*

赤ちゃんの鼻づまり原因は? 新生児で夜中、眠れないときの解消法

赤ちゃんの鼻がつまっていて、常にフガフガと呼吸が苦しそうだと心配になりますよね。特に鼻づまりのせいでおっぱいが飲みにくかったり、夜眠れなかったり、機嫌が悪く泣いてしまったりしているとなおさらです。

 

ただ、赤ちゃんの鼻づまりは、全然珍しいものではなく、とても良くあることなんですよ。そこで今回は、

 

●赤ちゃんの鼻づまりの原因
●鼻づまりの時の対処は?
●鼻づまりは耳鼻科がいいの?

 

といった内容で、赤ちゃんの鼻づまりの原因と対策についてご紹介していきます。

 

SPONSORED LINK

 

赤ちゃんの鼻づまりの原因

赤ちゃんの鼻づまりの主な原因は、赤ちゃんの鼻の構造そのものにあります。

 

赤ちゃんの鼻は大人に比べてずっと小さいために、鼻腔内が狭く、また少しの量の鼻水でもすぐにつまってしまいますし、溜まった鼻水が排出しにくくなっています。

 

そのような仕組みであるにも関わらず、鼻水の分泌量は大人並みといわれています。ですので、赤ちゃんの鼻は大人に比べて鼻づまりを起こしやすい構造になっているのです。

 

baby_stuffy_nose_001

 

また、赤ちゃんの鼻の粘膜は非常に敏感ですから、ちょっとした気温の変化や空気の乾燥によっても、鼻がつまりやすくなってしまいます。

 

この他にも赤ちゃんの鼻がつまる原因としては、風邪やウイルス、埃や花粉によるアレルギーも考えられますが、やはり一番の原因は、赤ちゃんの鼻が小さいという構造的な問題にあります。

 

ですから、しょっちゅう鼻づまりを起こしていた子でも、1歳を過ぎて少しずつ鼻が大きくなってくると、鼻づまりがよくなったということはよくあることです。

 

赤ちゃんの鼻づまり原因を調べて対応してあげて下さい。

 

鼻づまりの時の対処は?

赤ちゃんの鼻づまりは次第に良くなってくるとはいえ、苦しそうにしているのを見ると何とかしてあげたいと思いますよね。ここからは、赤ちゃんが鼻づまりをしてしまった時の対処法についてご紹介します。

 

加湿器を使う

赤ちゃんの鼻の粘膜は非常に敏感ですから、湿度が低くなると鼻づまりを起こしやすくなってしまいます。

 

また、すでに鼻の奥にゴミがつまって鼻づまりを起こしていた場合でも、加湿をすることで柔らかくなり、かきだしやすくなります。加えて、部屋の湿度を適度に保っておけば風邪の予防にもなります。

 

特に冬など乾燥が気になる季節には、赤ちゃんのためにも加湿器の使用を考えてみてはいかがでしょうか。

 

baby_stuffy_nose_002

 

綿棒で取り出す

赤ちゃんは自分では鼻につまった鼻水や埃などのゴミを出すことは出来ません。また、そのようなゴミが塊になって、鼻腔内をふさいだり、固くなって鼻の中にこびりついてしまうこともよくあります。

 

そのような目に見える範囲の鼻に溜まったゴミを綿棒などで取り出してあげることで、鼻の通りが良くなって呼吸がラクになることもあります。

 

ただ、この時に指で取りだそうとすると爪で引っかいてしまって傷や炎症を起こす原因にもなりかねませんから、綿棒で優しく取り出してあげましょう。

 

baby_stuffy_nose_003

 

大人用の綿棒では太すぎて、逆にゴミを鼻の奥に押し込んでしまうような場合は、赤ちゃん用の細い綿棒も売られていますから、赤ちゃんの鼻のサイズに合わせて使ってみて下さい。

 

SPONSORED LINK

 

鼻水吸引器を使う

昔は、お母さんが赤ちゃんの鼻に口をつけて吸い出していたこともあるようですが、口にはたくさんの雑菌がいますから、赤ちゃんの鼻に口をつけることで、赤ちゃんに菌が移り炎症などを引き起こす可能性もあるため、現在では推奨されていません。

 

赤ちゃんが鼻水が溜まって苦しそうにしていたら、市販されている鼻水吸引器を使用して鼻水を取り出してあげましょう。

 

ただし、1日に何度も行うと鼻の粘膜を傷つけてしまいますし、強いパワーで吸いすぎてしまっても、鼻の粘膜を傷つけてしまいます。パワーを調節し、使用回数を気にしながら使用してみてくださいね。

 

 

鼻づまりは耳鼻科がいいの?

鼻づまりが少し気になる程度であれば、普段かかっている小児科の医師に相談してみてください。

 

ただ、赤ちゃんが酷い鼻づまりを起こして口呼吸になっていたり、黄色や緑色の鼻水が出ていたり、湿った咳をしているような場合は、副鼻腔炎を起こしている可能性があります。

 

また、サラサラした鼻水がずっと出てくる場合は、アレルギー性鼻炎になっている可能性もありますから、そういう時は耳鼻科に行ってしっかりと鼻の中まで診てもらうようにしてください。

 

baby_stuffy_nose_004

 

いかがでしたでしょうか。赤ちゃんの鼻づまりと一口に言っても、その原因はたくさんあります。鼻で息が出来ず口呼吸になってしまうとよだれが増えて、まだ肌の弱い赤ちゃんは、よだれでかぶれてしまうこともあります。

 

【関連記事】

赤ちゃんの熱が出た時の対処法。お風呂は入る?病院に行く目安

加湿器のおすすめはどれ?手入れ簡単なメーカー。寝室や気化式なら?

 

赤ちゃんの様子をしっかりと観察して、適切な対処をとってあげるようにしてくださいね。

 

SPONSORED LINK

関連記事

幼稚園、小学校の謝恩会。挨拶で伝える言葉。スピーチの例文

3月の卒業シーズン、お子様の卒業式を無事終えた後は、謝恩会も開かれることと思います。 謝恩

記事を読む

風邪を予防する食べ物。ひかない食事レシピとは?ビタミンCの効果

寒い冬の季節だけでなく夏も疲れがたまると、風邪をひきやすくなりますね。 風邪予防には、何が

記事を読む

暑気払いの時期と意味。案内文の文例。乾杯の挨拶や締めの言葉

寒暖の差が激しい今日この頃ですが、夏が日に日に近づいているのが、 外の木々や空気でも感じられるよう

記事を読む

あせもに効く薬とは?赤ちゃんと大人の対策。原因と症状の治し方

桜の時期もすっかり終わり、青葉が揺れる良い季節になりましたね。お散歩やお出かけが楽しい陽気でもありま

記事を読む

日本脳炎の予防接種。副作用の症状とリスクは?間隔と時期まとめ

2005年のニュースで、古いタイプの日本脳炎ワクチンによって重篤な副反応が出た可能性がある症例が紹介

記事を読む

佐野厄除け大師で初詣。大晦日と正月の混雑状況。営業時間はいつまで?

佐野厄除け大師は、関東では初詣や厄除けや方位除けなどで知られる関東三大師の一つです。他には青柳大師、

記事を読む

新宿御苑の紅葉2016見頃の時期と秋デートコース。見所と混雑状況

都内で紅葉を楽しめるデートスポットをお探しであれば、新宿御苑(しんじゅくぎょえん)がおススメです。秋

記事を読む

喪中の寒中見舞いはどうしたらいい?送る時期はいつ?

寒中見舞いは、喪中時に年賀状の代わりとして送られる方が多いかと思いますが、元々の用途は厳寒期に相手の

記事を読む

紫外線対策に有効な服装、色とは?防止グッズと予防の食べ物とは

日焼け対策は「太陽の下にいない」が一番。分かっていも、夏は海に行きたいし、色々なレジャーを楽しめる季

記事を読む

寒中見舞いはいつからいつまでの時期か?書き方の文例

年賀状を出しそびれてしまった方に寒中見舞いを出したという方や、喪中時の年賀状の代わりに寒中見舞いを出

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑