*

初詣に行きたい東京の穴場神社。混雑なしでお参りしよう

東京で初詣に行きたいけれど、どこもかしこも混雑していそうで、気が進まない!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回はそんな方のために、

 

●おすすめ1. 増上寺
●おすすめ2. 西新井大師
●おすすめ3. 柴又帝釈天
●おすすめ4. 陽運寺

 

といった内容で、東京都内の穴場神社のご紹介をしていきたいと思います。人混みが苦手で初詣に行くのを躊躇われている方は参考にしてみてください。

 

SPONSORED LINK

 

東京の穴場の神社。おすすめ1. 増上寺

増上寺は徳川家の母体寺として知られており、大晦日から元旦の18時までは随時大殿本堂にお参りすることが出来、2日以降は6時から17時まで参拝が可能となっています。

 

また、元旦から3日の9時から17時は境内に札所や露店が出店するほか、お守りとおみくじの販売が行われています。

 

増上寺
住所:東京都港区芝公園4-7-35
電話:03-3432-1431
 

 

以前は毎年新年に向けてカウントダウンイベントが行われていましたが、2014年に中止となり、以降行われておりませんので、そこまでの混雑はないと思われます。

 

そうはいっても、年末年始の日付が変わる時間帯は混雑しますし、付近の駐車場も満車の可能性が高いです。

 

混雑を避けたい場合は、元旦の早朝から10時くらいを狙ってお参りにいきましょう。

 

初詣で東京の神社に行く際は、混雑しない穴場のお寺がおすすめですよ。
 

おすすめ2. 西新井大師

西新井大師は弘法大師ゆかりのお寺で、1000年の歴史を持つ由緒正しいお寺です。真言宗豊山派の寺院で、「関東厄除け三大師」にも数えられています。

 

西新井大師
住所:東京都足立区西新井1-15-1
電話:03-3890-2345
 

 

初詣期間中はもちろん混雑はするのですが、他の大混雑する神社などと比べると本堂が広いため、比較的あっさり初詣を済ますことが出来ると思います。

 

ただ、お正月期間中(元旦から2月3日まで)は人出が多いですので、車で行くのは避けて公共交通機関を利用するようにした方が無難です。

 

 

また、ここの寺院の参道は100mほどと短いのですが、おせんべい屋さんやお団子屋さんを始めとしたお店があります。そういったお店巡りも楽しむことが出来ますよ。

 

特に参道を出てすぐの所にあるお煎餅の浅香屋さんは、弘法大師が開いた西新井大師の門前町に江戸時代からある老舗のお店です。とても雰囲気のあるお店ですので、オススメの買い物スポットです。

 

 2

 

東京の穴場神社。おすすめ3. 柴又帝釈天

柴又帝釈天といえば、「男はつらいよ」の寅さんの舞台となったことで有名な場所ですね。駅前には寅さんの銅像もあります。

 

柴又帝釈天
住所:東京都葛飾区柴又7-10-3
電話:03-3657-2886
1237658ab54c93d70d3095b91fc1c9dc_s
 

 

初詣期間中は、柴又駅から柴又帝釈天に繋がる道にお土産物屋さんや屋台が出ており、とても賑やかな雰囲気を味わえます。

 

やはり、大晦日から元旦にかけては混雑してしまいます。極力人混みを避けたい方はこの時期を避けるのが無難ですが、2日以降は比較的空いてきますよ

 

SPONSORED LINK

 

また例年、4日以降になると通常の休日と同じくらいの人出になりますので、有名なわりに参拝のしやすい初詣の穴場スポットです。

 

ただ屋台は三が日で終わってしまいますので、参道のお土産屋さんだけではなく屋台も楽しみたいという方は2日または3日に参拝に行かれることをオススメします。

 

 

おすすめ4. 陽運寺

陽運寺は、「東海道四谷怪談」で有名なお岩様をお祀りしていることでも有名な寺院です。

 

本堂にお岩様の木造が安置されていることや、お岩様ゆかりの井戸があることから「於岩稲荷」とも呼ばれています。

 

陽運寺
住所:東京都新宿区左門町18
電話:03-3351-4812
 

 

お岩様をお祀りしていることで怖い印象を持たれるかもしれませんが、悪縁を除き、良縁を招く縁結びに多大なご利益がある寺院でもあります。

 

110530

 

ただ、やはりお岩様の怖いイメージが強いようで絵馬に書かれる内容には、「○○君と⬜︎⬜︎さんが別れますように」などの内容が書かれることも多いようです。

 

都内で一番小さな寺院といわれていますが、ちょっと変わったところで初詣をしたいという方にはオススメの穴場スポットではないでしょうか。

 

oiwainari_001

 

また、寺院内には心願成就の石というものがあり、中央に穴の開いた石の中に願いを込めて、叶玉という石を投げ入れると願いが叶うという場所もあります。

 

一風変わった寺院ではありますが、初詣デートとしても一押しのスポットですので、初詣の場所に悩んだ時には選択肢の一つに入れてみてくださいね。

 

【関連記事】

初詣で行きたい東京の神社。デートプランとおすすめコース

 

さて、最後にちらりと触れました初詣デート。上記記事ではそんな初詣デートにおススメの東京神社について詳しくまとめています。是非とも合わせてチェックしてみてください。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

子供のクリスマスプレゼント2016!小学生の男の子人気ランキング

小学生の男の子をお持ちのお父さんお母さん。クリスマスプレゼントに何を買ってあげたらいいか毎年悩んでし

記事を読む

深大寺だるま市へ!2016年スケジュール。駐車場と混雑時間は?

江戸時代から続く、調布深大寺(じんだいじ)の風物詩であるだるま市。 以前はだるまや物品を売

記事を読む

年末年始の国内旅行。おすすめの格安温泉は?旅館で年越しならここ!

年末年始を旅館などで過ごしたいと思っている方も、いらっしゃると思います。日常の生活からちょっと離れて

記事を読む

冬至かぼちゃとゆず湯の由来。2016年はいつ?食べ物の風習の違い

一年のうちで、最も昼の時間が短い日を“冬至(とうじ)”と言います。 この冬至の日は、南瓜料

記事を読む

運動会お弁当のおかず。前日仕込み準備できる簡単メニューとは?

この時期になると、小学校では運動会が催されますね。 運動会といえば、何といっても、子どもたちの競技

記事を読む

喪中の初詣。神社の参拝がいけない理由。厄除けはできる?

そろそろ来年の事が気になる時期になりましたね。親族にご不幸があって、今年は正月行事をしないと言う方も

記事を読む

退職願・辞表の書き方。退職届との違いは?例文と理由の具体的例も

私たちが社会人として生活していく中で、季節や状況にあった「文書」を作成することは少なくありません。&

記事を読む

多摩川花火大会の打ち上げ場所。2016穴場スポットと場所取り時間

そろそろ夏服にシフトしだした今日この頃。口にするものも自然と冷たいものが増えだしていませんか?そんな

記事を読む

大倉山公園の梅まつり2017。梅林の開花状況と見どころは何?

まだまだ寒い日が続いていますが、そろそろ各地で梅まつりが始まるようです。寒さの中でも美しく花開く梅。

記事を読む

年越しそばの理由。時間はいつ食べる?タイミングはある?意味と由来

皆さん、大晦日に食べる年越しそばは何そばですか? 我が家はだいたい天ぷらそばですが、何年か

記事を読む

Comment

  1. ひろ より:

    陽運寺は戦後にできたお岩さんの家である田宮家とは何の関係も無いお寺です
    田宮家と本当にゆかりのあるのはそのお寺の向かい側にある300年以上の歴史のある「四谷於岩稲荷田宮神社」です
    宮司さんがお岩さんのご子孫です
    史実のお岩さんは怪談とは何の関係も無い傾いた家を建て直した賢妻の見本なような方で田宮家で崇敬されていた邸内の稲荷の祠が今の神社になっています.
    陽運寺は一切田宮家とは関係がないので間違えないようにしましょう

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑