*

潮干狩りの服装と便利な持ち物とは?子供の格好はどうする?

春から初夏にかけての定番のレジャーの1つが潮干狩りですよね。

 

お子さんが居る家庭では、ゴールデンウィークなどの連休に出かけて家族みんなで楽しむということも多いのではないでしょうか。

 

●潮干狩りに最適な服装と格好
●必須の持ち物とあると便利なグッズ
●小さな子どもがいる場合は?

 

今回は潮干狩りの服装や、あると便利な持ち物などをご紹介していきます。

 

SPONSORED LINK

 

潮干狩りに最適な服装と格好

普段着のまま潮干狩りを行うとなると、動きにくかったり汚れてしまったりと、大変な目に遭います。

 

ここでは、潮干狩りに適した服装をご紹介します。

 

帽子

潮干狩りに行く時は、お天気の良い日を選んで行くことになると思います。海辺で長時間外に出て作業することになりますから、日射病予防のためにも必ず帽子は持って行くようにしましょう。

 

また、ゴムやひもが付いている帽子だと、風が吹いても飛ばされる心配がありませんので便利です。

 

 

長袖の上着

日焼け対策の1つですが、寒い時にちょっと羽織ったりすることも出来ますので、1枚あると便利に使うことが出来ます。

 

 

長靴

潮干狩りのポイントに行くまでに、貝殻や石などを踏んでしまって怪我をすることがあります。潮干狩りの時は靴を履かないという人でも、怪我防止のために一足持って行くようにしましょう。

 

また、長靴であれば多少のことでは濡れないので便利ですが、普通の靴でも大丈夫です。

 

 

ゴム手袋

手の日焼け防止や、砂が爪に入るのを防ぐことが出来ます。ただ、気にならない人はなくても問題ありません。

 

 

タオル

日焼け防止や汗対策のために首に巻いておくと、何かと役にたちます。

 

<横浜海の公園・潮干狩り達人01>

 

必須の持ち物とあると便利なグッズ

潮干狩りに行くなら必ず持っていきたいグッズをご紹介します。

 

必須アイテム

・熊手

砂を掘るための必須アイテムです。これがないと砂を掘ることが出来ません。先が尖っているものが掘りやすいのでオススメです。

 

 

・網などの、貝を入れるもの

捕った貝を入れるためのものです。あまり網目の細かすぎるものだと砂が落ちにくいですので、貝が落ちない程度の網目のものが使いやすいです。

 

 

・持ち帰り用の容器

貝を持ち帰る時は海水も一緒に入れて持ち帰ることになります。水が漏れない、蓋付きのバケツなどを用意するようにしましょう。

 

 

・着替え

潮干狩りの後は確実に水に濡れることになりますので、着替えは用意して行きましょう。

 

 

・飲み物や食べ物

外での作業になりますので、しっかりと水分補給出来るようにペットボトル飲料や水筒などを用意していきましょう。

 

また、小腹が減った時のためにちょっとしたお菓子などのつまめるものがあると便利です。お弁当を用意して、潮干狩りの後にみんなで食べるのも楽しいのでオススメです。

 

 

・ゴミ袋

自分で出したゴミは持ち帰るのがマナーですので、忘れないように。また、濡れた服を入れたりと、あると何かと役に立ちますので数枚用意しておきましょう。

 

SPONSORED LINK

 

あると便利なもの

・潮見表(潮汐表・潮位表)

潮干狩りは引き潮の時に行います。潮干狩りに行く予定の地域の潮見表があると、潮干狩りの最適な時間が分かりますのであると便利です。

 

 

・ざる

取った貝をいちいち網に入れるのは手間がかかりますので、ざるに入れて、ある程度溜まったところで洗うようにすると効率が良くなります。

 

 

・バネ秤

有料の場所では取った貝の重さで料金が変わりますから、あると大体の料金の目安が分かり便利です。また、貝を分ける時にも使えます。

 

 

・保冷剤

気温が高い日は貝が傷みやすくなりますので、用意しておきましょう。

 

1

 

小さな子どもがいる場合は?

小さな子どもがいる場合は、大人以上に日差し対策をしっかりするようにしてください。また、あると便利なオススメアイテムを紹介していきます。

 

1

 

・水着

子どもがしゃがんで貝を掘ると、パンツまでずぶ濡れになってしまうことがあります。最初から水着を着用していれば濡れても平気です。

 

・レインコート

濡れるのを防げますし、寒さを防ぐことも出来ますので便利に使えます。また、脱いで砂浜に置いても汚れを気にする必要がありません。

 

 

【関連記事】

浜名湖で潮干狩り2016。弁天島ほかおすすめ3選。無料スポットも!

二色浜の潮干狩り2016。干潮と採れる時間は?駐車場と混雑状況

 

いかがでしたでしょうか?しっかりと準備をして楽しい潮干狩りにしてくださいね!

 

SPONSORED LINK

関連記事

住吉大社で七五三。予約と混雑時期。祈祷料や写真衣装代は?

秋といえば、小さなお子さんを持つご家庭では、七五三詣の予定がある方もいらっしゃるのではないでしょうか

記事を読む

百草園の梅まつり2017。開花状況と見どころ。駐車場はある?

皆さんは、京王百草園(けいおうもぐさえん)をご存知でしょうか。新撰組副長の土方歳三や、六番隊長の井上

記事を読む

クリスマスは教会でミサ!東京や横浜。大阪や名古屋で礼拝おすすめ

今年もいよいよクリスマスシーズン到来です。 そこで今回はクリスマスを一味違った過ごし方をし

記事を読む

神宮花火大会2016のチケット入手方法。掲示板の活用。なしの場合

東京三大花火の一つ、神宮外苑花火大会。各会場で様々なイベントも催されるこの花火大会は、出来ればチケッ

記事を読む

奈良の東大寺二月堂お水取り2017。修二会の日程、時間はいつ?

修二会(しゅにえ)は、お水取り(おみずとり)とも呼ばれ、奈良県にある東大寺で毎年行われている不退の行

記事を読む

八戸えんぶり2017年の日程。みちのく五大雪まつりとは?

寒くてお家から出られない時程、いつか見たいイベントについて調べてしまう私なのですが、最近は、国の重要

記事を読む

秩父夜祭2016の日程。花火の穴場スポットはどこ?ツアーの申し込み方法

日本全国には、実にさまざまな祭りが存在します。そしてその数は、何と10万とも30万ともいわれています

記事を読む

鶴岡八幡宮の初詣。2017年の混雑状況と空いてる時間帯

鎌倉のシンボルとされる鶴岡八幡宮。その歴史は、鎌倉幕府を開いた源頼朝公が、由比ヶ浜辺の八幡宮を現在の

記事を読む

深大寺だるま市へ!2016年スケジュール。駐車場と混雑時間は?

江戸時代から続く、調布深大寺(じんだいじ)の風物詩であるだるま市。 以前はだるまや物品を売

記事を読む

刈和野の大綱引き2016。開催時間や駐車場。2015年の結果は?

寒い日々が続きますがいかがお過ごしですか?年が明けて、各地で様々なイベントが行われています!&nbs

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑