*

紫外線対策に有効な服装、色とは?防止グッズと予防の食べ物とは

日焼け対策は「太陽の下にいない」が一番。分かっていも、夏は海に行きたいし、色々なレジャーを楽しめる季節でもありますよね?そんな時、役に立つのが日焼け対策グッズ

 

これを使う事で、外に出なければないらない用事があっても、対策が取れますよね。また、食べる事で日焼けを軽減出来る食べ物なんかもあるようです。

 

●紫外線対策に有効な服装とは?
●色はどんなものがいいか?
●その他の紫外線対策グッズ
●日焼けを防止する食べ物とは?
●組み合わせて取り入れて

 

そこで今回は、日焼け対策グッズのご紹介をしたいと思います。こんな服装がいいとか、色はこういうものがいいとか、更にはこういうものを食べると軽減されるよ…なんてものまで!

 

SPONSORED LINK

 

紫外線対策に有効な服装とは?

紫外線対策というと、まず日焼け止めなんかが思い浮かびますよね?そして意外と忘れがちなのが

 

紫外線対策って、洋服でも出来るものなんですよね。

 

よく長袖を着て、肌を出さないようにすると、日焼け対策になると聞きますが、服自体にUVカットの加工がされていないものでは、紫外線を通してしまうんですよね。

 

暑い最中、せっかく長袖で頑張ったとしても、これでは勿体無いですよね。

 

そこで登場するのが、UVカット加工の服です。最近では色々なものが販売されていますよね?半袖を着ている上に羽織れるパーカーなんかも、UVカット加工な上に、涼しくさらっとした着心地だったりと。

 

見た目も普通に可愛いパーカーなどが沢山販売されているようですので、レジャーを楽しみたい方は、こういったものを用意して、日焼け対策を万全にしてください。

 

紫外線対策に有効な服装や色とはどんなものでしょう。

 

また、お気に入りの服を着たいのに、それはUV加工されてないけどどうしたら?と、悩んで居る方は、UVカットのスプレーなどはいかがてしょうか?

 

服の上からスプレーする事で、80%くらいはカットされるんだとか。

 

通気性を損なう事などもないようですので、暑い季節も着心地を悪くしてしまう心配もなく、紫外線対策が出来ますね。

 

<[東京トレンド] 紫外線対策グッズ>

 

色はどんなものがいいか?

紫外線対策に効果のある色って、以前は黒がいい!…と良く言われていましたよね?

 

もちろん黒がいいという情報に間違いはありません

 

でも私は黒は苦手なの…とか、部屋で猫と暮らしているから、黒い服だと猫の毛が目立つ…などなど、黒じゃない服を着たいという方も多いですよね?

 

SPONSORED LINK

 

そんな方も心配ありません。UV加工されたお洋服って、別に黒しかない訳ではないのです。

 

白やピンクなど、様々な色がありますので、加工が施されているものでしたら、どの色を選んでも紫外線対策はバッチリという訳です。

 

そんな訳で、先ほどお話したスプレーを使用する場合も、別に黒を選んでスプレーしないといけないという事ではなく、好きな色の服にスプレーして出かける事が出来ますね。

 

 8178463542_90e9b20c3d_m

 

その他の紫外線対策グッズ

その他服以外の紫外線対策グッズをご紹介したいと思います。定番中の定番ですが、【日焼け止め】。最近はスプレータイプのものがさらっとしていて人気がありますね。

 

肌だけでなく、髪の毛の日焼けってしてしまいますよね?

 

スプレータイプでしたら、髪にも安心してスプレー出来てしまうので、日焼け止めの活躍の場が一気に広がります。

 

また虫除け効果のあるもの、ひんやりとしたつけ無心地のものなど、ただ日焼け対策をするだけでなく、+αなものが人気のようです。

 

香りがついている…というだけでも、なんとなくつけた時に、楽しい気持ちになりますからね。

 

こちらも定番ですが【サングラス】。目も日焼けをしてしまいますし、何より夏の日差しは眩しいですからね。サングラスをかける事で目を日焼けから守る事が出来ます

 

でもサングラスは似合わない…という方は、【UVカットのメガネ】なんてものもありますので、そちらはいかがでしょうか?

 

サングラスに抵抗があっても、メガネなら使える方もいると思います。

 

そして【帽子】。

 

こちらも服同様に、UVカットの加工が施されているものが、沢山販売されているようですので、今まで以上の効果を期待できるのではないでしょうか?

 

日焼けを防止する食べ物とは?

食べ物でも紫外線対策が取れるって知ってましたか?

 

日焼け止めは汗で落ちてしまうとか、プールに入ったら落ちてしまう…なんてものもありますよね?

 

食べる日焼け止め…なんていうと大げさではありますが、日焼けを軽減する効果があるようです。

 

でも、あくまで軽減してくれるのであって、それらを食べているから、何時間外に居ても日に焼けない!…なんて事はありませんので、通常の日焼け止めと並行して、体内からも日焼け対策を!という感覚で摂取されるのがオススメです。

 

トマトおよび赤い果物

トマトは加熱して食べるとリコピンが増えるそうで、トマトペーストをスプーンで数杯食べるだけでも効果があるとか。

 

さつまいも

トマトのリコピン同様、さつまいもには日焼け対策効果のある、βカロチンが含まれているそうです。

 

ブロッコリーなど緑の野菜

緑の野菜は日焼け防止効果や、日焼けした肌を修復する作用もあるそうです。

 

また、ブロッコリーに含まれるブロッコリースプラウトには、皮膚がん予防に効果があるとされているスルフォラファンが、多く含まれているのでオススメです!

 

 uvprotectiongoods_004

 

組み合わせて取り入れて

いかがでしたか?最近では、UV加工の服が沢山出ている事から、おしゃれさを損なう事なく、紫外線対策をする事が出来ますよね。

 

日焼け止めも付加価値がついて、種類が増えているので、自分にあうものを選びやすいですよね。

 

【関連記事】

サングラスの選び方。女性に似合うものは?種類や形で見つけよう!

紫外線アレルギーの症状とは?顔のかゆみの原因。対策と治療法

 

更には体内から紫外線対策が出来る食べ物まであるという事で、色々と組み合わせて取り入れて、紫外線の強い季節ですが、レジャーも楽しんでみてください。

 

春から夏はレジャーが楽しい季節ですからね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

謹賀新年の意味。目上の方に失礼?いつまで使える?賀正と迎春の違い

皆さん、年賀状の準備は始めていますか?毎年、どんなデザインにするか悩みますよね。私は年賀状を家で作っ

記事を読む

老け顔の男の特徴と原因は?似合う髪形など改善して若返りしよう!

最近は男性もお肌のお手入れをしたり、エステへ行ったりとずいぶん見た目に気を遣うようになってきましたね

記事を読む

箕郷梅林みさと梅まつり2017年の開花状況。場所とアクセス方法

花見といえば桜ですが、たまには気分を変えて梅の花でお花見なんていかがでしょうか。  

記事を読む

引越し手続きで慌てないためにチェックリストで確認!やること一覧

引越し。この言葉ほど言うのが簡単で、行うのがとても難しい言葉の一つだと思います。引っ越しが難しい?と

記事を読む

スポーツの秋といわれる理由はなぜ?由来とは。英語で言う場合

秋はスポーツの秋とも言われていますよね。私の地元の運動会も秋に毎年開催されております。 学

記事を読む

土浦花火大会の2016穴場スポット。桟敷席の倍率と場所取りのコツ

打ち上げ花火って、どうしてあんなにドキドキワクワクするのでしょう。見ていると飛び跳ねたくなるくらい夢

記事を読む

七五三のお祝いのお返し。品物選びと相場のマナー。のしの書き方

七五三は、天和元年11月15日(1681年12月24日)に子供の成長を祝って江戸時代から始まった行事

記事を読む

小学校の卒業式で母親の服装。スーツ選びとマナーは?着こなしの画像

三月になり、小学校6年生のお子さんのいるご家庭では卒業式というイベントが待ち構えています。その後には

記事を読む

忘年会の乾杯で挨拶を頼まれた時は?例文はこれ!

一年もあと少し。段々日が暮れるのが早くなって、そろそろ忘年会の時期になってきました。忘年会、単に参加

記事を読む

寒の入りとはいつからなのか?2017年の大寒はいつ?

寒さが厳しくなってくるとよく聞かれる「寒の入り」という言葉、皆さんはきちんと説明できるでしょうか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑