*

そばかすを消す方法。原因は何?化粧品やメイクで自力で簡単対処

お肌に関する色々な悩み、みなさんも抱えていると思います。シミ、そばかす、小じわ、ほうれい線…などなど。そこで今回は、その中からそばかすについて、お話していきたいと思います。

 

●そばかすの原因とは?
●化粧品で消えるの?
●そばかすを隠すメイク法とは?
●上手に隠して、どんどん外に

 

お手軽にメイクで隠す事が出来たら、悩みも軽減されて、外出が今まで以上に楽しくなりますもんね!

 

SPONSORED LINK

 

そばかすの原因とは?

まず、そばかすというのはどういうものか?気になるけど、私のこれはそばかすなの?という方も居るかと思いますので、簡単に説明しますね。

 

そばかすとは、

目元周りや頬の上部に散らばるように出来る、小さい茶色の斑点の事

です。

 

freckle_005

 

なんとこのそばかす、春から夏に掛けて、色が濃くなってしまうという特徴があるんだとか!

 

知っている方も多いかも知れませんが、私は今回そばかすについて調べて初めて知りましたので、なかなか衝撃的でした。

 

 

では、このそばかす、どうして出来てしまうのでしょうか?

 

そもそもそばかすって、先天的なもの後天的なものがあり、遺伝的な要素もあるようですので、そばかすの多い家系ですと、自分もそばかすが出てしまう可能性があるんですね。

 

そして先天的なそばかすは思春期に出来るもので、思春期を過ぎると消えるものが多いんだとか。

 

後天的なそばかすは大人になってから出来るもので、これは一度出来てしまうと、消える事が殆どなく、歳を重ねるごとに濃く目立ちやすくなってしまうそうです。

 

次に肝心の原因はといいますと、そばかすは、一般的に、紫外線によるもの、お肌に良くないスキンケア・洗顔方法、お肌に合わない化粧品の使用、過度のストレス、ビタミン・ミネラル不足、睡眠不足などが原因といわれています。

 

そばかすを消す方法と、できる原因は何かを調べてみました。

 

また、先ほどもあげましたように、そばかすのできやすい体質もあるようで、家系にそばかすの方が多いと、そばかすができやすい体質である可能性が高いようです。

 

様々な原因がありますので、今はなくとも、誰しもそばかすに悩まされる可能性を秘めていると言えますね?

 

<シミ・ソバカスって何でできるの?原因・予防・対策について>

 

化粧品で消えるの?

シミやそばかす、なんと化粧品に含まれる美容成分で、薄くしたり消したり出来るものなんだとか。その為には、安全性を確保しながらも、本当に効果的な成分を含んだ化粧品を使用する事が大切ですよね。

 

そこで、シミやそばかすに有効に働く効果的な成分とはなにかと言うと、

ビタミンC誘導体
ハイドロキノン
エスクレシド
アルブチン

以上の4つです。

 

上記の4つの成分は、多くの美白化粧品に含まれているようですが、特にシミやそばかすに効果が期待できるものが、【ハイドロキノン】という成分です。

 

SPONSORED LINK

 

ハイドロキノンとは、とても美白効果の高い成分なんだそうです。ですがよくある話ですが、効果が高いものは、それだけ安全面でも不安があるものがおおいようで、ハイドロキノンも例外ではありません。

 

選ぶ際には、その安全性に関しても、十分注意して選んでください。安全性の高いものも、ちゃんと販売されているようですので!

 

freckle_002

 

そばかすを隠すメイク法とは?

続いてはそばかすを隠すメイク方法です。これがお手軽ですので、一番取りやすい対策ですよね。

 

シミやそばかすなどを目立たなくする為の強い味方は、やっぱりコンシーラーですよね。そこでコンシーラーを使って、そばかすを隠す為のメイクの仕方をご紹介します。

 

freckle_006

 

コンシーラーにはスティックタイプ・リキッドタイプ・パレットタイプ・ペンシルタイプ・パウダータイプ・チューブタイプなどなどさまざまなタイプがあり、一般的にはスティックタイプが万能型といわれていますが、用途や肌色に合ったお気に入りを探してみてくださいね。

 

パウダー系のファンデーションの場合

1) スキンケア後、化粧下地を塗る

 

2) コンシーラーを使用する

指か筆にとり、隠したいそばかすよりも一回り大きく塗る

 

3) コンシーラーをなじませる

コンシーラーの周りを指でとんとんと優しくぼかす

 

4) ファンデーションを全体に塗る

コンシーラーを使用した部分に、最初は筆かスポンジで、 軽く押えるようにファンデーションを乗せ、全体に塗ると綺麗に仕上がる

 

freckle_003

 

リキッド系ファンデーションの場合

1) ファンデーションを塗る

 

2) コンシーラーを使用する

指か筆にとり、隠したいそばかすよりも一回り大きく塗る

 

3) コンシーラーをなじませる

コンシーラーの周りを指でとんとんと優しくぼかす

 

4) カバーできているかを確認

 

5) パウダーで仕上げる

最後の仕上げに筆かパフでパウダーを乗せる

 

こちらの動画でもそばかすメイクを分かりやすく紹介していますので、参考になさってみてくださいね。

 

 

上手に隠して、どんどん外に

そばかすの出来やすさには、遺伝的な要因まであるのですね?そして原因となるものが沢山ありますので、今は悩まれていない方も、いつそばかすに悩まされるとも知れません。

 

出来て困ってしまう前に、色々と知っておくのも大事な事かも知れませんよね!

 

【関連記事】

顔のシミを消す方法。できる原因は?男性、女性のシミの落とし方

 

メイクなどで手軽に隠す事も出来るようですので、上手に隠して、どんどん外に出て楽しんで頂きたいと思います。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

くる病とは?原因について。大人と子供の症状とは?治療法と薬

最近、乳幼児の間で「くる病」が増加傾向にあるようです。 この「くる病」は、栄養が慢性的に不

記事を読む

顔のしわの原因と対策法は?伸ばし、マッサージ体操でシワを予防

人と会うと一番最初に目につくのが顔。なのに、話したり笑ったりと、表情を動かすことから、しわができやす

記事を読む

花粉症の目薬で市販薬の選び方。コンタクトをしている際の注意点

つらい花粉症の季節。鼻の症状はもちろんですが、目のかゆみも辛いものですよね。病院で目薬を処方して貰う

記事を読む

蚊取り線香の効果とは?赤ちゃんや妊婦に害が心配。犬や猫には?

夏の風物詩といえば蚊取り線香ですね。窓を開けて寝るような季節になってきたら、蚊取り線香を使い出すご家

記事を読む

花粉症の治療。舌下免疫療法とレーザーの費用。東京ほか病院おすすめ

花粉の季節になると、鼻水やくしゃみ・咳、目のカユミなどの症状に日本人の約3割が悩まされるそうです。&

記事を読む

ほうれい線を消すには?マッサージからメイク等。整形しない対策法

お肌の悩みがつきない中でも、特に気になるのはほうれい線ではないでしょうか? あれが目立つと

記事を読む

ネギの栄養とすごい効能!白と緑の部分で違う?食べ過ぎは体に悪い?

日本人になじみの深いネギ。脇役なイメージですが、色々な料理の引き立て役として昔から使われて来ました。

記事を読む

赤ちゃんが風邪の時のお風呂はいつから?何日入れない?微熱の場合

赤ちゃんはデリケートですので、入浴はとても気を使うものです。特に赤ちゃんが風邪を引いた時の入浴は、ど

記事を読む

過呼吸の原因と症状。パニック障害との違い。対処、処置方法は?

極度の緊張や不安、また、精神的なショックを受けた時に呼吸が浅く速くなり、死を感じるほど息苦しくなる過

記事を読む

ほうれい線の原因。骨格や筋肉で肌への影響。片側だけの原因は?

女性の肌の悩みはつきないもの。年を重ねれば重ねる程、悩みは増えて来てしまいますよね?特に加齢で一番目

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑