*

恵方巻きの方角2017。誰がどのように決めるのか知ってる?

恵方巻きを買ったけれど、正しい食べ方がわからない!

 

どっちの方角を向いて食べるのがいいの!?

 

という方が沢山いらっしゃるのではないでしょうか。

 

「節分には恵方巻き」というのが全国的に定番となってきていますが、それはごく最近のことです。

 

子どものころからのイベントにはこんなのなかったわ! と仰るかたが多いですよね。

 

でも近年、節分当日にはコンビニやスーパーで「恵方巻き」が山積みになって売られ、お寿司屋さんでも早くから注文の受付があちこちでされています。

 

子どもの手前、買ってあげたいけれど、さてどうやって食べればいいのかがはっきりとわからない。

 

神事ならばちゃんとしたしきたりどおりに行わないと却ってバチがあたるのでは?

 

と、いろいろと心配なさっている方もいらっしゃるかと思います。

 

ですが大丈夫ですよ!知ってしまえば簡単です。

 

節分につきものの「恵方巻き」について、ここで一気に解決してしまいましょう。

 

SPONSORED LINK

 

今年の恵方は?

まず今年の恵方を申し上げますね!

 

2017年の恵方「北北西」です。

 

恵方巻きは、「恵方」の方角に向かって立ち、太い巻き寿司(太巻き)を1本まるまる黙って食べきる縁起がよく、福を招くと言われている比較的新しい風習です。

 

お願いごとを念じながら食べるとそれが叶うとも言われます。

 

 

方角は誰がどのように決めるの? 決め方や由来について

恵方の方角は毎年違いますが、どうやって決まるものなのでしょうか。

 

実は恵方は、誰かが毎年決めているわけではなく、ずっと決まっているものなのです。

 

恵方とは

恵方は、歳徳神(としとくじん)という神様がいらっしゃる方角のことです。

 

歳徳神は陰陽道の考えで、その年の福徳を司る神様です。大変美しい姫神様で、この神のいらっしゃる方向を恵方といい、その方角に向かって行うことは万事に吉とされています。

 

方角は毎年移動しますが、あらゆる方角をとるわけではなく、4種類だけなんですよ。

 

東北東、西南西、南南東、北北西、の4つの方角です。

 

そういえば、北東とか南とかは聞いたことがないような気がします。今まで気にしていなかったので、気づきませんでした。

 

SPONSORED LINK

 

恵方の決まり方

恵方の決まり方には法則性がきちんとあります。それは旧暦の年の数え方です。

 

「十干」(じっかん)という年の表わし方をご存じでしょうか。

 

古く中国の思想から来ており、「十二支」と合わせて「干支」(かんし、えと)として暦の表記などに使われます

 

十干は、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸です。甲乙丙丁…という順序のつけ方は何となく知っていました。

 

「甲乙つけ難い」なんていう言い回しもあります。ここから来ているのですね。

 

この十干がそれぞれに方角を表わしています。

 

甲(きのえ)・己(つちのと)が東北東

乙(きのと)・庚(かのえ)が西南西

丙(ひのえ)・辛(かのと)・戊(つちのえ)・癸(みずのと)が南南東

丁(ひのと)・壬(みずのえ)が北北西

 

 

2017年は酉年ですが、干支として十干を合わせると「丁酉」(ひのととり)となります。

それゆえ、恵方が北北西と決まるのです。

 

恵方巻の方角を間違えて食べていたときは?

恵方の由来については、大雑把にですがわかりましたね。

 

では、恵方とされる方角を正確に知るにはどうすればいいのでしょうか

 

方位磁石で確認をするのも勿論有効ですが、実はアプリで便利なものがあります。

 

「恵方マピオン」「恵方コンパス」など、ご自分で使いやすいアプリをダウンロードしてみてください。

 

方角を間違えて恵方巻を食べてしまったら、どうなるの!?

恵方には歳徳神がいらして、吉祥を呼び込む方角ですから、そちらを向いて行事を行うことで福を呼びます。

 

方角を間違えるということは、そこには歳徳神がいらっしゃらないわけで、残念ながら招福幸運の効果は得られないことになります。

 

ただ、元からある福が目減りしたり、不運を呼んだり、という負の効果が生じるわけではありませんので、それほど気に病まず、今のはなかったことにして最初からやり直すのもアリかと思います!

 

大阪らしい、プラスアルファの幸せを呼ぶ行事

節分に恵方に向かって太巻きを食べ、本来ある福よりも大きな福をさらに呼び寄せようという恵方巻きの行事には、貪欲でパワフルなポジティブ思考を感じます。

 

商売の町・上方で始まったというのもなんとなく頷けますね。

 

 

【関連記事】

恵方巻の正しい食べ方やルールとは?食べる時間帯はいつ?

 

どうせするならきちんと福をもらおうじゃないか!と考えるなら、恵方はきちんと把握し、間違えずに行いましょう

 

その際は、黙々と、願い事は心で唱えて、一気に1本を食べきる、とい大事な決まりも忘れずに。

 

では、今年もどうぞよい節分をお過ごしください。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

雛人形の飾り方。関西と関東で並べ方の違いはなぜ?

3月3日はひな祭り。ひな祭りに雛人形を飾るご家庭もあるのではないでしょうか。この雛人形、どんな風に飾

記事を読む

羊山公園芝桜2016開花状況。見頃はいつ?駐車場と渋滞回避ルート

お花見のシーズンは、なんだかとても心がワクワクします♪桜には300以上の品種があるそうです!私が好き

記事を読む

門松の意味と由来。時期はいつから?飾り方と片付け方。処分の仕方

お正月飾りといえば、門松・しめ飾り・鏡餅が代表的ではないでしょうか。とはいえ、3つの中では門松を飾っ

記事を読む

御堂筋イルミネーションの行き方。2016年の開催期間と時間は?レストラン情報

クリスマスが近づくとあちこちでイルミネーションが輝き始めて、気分もウキウキしますよね。私もイルミネー

記事を読む

新年の挨拶メールでビジネス用まとめ。上司や取引先。お客様向け文例

新年早々の上司や取引先への挨拶は、直接出向いて挨拶することがマナーですが、最近はメールで済ませる人も

記事を読む

文化の日とは?11月3日の由来と意味を子どもに説明するなら?

11月3日は「文化の日」です。ここで1つの疑問が浮かびます。「文化の日」とは、一体何をする日なのでし

記事を読む

夏休みのお出かけで東海なら?子供と楽しめる穴場スポットやイベント

お子様たちの、待ちに待った夏休みがきましたね。今年の夏休みは何処へ連れて行ってあげたらいいの?など、

記事を読む

ハロウィンのかぼちゃ販売はどこ?通販はある?由来から育て方

ハロウィンと言えば、やっぱりオレンジ色のかぼちゃが真っ先に思い浮かびますよね。そもそもハロウィンって

記事を読む

水戸偕楽園の梅まつり2017年。見頃と開花状況は?

日本三名園の1つに数えられている水戸の偕楽園では、毎年2月から3月にかけて約100品種3,000本の

記事を読む

熱海花火大会2016。宿泊で部屋から見える宿。お薦めホテルと旅館

年中通して花火大会が行われている熱海。国内外からたくさんの観光客が訪れることで有名ですが、やっぱり夏

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑