*

ブロッコリーの栄養が最強!すごい効果効能とは?冷凍と生で比べると

ブロッコリーの栄養が最強!スゴイ!ことをご存じですか?あの緑のつぼみの中に、栄養がギュッと凝縮されているのです♪

 

実は、野生のキャベツを改良して生まれたのが、ブロッコリー。そのブロッコリーをさらに改良して生まれたのが、カリフラワー。なかなか、面白いですね♪

 

今日は、私の大好きな野菜、ブロッコリーの栄養についてお話しします。

 

●ブロッコリーの栄養成分。茎の栄養価は?
●冷凍は生より栄養素は低い?茹で時間で影響は?
●ブロッコリーは何にいい?健康効果とすごい効能とは?
●食べ過ぎで腹痛になる?量と食べ合わせについて

 

これら、ブロッコリーの何がスゴイのか?について、まとめています。興味のある人は、是非是非チェックしてみてくださいね☆

 

SPONSORED LINK

 

ブロッコリーの栄養成分。茎の栄養価は?

まずは、ブロッコリーの栄養成分について下表で確認してみましょう。

 

 

ブロッコリー
(生)

きゅうり

エネルギー(Kcal)

33

14

カリウム(mg)

360

200

カロテン(μg)

810

330

葉酸(μg)

210

25

食物繊維(g)

4.4

1.1

ビタミンC(mg)

120

14

 

f91baa1291d9fb45cafed23fe6e843cf_s

 

身近な食材と比較しやすいよう、胡瓜も載せています。表示される値は、可食部100g当たりに含まれる成分です。また、聞きなれない値μg(ミューグラム)とは、百万分の1gを表します。

 

私たちが普段食べているのは、ブロッコリーの小さなつぼみが集まった部分です。カリフラワーと同じく、花野菜に分類されます。胡瓜と比べると、栄養パワーの違いは歴然!!高まる健康志向の中で、ブロッコリーの栄養価は注目を集め、人気を高めていますね。

 

ブロッコリーは、ビタミンやミネラルを豊富に含む食品ですが、中でもビタミンCの含有量は群を抜いています

 

捨てられがちな茎や葉っぱの部分にも、実はつぼみの部分と同じくらいの栄養が含まれています。また、食物繊維も豊富。茎は、硬いからと丸ごと捨てていませんか?

 

もったいない!薄く輪切りにして、つぼみの部分より少し長めに茹でるだけで、美味しく食べられます。

 

 

冷凍は生より栄養素は低い?茹で時間で影響は?

最近は、スーパーやコンビニで、冷凍のブロッコリーが手軽に購入できます。冷凍は、生のブロッコリーに比べ、栄養に違いがあるのでしょうか?栄養成分表で確認してみましょう。

 

 

ブロッコリー
(生)

ブロッコリー
(冷凍)

エネルギー(Kcal)

33

27

カリウム(mg)

360

180

カロテン(μg)

810

770

葉酸(μg)

210

120

食物繊維(g)

4.4

3.7

ビタミンC(mg)

120

54

 

bff0c485b1239bdb3e8b50cc73a0cc7b_s

ブロッコリーの冷凍は、冷凍前に一度加熱しています。ブロッコリーに含まれるビタミンの多くが、熱に弱い性質を持っています。その為、冷凍は生のブロッコリーに比べ、多少栄養素は低くなるようです

 

もちろん、生のブロッコリーを茹でる時にもビタミンなどの栄養素は損なわれますので、加熱時間はなるべく短めにするのが栄養素を損なわないコツです。

 

SPONSORED LINK

 

ブロッコリーは何にいい?健康効果とすごい効能とは?

健康効果がスゴイ!と言われているブロッコリーですが、具体的にどのような効能があるのでしょうか?

 

bbdcc4a14c7458aba6a6626450b9477f_s

 

ブロッコリーに多く含まれるビタミンで、アンチエイジング効果や疲労回復効果は期待できますが、それだけではありません!

 

実は、ブロッコリーに含まれる「イソチオシアネート」などの成分が消化器系のガンを予防し、「クロム」が糖尿病を予防するというスゴイ効果があるそうです。

 

その他、ポリフェノールの含有量も高いので、老化の予防も期待できる機能性野菜として注目されています。

 

 

食べすぎで腹痛になる?量と食べ合わせについて

ブロッコリーを食べ過ぎて腹痛になる人は、あまりいないかもしれませんが、やはり適量を食べることが大事です。

 

ブロッコリーには、食物繊維も多く含まれていますので、食べ過ぎは胃腸に負担をかけてしまう場合もあります。

 

成人でビタミンC摂取の推奨量は、1日100mgです。ブロッコリー100gで120mgのビタミンCが含まれていますので、調理時などのビタミンの損出などを入れても、1日だいたい50~100gの摂取を目安にすると良いのではないでしょうか?

 

 

また、ブロッコリーとの食べ合わせで、さらなる健康効果が期待できます。ブロッコリーと食べ合わせることで健康効果の期待できる食材をご紹介します☆

 

高血圧の予防:ブロッコリー × 玉葱・ピーマン

動脈硬化の予防:ブロッコリー × オリーブオイル・青魚

アンチエイジング:ブロッコリー × トマト・なす

冷え性改善:ブロッコリー × ほうれん草・あさり

 

【関連記事】
たけのこは栄養ない?健康への効果効能と食べ過ぎによる影響とは?

 

ブロッコリーの健康効果、スゴイですね!!今夜の食卓に、ブロッコリーを一品加えちゃいましょう♪

 

SPONSORED LINK

関連記事

目も紫外線で日焼けする?影響と病気。メガネ・サングラスで対策を

日差しの強い季節、日焼け止めなどで、肌の紫外線対策はバッチリという方は多いかと思いますが、皆さん、目

記事を読む

秋の七草の覚え方は?おすすめの方法。種類と意味、由来について

春の七草は有名ですが、秋にも七草があるのをご存知でしたか?なんとなく知っていても、七草全てはわからな

記事を読む

トマトの栄養と効能。加熱では効果は変わる?妊婦の食べ過ぎの影響

真っ赤に熟れたトマトは瑞々しく美味しくて、サラダやお弁当の彩り、炒め物にも良く合いますし、お料理には

記事を読む

花粉症で咳が止まらない場合の対処法。のどの痛みを止めるには?

花粉症の症状って目が痛くなったり、鼻水が酷くなったり…と思いがちですが、実は、咳も症状の一つって、ご

記事を読む

とうもろこしの栄養と効能。夜食べると太るの?効果と体にいいのか?

黄色くてぷっくりツヤツヤの粒が揃ったとうもろこし。ぷちぷちとした食感と甘~い味で、大好きという人が多

記事を読む

風邪を予防する食べ物。ひかない食事レシピとは?ビタミンCの効果

寒い冬の季節だけでなく夏も疲れがたまると、風邪をひきやすくなりますね。 風邪予防には、何が

記事を読む

口臭の原因。胃との関係。病気の疑いは?歯石やコーヒーで臭い?

自分では良く分からないからこそ気になる。それが口臭ですよね?   すぐ自分で気がつけれ

記事を読む

冷房病の症状とは?治療と対策。吐き気の原因。クーラー病の治し方

夏になると熱中症が怖いため、室内ではクーラーを使用する機会が増えてくると思いますが、気がつかないうち

記事を読む

赤ちゃんが風邪の時のお風呂はいつから?何日入れない?微熱の場合

赤ちゃんはデリケートですので、入浴はとても気を使うものです。特に赤ちゃんが風邪を引いた時の入浴は、ど

記事を読む

春が眠いのはなぜ?眠気の理由、原因とは?だるい時の対策

ぽかぽかとした暖かいおひさま。優しく吹き抜ける心地よい風。寒さが抜けた、暖かい春の気候はついつい、眠

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑