*

フローリングのカビの取り方。洗剤、掃除で綺麗に除去する方法は?

あれ?毎日掃除しているつもりなのに、この黒ずみって…前からあったもの?それとも…まさか、黒かび?!

 

そう思った事は無いですか?

 

フローリングや板の間にそのままお布団を敷きっぱなしにしているとお布団にもフローリングにもカビが生えてしまう。

 

そんな話を聞いた事があるのですが、このフローリングのカビ、そのままにしておくわけにはいきませんよね?

 

●フローリングのカビの取り方とは?
●カビ除去の掃除方法
●業者に補修してもらう方法
●カビ対策と予防について

 

今日は、そのしつこいフローリングのカビについてお話したいと思います!

 

SPONSORED LINK

 

フローリングのカビの取り方とは?

まず、大切なのはそのカビを取って、綺麗にする事

 

では、問題です。

 

Q:このカビを綺麗に取るには掃除機を使えば効果的である。

Yesだと思います? それとも、Noだと思います?

 

A:正解は、No

 

実はこういったカビ、いきなり掃除機で吸い込むと、目には見えない胞子が部屋中に散らばってしまうんです。

 

そうなってしまったら、どれだけ綺麗にしても、キリがないですよね…。

 

では、どうすればいいのか。

 

シンプルに拭きとってしまえばいいんです。

 

使用するのはフローリングワイパー等のフローリング専用のもの!雑巾では拭き取りきれないカビもキュッと取る事が出来るんです。

 

それでも取れないようなしつこいカビの場合は…徹底的に除去して、お掃除しちゃいましょう!

 

フローリングのカビの取り方を知って、綺麗に保ちましょう。

 

カビ除去の掃除方法

まず、カビのお掃除でやってはいけない事

 

1.お酢やお水をカビにまいて、拭いてしまう事。

これ、カビに栄養を与えてしまうので、逆効果なんです。

 

2.先程言った、掃除機で吸い込んでしまう事。
 
胞子が部屋中に散ってしまうので逆効果。

 

 

Q:じゃあ、どうすればいいの?

 

A:拭きとれないようなしつこいカビが相手の時、用意するものは無水エタノール溶液。

 

<用意するもの> 

・エタノール

・中性洗剤

・スプレーボトル

・拭き取る際のタオルや雑巾

 

エタノールの濃度は70~80%まで。(フローリングが色落ちしてしまう場合があるんです)

 

・エタノールを6:4の割合で水に薄め、カーテンに吹きつけます。

 

こうすることで、カーテンに付着したカビ菌を除去するんです。

 

SPONSORED LINK

 

何故?って思うかもしれませんが、せっかく床を綺麗にしても、カーテンにカビの胞子が付着していた場合、またすぐに同じ悩みを抱えてしまうかもしれませんし、カーテンにもカビが生えてしまう事もあるんです。

 

・住宅用の中性洗剤で汚れを浮かせて、水ぶき。

・乾いたら先程のエタノールでシュッシュっと床を消毒します。

 

基本のカビ除去は、カビを取る → 周囲を含めて綺麗にする → 消毒の流れになります。

 

removemold_02_002

 

業者に補修してもらう方法

また、カビって結構しつこいんです。

 

どう頑張っても取れない!!と言った場合はプロに相談したり、お任せする事をお勧めします。

 

それに、正直カビって触りたいものじゃないですしね…

 

removemold_02_003

 

カビ対策と予防について

そして、綺麗になった後、すぐにできるカビ対策、知りたくないですか??

 

Q:え?もう消毒したから問題ないんじゃないの?

A:いえいえ、ここからの対策、予防が肝心なんです。

 

まず、何故カビが生えてしまうのか。それは、カビが大好きなもの…湿気がこもってしまうから。

 

フローリングだけでなく、お布団にも湿気がこもってカビが生えちゃった!という方、いませんか?

 

湿気の除去が何よりも重要なんです。

 

removemold_02_004

 

なので、お部屋の除湿、乾燥をこまめにすること。具体的に言うと、お部屋の風通しをよくすること、ですね。

 

するのと、しないのとでは全然違うんです。換気は風邪予防などにも効果があったりとプラスになることが多いんです。

 

そして、先程使ったエタノールなどでシュッシュと消毒をすること。 アルコールの度数が高いので、拭きとらなくてもOKですよ!

 

 

いかがでしたか?

 

今日はフローリングについたカビの取り方、対策方法について話してみました!

 

【関連記事】

布団のカビ落とし方。マットレスのカビ除去。フローリングの予防対策

畳にカビが生えたらどう取り除く?掃除で簡単に除去できる方法

 

エタノールは怪我の消毒などで使うものなので、触っても害は無いので安心!お部屋の窓をあけて、気持ちいい風と一緒にカビをバイバイしちゃいましょう!

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

新年の挨拶はいつまで?ビジネスの例、メールの場合

お正月休みも終わり、会社で最初に行う仕事が新年のご挨拶回りという方も多いのではないでしょうか?あちこ

記事を読む

加湿器の効果とは?肌や喉の影響。風邪予防に効く?範囲と置き場所

冬が近づくと気になるのが空気の乾燥ですよね。肌もカサカサしてつっぱるし、湿度が下がってインフルエンザ

記事を読む

結婚式の受付へのお礼。相場はいくら?渡す袋はポチ袋でいい?

6月は結婚式も多い季節ですよね?ジューン・ブライドは、やっぱり女性の憧れですもんね。 そん

記事を読む

年賀状の書き方でビジネスの文例。上司や取引先。お客様への文面は?

今年も年賀状の季節がやって参りました。来年何年だったっけ?なんて声も聞こえてきそうですね。 

記事を読む

じゃばらの花粉症の効果は?ジュースやサプリメントで対策しよう

花粉症で長年お悩みの方は、何かいいものはないか?常に色々な対策情報にアンテナを張っているかと思います

記事を読む

とびひで有効な薬。市販薬は?症状と感染原因。大人にもうつるか?

とびひとは、細菌による感染症です。あせもや湿疹、傷などをかきむしって身体中に広がったことはありません

記事を読む

節分いわしの由来。食べる理由や意味。地域の違いやいつ食べるか?

節分の時期が近づいてきました。節分といえば、一般的に豆まきを連想されると思います。ですが、地域によっ

記事を読む

お盆に郵便局は営業してる?窓口配達について。ATMの振込は?

ゴールデンウィークも終わってしまい、社会人の皆さんの次の楽しみはお盆休みですね。お盆休みは帰省したり

記事を読む

上野公園の桜2016開花予想。いつ満開?お花見はいつまでOK?

春だなぁ・・・と感じるのは、何も体感温度だけではありません。桜を見ると「やっと本格的に春が来た!」と

記事を読む

初詣に行きたい東京の穴場神社。混雑なしでお参りしよう

東京で初詣に行きたいけれど、どこもかしこも混雑していそうで、気が進まない!という方もいらっしゃるので

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑