*

天皇誕生日の一般参賀に行こう。混雑を避ける方法は?

皆さんは天皇誕生日の一般参賀がある事はご存知でしたか?私は恥ずかしながら知りませんでした。一般参賀とは天皇誕生日を国民が祝う行事で、直に天皇陛下を拝見する事が出来るんです!

 

一度くらいは天皇陛下を拝見してみたい、そう思いませんか?

 

●場所と日程
●どれくらい人が集まるの?何時までに行けば良い?
●服装は?必要な物ってあるの?
●昔から続いてる一般参賀

 

というわけで、今回は天皇誕生日の一般参賀についてご紹介していきたいと思いますので、これから日程や場所をしっかり調べて当日に備えていきましょう!

 

SPONSORED LINK

 

場所と日程

天皇誕生日の一般参賀の日程ですが、毎年天皇陛下のお誕生日の12月23日に皇居で開催されています。

 

入場は皇居正門の二重橋からと決まっていて、退出は坂下門、桔梗門、大手門、平川門、北桔橋門からとなります。入り口に近い坂下門からの退出が良いでしょう。

 

天皇陛下お出ましの時間は、一回目午前10時20分頃二回目午前11時頃三回目午前11時40分頃と、三回のチャンスがあるので、一回目に間に合わなくても大丈夫です。

 

天皇誕生日の一般参賀に行こう。混雑を避ける方法は?

 

…が、正門の開いている時間が午前9時30分から午前11時20分までとなっているので時間までに到着するようにしましょう。

 

午後にも一般参賀はありますが、記帳のみとなり、天皇陛下はお出ましにはならないので注意が必要です。記帳だけでもしたいという方は、午後12時30分~午後3時30分まで記帳が可能ですので行ってみましょう。

 

 

また、記帳する場合は坂下門から入場し宮内庁庁舎前特設記帳所で記帳、退出は桔梗門、大手門、平川門、北桔橋門からとなります。この場合の一番近い出口は桔梗門となります。

 

 

どれくらい人が集まるの?何時までに行けば良い?

天皇誕生日の一般参賀には去年は3万人近い人が集まっています。

 

混雑が予想されますが、二重橋前の皇居前広場はEXILEが天皇陛下に奉祝曲を披露した際にも使用した場所で、その際3万人もの人が集まっても大丈夫だったものすごく広い場所なんです。

 

仕切りがありスムーズに移動出来ますし、警官の方も沢山いらっしゃるので安心です!

 

0dcf6ec973d38b79f2d484b1e8d065e4_s

 

一度のお出ましで1万人近い人が集まる事が予想されます。それだけの人が移動するには時間も掛かかります。

 

ですので、お出ましの時間まで1時間程余裕を見て出発するのが吉です。

 

SPONSORED LINK

 

電車で行く場合

正門まで千代田線二重橋前駅より徒歩約3分

有楽町線桜田門駅より徒歩約2分

三田線・千代田線・日比谷線日比谷駅より徒歩約3分

 

と、アクセス手段は色々ありますが、二重橋駅は混雑が予想されますので、少し遠くても他の駅を使用する事をオススメします。

 

東京駅からも徒歩で行く事が可能なので、地方からお越しの方も苦労する事なく到着する事が出来ますね。

 

天皇誕生日の一般参賀。国民として一度は参加してみたいものです。

 

服装は?必要な物ってあるの?

天皇陛下をお迎えする際に定番の日の丸の旗は、ボランティアの方が配っているので持っていかなくても大丈夫。服装も一般的な私服でOKです!

 

c97368133508e685a54b50c5ab972347_s

 

特別気を付ける事はありませんが、皇居内には坂道もあり沢山の人が早足で入場して行きます。転ぶと危険ですので、女性の方は歩きやすくあまりヒールが高くない物で行きましょう。

 

途中手荷物検査とボディチェックがあり、ペットボトルや瓶などの持ち込みが禁止されているので、持って行かないようにしましょう。

 

 

昔から続いてる一般参賀

一般参賀は昭和23年から続いています。天皇陛下を拝見する機会があるのは国民として嬉しい事です。年に2回ある機会のうちの1つがこの天皇誕生日の一般参賀になります。

 

アクセスも良く気軽に参加出来るこの機会に、ぜひ皆さんも皇居に足を運んでみましょう。そして日の丸を振りながら天皇陛下をお迎えしましょう。

 

【関連記事】

クリスマスイルミネーション東京おすすめランキング!穴場スポットも

 

12月23日といえば、クリスマスを控えて街中が煌びやかに飾られている頃です。

 

上記記事では、美しく華やかなクリスマスイルミネーションを楽しむことが出来る東京のおすすめスポットをご紹介していますので、是非チェックしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

関連記事

結婚式ご祝儀の書き方。中袋は?夫婦で出席する場合は連名か?

冠婚葬祭でかならずついてまわるのが、香典とご祝儀。頻繁にあるイベントではないので、ついつい書き方を忘

記事を読む

卒園式で着る着物はどんな色や柄が良いの?髪型を自分でする場合

卒園式、入園式は子供にとっても親にとっても、とても大事な行事の一つですよね。そういった式に出席する際

記事を読む

卒園式でママの髪型アレンジ画像。簡単なショート、ロング他まとめ

卒園式は、子どもの髪型も三つ編みにしようか、お団子にしようか色々と悩みますが、ママのヘアスタイルもお

記事を読む

婚約指輪の相場。値段はいくら位?結婚指輪との違い。渡し方と時期

やっと春めいた季節になりましたね。新しい生活のスタートや計画も、春は積極的になりますよね。新しい生活

記事を読む

社内メールの返信マナー。件名の題名。了解は必要?遅れた時のお詫び

会社にお勤めの人は、社内や取引先の方とメールでやりとりすることも多いですよね。私も会社員時代は、社内

記事を読む

節分の豆を食べる数と理由とは?豆まきの種類。残りのリメイクレシピ

皆さんは節分に豆を食べますか?私も小さい頃から、節分には豆を食べていたので毎年食べているんですが、歳

記事を読む

鶴岡八幡宮の初詣。2017年の混雑状況と空いてる時間帯

鎌倉のシンボルとされる鶴岡八幡宮。その歴史は、鎌倉幕府を開いた源頼朝公が、由比ヶ浜辺の八幡宮を現在の

記事を読む

嵐山の紅葉ライトップ2016。見頃の時期とトロッコ列車の予約方法

秋の京都観光といえば紅葉ですね。京都の紅葉と聞くと、どこを思い浮かべますか?…いろいろありますよね。

記事を読む

干し芋の作り方。簡単に室内で!レシピと保存方法。美味しい食べ方

冬のおやつにぴったりな、甘くてねっとりとした自然素材の干し芋。子供にも安心して食べさせられる優しいお

記事を読む

手賀沼花火大会の穴場スポット最新2016。良い場所取りのコツとは?

2010年に様々な社会情勢の影響からしばらく開催を見送っていた手賀沼花火大会。3年前の2013年に多

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑