*

結婚式の服装で男性のおしゃれ術。友人の式で着ていくスーツ選び

友人の結婚式に呼ばれたのは良いものの、どんな服装をしていったらよいのか分からない…。

 

高価なスーツを買う余裕もないけれど、浮いた格好で出席してしまって悪目立ちもしたくない。

 

●礼装で出席してもいいの?
●結婚式用に選びたいスーツとは?
●ネクタイ・シャツの選び方のコツは?
●靴下と靴はどんなものがいい?

 

そんな時のための参考に、今回は男性の結婚式の服装についてご紹介していきます。

 

SPONSORED LINK

 

礼装で出席してもいいの?

結婚式の招待状には、「平服で」と書かれていることも多いので、礼装を着ていっても良いのかと悩みがちですが、通常「平服で」と書かれている場合には略礼装を指していますので、間違えないようにしましょう。

 

基本的に、冠婚葬祭の服装には、正装、準礼装、略礼装の3パターンがあります。

 

結婚式に出席する男性の場合、通常は準礼装で出席することとなっています。

 

男性の準礼装では、ディレクターズスーツやブラックスーツを選ぶのが基本です。

 

ディレクターズスーツは、ブラックスーツよりもワンランク上の装いで、黒ジャケットにグレーのストライプ地のスラックスを合わせるのが一般的です。

 

親族としての立場だったり、主賓や上司として昼の結婚式に出席する場合はディレクターズスーツを着用することが多いです。

 

一方でブラックスーツとは、昼夜関係なく着ることが出来る準礼装です。

 

黒ジャケットに共布のスラックスを合わせるシンプルなスタイルが一般的です。

 

ちなみに黒いビジネススーツとブラックスーツ(礼服)の違いは、礼服の方が色に深い黒味がある点です。

 

結婚式に出席するなら、男性も服装のおしゃれを楽しみませんか?

 

結婚式用に選びたいスーツとは?

20〜30代の友人の結婚式に呼ばれている場合、そのゲストの8割方はブラックスーツを着用していると考えましょう。

 

ただ、男性の場合は、濃紺やダークグレーのダークスーツでも暗色であれば、まず浮くことはありません。

 

ですのでブラックスーツが無い場合は、ダークスーツでの代用も可能です。

 

SPONSORED LINK

 

ただし、白や白に近いグレー、茶色に黒のビジネススーツなどは避けましょう。また、スーツの柄も無地かシャドウストライプのものを。

 

はっきりしたストライプ柄は結婚式のような厳かな場にはふさわしくありませんので、気をつけるようにしてください。

 

また、20代30代であれば、ジャケットもダブルのものではなくひとつボタンのジャケットを選ぶのが一般的です。

 

ただ、友人の結婚式で、レストランウェディングなどのカジュアルな雰囲気で行われるパーティーであれば、ストライプ柄でも問題ないことがありますが、新郎より目立たないスーツを選ぶのがマナーです。

 

その場の雰囲気を考えて服装を選ぶようにしてくださいね。

 

<結婚式に着ていくスーツ>

 

ネクタイ・シャツの選び方のコツは?

ネクタイの色は披露宴から出席する場合であれば、光沢のある白やシルバーが無難です。

 

黒いネクタイは縁起が悪いので、たとえ柄が入っていてもNGです。

 

スーツに合っていれば、パステルカラーのネクタイや、ピンク、ライトブルーのネクタイでも問題ありません。

 

ただ、結婚式に参列する場合は、なるべく無地の質感の良いネクタイを選ぶようにしましょう。

 

それから、フォーマルシャツの基本は「白シャツ」です。

 

襟や袖、ボタンホールの形状など、シャツの種類は様々ありますが、きちんとアイロンのかかっていて清潔感のある白シャツであれば、特に問題はありません。

 

普段のビジネススーツに合わせている白シャツでもOKです。

 

また、カジュアル度の高い披露宴やパーティであれば、カラーシャツやストライプシャツでも問題ありません。

 

こちらもスーツと同様、式やゲストの雰囲気を考慮して選びたいですね。

 

wedding_mens_dresscode_002

 

靴下と靴はどんなものがいい?

フォーマルな場に履いていく場合、基本的には黒の紐付きのストレートチップのものを選びましょう。

 

くれぐれも普段の通勤に使用している靴を履いていかないように気をつけてください。

 

フォーマルシューズとして一足用意しておくと様々な場で使用することが出来ますから、持っていないという方はこれを機会に購入しても良いと思います。

 

また、靴下も基本は黒のドレスソックスです。

 

wedding_mens_dresscode_003

 

いかがでしたでしょうか。

 

【関連記事】

結婚式の服装マナー男性・女性編。アクセサリー他NGタブーまとめ

結婚式の服装。親族として式に参列する場合。男性、女性のマナー

 

初めて結婚式に招待されてしまった時など、どんな服装をしていくべきか悩むところではありますが、そこまで難しいものではありません。

 

今後のことを考えて、結婚式用の服装を一揃い揃えても良いかもしれませんね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

喪中の初詣。神社の参拝がいけない理由。厄除けはできる?

そろそろ来年の事が気になる時期になりましたね。親族にご不幸があって、今年は正月行事をしないと言う方も

記事を読む

年末の挨拶文例。お客様から友人まで使える年末のあいさつ

年末になるとご挨拶回りに忙しいもの。取引先やお客様、会社の上司へ今年一年のお付き合いや、お買い上げな

記事を読む

入学式に着ていく着物の色と種類。髪型は?髪飾りはおかしいの?

入学式シーズン。何を着て行ったらいいかしら?と、悩んでいるママさんたちも多いかと思います。 

記事を読む

年賀状の挨拶の文例ビジネス編。上司や取引先なら?一言や添え書き

ビジネス上お付き合いのある人に年賀状を書こうとすると、いつも挨拶文や添え書きに悩んでしまいます。&n

記事を読む

角館桜開花予想と桜まつり2018。見頃の時期は?駐車場と混雑状況

前回の記事では三春の滝桜をご紹介しました。日本三大桜の一つである三春の滝桜とそのほかの二つの桜以外に

記事を読む

浴衣に合う髪型と簡単アレンジ!ショート、ミディアム、ロングまとめ

浴衣を着るなら髪型もこだわりたいですよね。髪型を変えるだけで、人の印象ってガラッと変わるものです。せ

記事を読む

引越しの転出届はいつから出す?手続きに必要なものと書き方

引越しをするとなると役所への手続きなどをはじめ、電気・ガス・電話など各所に住所変更の手続きなど、しな

記事を読む

丸かぶり寿司2018年の方角は?美味しい食べ方とは?

丸かぶり寿司という名称は、関西圏の方であれば耳慣れた言葉かもしれませんが、それ以外の地域に住まわれて

記事を読む

夏バテの症状と原因。疲れ解消、対策と予防に効く食事や食材とは?

ポカポカとした陽気から、ギラギラとした痛い日差しへとかわりつつある今日この頃。去年ってこんなに暑くて

記事を読む

新入社員だけど歓迎会の挨拶は何を言えばいいの?文例とマナー

新社会人の皆さん、就職おめでとうございます。楽しかった学生時代に終わりを告げて、右も左もわからない会

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑