*

着物の着付け、男性の疑問。長襦袢・袴の着方、帯の結び方

タンスの中に着物はあるけれど、全く袖を通していないと言う男性も多いのではないでしょうか?男性の着付けは、思っているほど難しくはありません。そこで今回は、

 

●着物の着方
●着物のお手入れ
●たたみ方と保管方法

 

といったテーマでお届けしてまいります。ぜひ参考にして、男性の皆様も来年のお正月は着物を着て初詣に出かけてみませんか?

 

SPONSORED LINK

 

はじめに

着物の着付けは、大きく分けると以下の4種類あります

 

●長着(着物の正式名称です)のみ
●長着+袴
●長着+羽織
●長着+羽織+袴

 

それぞれご自分のお好みや体型などに合わせてご用意ください。

 

着物の着付け、男性の疑問。長襦袢・袴の着方、帯の結び方

 

<長着以外に必要な和装小物>

 

●肌着、ステテコ

長襦袢の下に着用します。防寒の他、汗から着物を守ります

 

●長襦袢

長着の下、肌着の上に着用します。襟元が少し見える為長着に合わせてご用意下さい

 

●腰紐

長襦袢を固定するのに使用します。

 

06ec9d80d4128d90b67c108e5c3160a1_s

 

●足袋

 

●男〆(腰紐でも可)

男〆は帯締前の腰紐替わりに使います。ゴム製で伸縮性があるため、着崩れし難く苦しくありません。なければ腰紐でも代用出来ます

 

●帯や履物など

 

参考:男性用和装小物の使い方

 

着物の着方

●1 長襦袢を着る
 
(1)肌着とステテコを着る
肌着はVネックのものを選んでください。
 
(2)足袋も最初に履いてしまいます
着物を着た後では履きにくいです。
 
(3)長襦袢を羽織ります
背縫い部分が中心にくる様に調整し、左が上になるように襟元をあわせます。
この襟元の合わせは、絶対に間違わない様にしましょう。
 
(4)腰紐で固定し、シワを伸ばして整えます

 

襦袢は長襦袢以外に、半襦袢やTシャツタイプの襦袢など様々なタイプがあります。

 

参考:襦袢の着方

 

●2 長着(着物の正式名称)を着る
 
(1)長着に袖を通します
長襦袢の袖も長着の袖に綺麗に入れて下さい。
 
(2)背縫い部分が中心にくる様に調整し、左が上になるように襟元を合わせます
 
(3)左手で腰下に向けて着物の膨らみを払って空気を抜きます
 
(4)男〆もしくは腰紐で固定しシワを伸ばします

 

参考:長着の着方

 

●3 帯を締める
※帯の締め方はいろいろありますが、代表的な結び方の「貝の口」について紹介します。
 
<貝の口の結び方>
(1)右手側を20cm程度残し、左手に持った帯を腰に巻きます
 
(2)右手側の20cm程度残した帯を、太さが半分になるように折ります。
 
(3)右手を上にして2回ほど巻きつけます
一巻きごとにしっかり巻きつけましょう。
 
(4)余った帯の裏同士を合わせ、長さが半分になるように折ります
 
(5)左手の帯を上から右側の帯にくぐらせしっかりと結びます
右側の帯を下方向に引っ張ると、きつく締められます。
 
(6)下へ出た帯(右側にあった細い方)を右上に折り曲げます
 
(7)太い方の帯を6で折り曲げた細い帯の下をくぐらせ、締め結びは完成です
 
(8)結び目を右回りに背後まで回します
左に回してしまうと着崩れてしまいます。
 
(9)最後に帯の前をグッと下げると程よい締め心地になります

 

言葉で見ると難しく感じますが、慣れれば簡単です。

 

参考:貝の口の結び方

 

もっと気軽に着たいと言う方には作り帯と呼ばれる、予め結び目ができている帯がお勧めです

 

マジックベルトで留めるだけなので簡単な上、デザインも豊富に用意されているので長着に合わせてご用意下さい。ただ、若干緩み易いので途中で締め直す必要があります

 

SPONSORED LINK

 

着物のお手入れ

(1)着物を着た後は必ずハンガーにかけて、風通しの良いところで陰干しする
(2)衿、袖、裾など全体にシミや汚れがないかチェックする
(3)あて布をしてアイロンをかけ、シワをとる

 

生地によっては温度やスチームで金箔などを痛める事があるので良く確認して下さい。帯も同様です。

 

万が一、シミや汚れを見つけた時は早めに専門店に相談しましょう。

 

kimono_mens_001

 

たたみ方と保管方法

ゴザ又はたとう紙の上でたたみます

 

肩を左に持って脇、衽、背袖付の縫い目にそって折り、大きくたたみましょう。紋、模様、金、銀、箔、刺繍のところは紙を当てて下さい

 

b0e24ac06cfeeded1d4aeb71370ab44b_s

 

少なくても年二回、7月中旬から8月頃と2月の初め頃の晴天の日を選んで、陰干しをしましょう。着物を長持ちさせるには風を通して湿気を取ることが大切です。

 

昔の様に着物用の桐タンスに保管出来れば一番ですが、無い場合でも陰干しをきちんと行うことで、大事な着物を虫食いなどから守ることができますよ。

 

参考:着物のたたみ方

 

いかがだったでしょうか?帯の結び方が一番のネックかも知れませんが、何度か練習すればすぐにマスター出来ると思います。

 

着付けをするときは、出来れば全身が映る鏡の前で背後もチェックしながら着ると上手く行きますよ。是非チャレンジしてみてください。

 

【関連記事】

成人式の振袖、レンタル料の相場は?間違いない選び方とコツ

 

こちらの記事では、成人式での女性の振袖について詳しくまとめていますので、チェックしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

節分いわしの由来。食べる理由や意味。地域の違いやいつ食べるか?

節分の時期が近づいてきました。節分といえば、一般的に豆まきを連想されると思います。ですが、地域によっ

記事を読む

一人暮らしの節約術。楽しく食費や生活費を抑えて貯金を増やそう!

一人暮らしを始めた時、最初に驚くのは出費の多さ!今まで実家に暮らしていた時と比べると、こんなに差があ

記事を読む

寒中見舞いを出す時期はいつまでがマナー?過ぎたらどうする?

寒中見舞いは、年賀状を松の内に出しそびれてしまった場合や、喪中で年始のお祝い状をお届けできない場合に

記事を読む

雛人形の飾り方。七段、五段、三段飾りの正しい並べ方とは?

桃の節句ひな祭り。娘さんの居るご家庭では、娘さんと一緒に雛人形を飾るのも、楽しみの一つなのではないで

記事を読む

年男年女とは?年齢と意味。厄年が重なる場合は?節分の豆まきの由来

新年を迎えたということで、今回は年男・年女についてよく耳にするので、こちらについて調べてみました。&

記事を読む

初詣にお参りしたい京都の縁結び神社。恋愛力を上げるお寺は?

今年もあとわずかですね。初詣にどこへ行くかもう決まりましたか?良縁成就を祈願するなら、何と言っても京

記事を読む

年賀状の販売はいつからいつまで?期間と場所。土日や休日は買える?

毎年、今年こそは年賀状の準備を早くから始めるぞーと思っているのに、結局ギリギリになってしまいませんか

記事を読む

秋のファッション2017。メンズ流行トレンドと大人の男コーディネイト術

暑い夏も、もう少し。重ね着が楽しめる秋が近づきました。男性の方も、おしゃれな服装で秋を迎えたいですよ

記事を読む

七折の梅まつりに行こう。2018梅園の開花状況と見どころ

世間でいわれている梅の名所は、昔から梅の花を観賞するために梅が植えられ、それが花を咲かせるころに梅の

記事を読む

確定申告の医療費控除で明細書の書き方。交通費や治療内容の内訳は?

毎年、だいたい2月16日から確定申告の受付が開始されます。確定申告は、給与収入が2,000万円以上の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑