらが好き?と訊かれたら、迷うことなく「お肉が好きです!」と答えられるくらい、お肉大好きな私ですので、まずは、お肉に関するお話からさせて頂きたいと思います。

 

食中毒の症状を覚えておいて、いざというときに対応しましょう。

 

豚肉などの食肉が原因となり起こる食中毒は、

エルシニア・エンテロコリチカ

というものです。

 

主な症状は、腹痛、下痢、吐き気、嘔吐、発熱、関節炎・・・などで、潜伏期間は通常4日から6日くらい、発症期間は2~3週間です。

 

死亡率は0%ではありますが、だからといって食中毒で苦しいことには変わりありませんので、決して油断しないでください

 

foodpoisoning_011

 

この菌は、食肉だけでなく牛乳なども原因になるそうですので、冷蔵庫を過信しない!・・・というのも注意のポイントです。

 

耐熱性はない菌ですので、低温殺菌でも十分殺菌出来ます。

 

<家庭でできる食中毒予防>

 

牡蠣や貝などの症状は?

続いては、貝などが原因となり発症する食中毒です。貝類が主な原因となるものは、赤痢菌コレラ菌の2種類もあります。

 

foodpoisoning_002

 

まずは【赤痢菌】についてですが、主な症状は、激しい下痢、腹痛、吐き気、嘔吐、発熱などで、潜伏期間は1日から7日で通常は4日程度。発症期間は4~7日です。

 

この赤痢菌の怖いところは、乳幼児の死亡率が大変高いところです。

 

熱には弱いので65℃程度で死滅します。
毒素は80℃で10分の加熱が必要です。

 

生ではなく、火をしっかりと通して食べる事が大事ですね!

 

SPONSORED LINK

 

続いて【コレラ菌】です。

 

主な症状は、水様下痢、腹痛、吐き気、嘔吐、脱水、ショック状態などで、潜伏期間は6時間から5日で通常は1日程度。発症期間は数日で、死亡率は1%です。

 

赤痢菌も怖いですが、こちらも症状がひどそうですので、注意が必要ですね。

 

手洗いを十分にする、そして海外での生物の摂取を控える事で、予防出来ます。

 

foodpoisoning_012

 

牛乳や卵の食あたりの症状は?

牛乳は豚肉の所で乳製品も…という事で、【エルシニア・エンテロコリチカ】の説明を参照頂くとして、卵が原因の食中毒は、【サルモネラ菌】です。このサルモネラ菌は卵だけでなく、鶏肉も原因となります。

 

主な症状は、悪心、寒気、腹痛、嘔吐、発熱、頭痛、下痢、脱水などで、潜伏期間は6から48時間で通常15時間程度。発症期間は1~4日程度で、死亡率は1%です。

 

こちらは潜伏期間が大変短い食中毒のようですが、卵を食べる際には冷蔵庫でしっかり保管したものを必ず加熱調理して食べてください。

 

75℃で1分以上が目安です。鶏肉も生では決して食べずに、必ず加熱して食べてください。

 

foodpoisoning_003

 

食中毒の対処方法は?

すぐに病院に行かれる事が一番ですが、どうしてもすぐには無理な場合もありますよね?そんな時、一体どうしたらいいのでしょうか?

 

水分を摂る

まずは、今まで色々な症状をご紹介した中でも、必ずといっていいほど含まれていた症状が嘔吐と下痢。その両方により、体内の水分が失われてしまい、脱水症状を引き起こします。

 

脱水症状とは、水分と電解質、または、身体が正常に機能するのに必要な栄養素とミネラルが、身体から失われた状態の事をいいます。

 

水分は摂取するのはもちろんですが、ミネラルなども失われていますので、スポーツドリンクなどを飲む事をオススメします。

 

foodpoisoning_005

 

食中毒かな?と思った時に摂る水分でオススメのものは、

・スポーツドリンク
・カフェインを含まない飲み物
・水
・氷の欠片を口にふくむ
・透明のスープ
・無色透明の炭酸飲料
・水に粉を溶かしたジュース

 

・・・などを摂取して水分を補いましょう。

 

 

味の薄い食物を摂取する

食中毒で吐き気が酷く嘔吐した後は、ゼラチン、バナナ、おかゆなどを少しずつ摂取する事が推奨されています。食べる事で再び吐き気や嘔吐の症状が出てしまった場合は、数時間時間を置いて、再度食べてみてください。

 

味の濃いものや、揚げ物、乳製品などは、食べたいなと思ってもこの時は我慢してください。

 

foodpoisoning_008

 

下痢止めを服用しない

食中毒になると、下痢の症状に見舞われますが、この時注意したいのが下痢止めを服用しない事です。

 

体内のバクテリアや毒を外に出す為に下痢になっているので、それを止めてしまう事で症状を悪化させてしまうからです。

 

foodpoisoning_009

 

休息をとる

なんの病気でも一番大事なのが休息をとる事です。体を休める事で回復力が高くなりますので、なるべく早く横になって、ゆっくりと休んでください。

 

foodpoisoning_010

 

・・・以上は対処方法となりますが、症状が明らかに重い方は、急いで病院に行ってください。

 

また乳幼児やお年寄りなどは、より症状が重く出てしまう事が考えられますので、自宅で様子をみるよりは、早めに受診される事をオススメします。

 

foodpoisoning_006

 

好きなものを美味しくいただけるように

私達が普段良く口にするものからも、食中毒になる可能性が常に潜んでいる訳ですね。

 

食べてはいけないという訳ではなく、食べる際、調理する際に注意が必要というだけですので、注意する点をしっかり把握して、季節に関係なく、好きなものを美味しくいただけるようにしたいものですね。

 

【関連記事】

食中毒の予防。3原則とは?お弁当の予防レシピと食あたり対策法

 

食中毒について、上記の関連記事も参考にしてみて下さい。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

秋の花粉症の症状とは?原因と時期はいつまで?喉の痛みや咳の対策

冬の終わりから春近くなってくると、あちこちから「花粉症で」という声が聞こえてきます。「今日は飛んでい

記事を読む

アイスの賞味期限がない理由。一年前のは食べれる?10年前のは?

アイスには、賞味期限の表示がないって知っていましたか?賞味期限がないということは、冷凍庫に残っていた

記事を読む

花粉症とお酒の関係。飲酒で悪化の原因とアルコールの影響とは?

花粉症の季節!一般的に春先からの陽気の良い時期に花粉症に悩まされる方が多いと思いますが、この時期は送

記事を読む

みかんの栄養と効果効能。皮や白い筋に栄養はある?生とジュース比較

みなさんは、みかんはお好きですか?私は、みかんに目がありません。スーパーに出回る冬には、箱買いをして

記事を読む

銀閣寺までのアクセス。バスの時間は?駐車場と周辺ランチ情報

金閣寺は、テレビや写真で見る機会も多いと思いますが、銀閣寺のことはご存知ですか? 金閣寺が

記事を読む

むくみの原因とは?顔や手足、下肢の浮腫み。肝臓病の可能性は?

「あれ?あんた最近、むくんでない?」先日、看護師をしている母から言われた一言です。 確かに

記事を読む

赤ちゃんの下痢の原因。乳児の下痢が続く場合の食事、離乳食は?

赤ちゃんの便は、母乳やミルクなどがメインの食事ですから、緩いのは当然ですし、生後間もない時は回数も多

記事を読む

昼寝の効果、効用とは?最適な時間帯って?太るって本当なの?

子育てをして、家事をして…慌ただしい毎日を過ごしていると、ふとお昼寝したい、休憩したい。そんな事を考

記事を読む

花粉症の薬。市販で効くのは?眠くならないおすすめ薬。子供用なら?

スギやヒノキの花粉などによって、咳やくしゃみ、鼻水・鼻づまり、目のかゆみなどのアレルギー症状を起こす

記事を読む

さつまいもの栄養とカロリー。皮も食べるほうが良い?妊婦への効果

ホクホクあま~いさつまいも。美味しいですよね~。お料理にもお菓子にも、我が家では1年中大活躍のお芋で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑