*

そら豆の栄養成分。薄皮にも栄養はある?枝豆と比べるとどっちが上?

あなたは、そら豆が好きですか?また、よく食べますか?

 

鞘の中は、ふわふわの綿のようなものが敷いてあり、そら豆がまるで眠っているかのようです。子供が保育園の頃『そらまめくんベッド』と言う絵本をよく読んでいたのを思い出しました。

 

ふかふかのベッドで眠れるそらまめくんが羨ましかった、えだまめくんとグリンピースの兄弟たちが「ぼくたちも、そのベッドで寝かせてよ」とお願いするのです。しかし、そらまめくんは「いやだよ!」と意地悪をします。

 

でも最後にはみんなにベッドを貸してあげるんですよ!豆類はタンパク質などの栄養価が高いとよく耳にしますが、分厚い鞘とふわふわのベッドに守られたそら豆も、きっと栄養豊富なのでしょうね(^^♪

 

●そら豆の栄養成分。枝豆とどっちが栄養価は高い?
●薄皮に栄養はある?皮ごと食べるほうが良い?
●そら豆の栄養による効能。健康効果はどんなこと?
●妊娠中のそら豆活用法。有効な食べ方は?

 

今回は、そら豆の栄養についてお伝えしていきます!

 

SPONSORED LINK

 

そら豆の栄養成分。枝豆とどっちが栄養価は高い?

soramame1

 

5月~6月が旬のそら豆。タンパク質は元より、ミネラルやビタミンB群も豊富です

 

 

カルシウム

マグネシウム

カリウム

そら豆

22mg

32mg

440mg

枝 豆

58mg

62mg

590mg

 

 

ビタミン
A

ビタミン
B1

ビタミン
B2

ビタミン
B6

ビタミン
C

葉酸

そら豆

20㎍

0.30mg

0.20mg

0.17mg

23mg

120㎍

枝 豆

22㎍

0.31mg

0.15mg

0.15mg

27mg

320㎍

 

枝豆の方が数値が高い物が多いですが、そら豆も十分に栄養価の高い食物だと言えますね。

 

ビタミンやミネラルは、私たちの体に無くてはならない栄養ですから、それらがそら豆にはたくさん詰まっていると言えます。

 

 

薄皮に栄養はある?皮ごと食べるほうが良い?

そら豆に限らずですが、豆の表面には薄皮があります。口に残ってしまうので、私はちょっと苦手で…。

 

小豆ならば、つぶあんより『こしあん派』です。取り除ける薄皮は食べずに捨ててしまうのですが、実は、薄皮にはこんな嬉しい成分が!

 

eb89ba83e057899a5a2e722f0eeb4674_s

 

そら豆の薄皮、実は食物繊維が豊富なのです!!また、むくみを防いだり、利尿作用もありますから、皮ごと食べると更に体に良いということになります。

 

豆類は、茹でるとすぐにシワシワになって、あまり美味しそうに見えなくなってしまいますよね(>_<)

 

これを解決するには、鞘に入った状態で茹でることなんです!劣化の早いですから、出来るだけ早めに調理して召し上がってくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

そら豆の栄養による効能。健康効果はどんなこと?

栄養素のたくさん詰まったそら豆は、私たちの健康にどのような効果を発揮してくれるのでしょうか?

 

soramame3

 

カルシウム:骨を形成する。

マグネシウム:代謝を助ける。

カリウム:余分な塩分を排出し、血圧の上昇を抑える。

ビタミンA:目の疲れを緩和、活性酸素の除去、肌荒れの予防、がんの予防。

ビタミンB1:疲労の回復。

ビタミンB2:炭水化物、タンパク質、脂質の代謝や成長期のエネルギー源。

ビタミンB6:動脈硬化の予防、PMS(月経前症候群)の軽減。

ビタミンC:老化の防止、免疫力を高める。

葉酸:体の細胞を作る。

 

 

妊娠中のそら豆活用法。有効な食べ方は?

妊娠中は、つわりなどで体調を崩したり代謝も盛んになり疲れが出たり…。

 

そら豆の栄養には、代謝をUPさせるマグネシウムやビタミンB2、そして疲労を回復させるビタミンB1、そして赤ちゃんの細胞を作る手助けをする葉酸も豊富に含まれていますね

 

soramame4

 

そら豆をこんな方法で召し上がってはいかがですか?

 

そら豆を茹で、粗目につぶし鶏ひき肉と混ぜて鶏団子スープはいかがでしょう!そのまま食べるのも良いですが、つぶすことで口に残りにくくなりますから、きっと食べやすいと思います。

 

塩分の取り過ぎは、妊娠中毒症などにも繋がりますから、控えめに!

 

00e4c21d9c259b87292fbdcd2d498c4f_s

 

次に、そら豆と豚バラ肉で、レンコンのはさみ揚げです。

 

そら豆を茹でたお湯の中に豚バラ肉を入れて、少し湯通しします。これにより、余分な脂分がお肉から出るので、妊婦さんには良いと思います。

 

私は枝豆で作るのですが、そら豆が大きい場合は半分にカットしてください。湯通しした豚バラ肉を細かく切り、そら豆と合わせて捏ねます。

 

レンコンの両面に小麦粉をまぶし、捏ねたものを乗せて上からレンコンで挟みます。油で揚げたら完成です!そら豆からたくさんの栄養分を取り入れて、お母さんも赤ちゃんも、元気に過ごせると良いですね♪

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

三千院の観光でアクセスと駐車場。ランチ穴場は?桜とあじさい見頃

皆さんは京都観光されたことがありますか?修学旅行の定番ともなっているので、1度は訪れたことがあるとい

記事を読む

昼寝の効果、効用とは?最適な時間帯って?太るって本当なの?

子育てをして、家事をして…慌ただしい毎日を過ごしていると、ふとお昼寝したい、休憩したい。そんな事を考

記事を読む

熱中症の症状とは?頭痛や下痢。赤ちゃんや子供の症状と応急処置

春が来て、夏が来ると、外で遊ぶ機会も増えてきます。部活や遊びに熱中してしまうと、つい水分補給や休憩を

記事を読む

ヨーグルトの賞味期限切れ。未開封はいつまで大丈夫?良い使い道は?

冷蔵庫で発見したヨーグルトが賞味期限を過ぎていた!よくあることですよね~。半年や1年となると即座に諦

記事を読む

じゃばらの花粉症の効果は?ジュースやサプリメントで対策しよう

花粉症で長年お悩みの方は、何かいいものはないか?常に色々な対策情報にアンテナを張っているかと思います

記事を読む

スポーツ中の水分補給。量や温度、タイミングは?運動中の取り方

だんだんと外に出てスポーツをするのに気持ちが良い季節になってきましたが、 忘れてはいけないのは運動

記事を読む

りんごの栄養とすごい効果!皮ごと食べる場合の農薬は?効能まとめ

実はあまりりんごは食べないんです。というのも、皮をむいたりするのが面倒だからです。お店では、どうして

記事を読む

赤ちゃんの暑さ対策。夏の夜を快適にするグッズ。ベビーカーの対処

近年は大人でも夏の間に熱中症で倒れてしまった方がニュースで報道されていたりしますが、大人よりももっと

記事を読む

ほうれい線を消すには?マッサージからメイク等。整形しない対策法

お肌の悩みがつきない中でも、特に気になるのはほうれい線ではないでしょうか? あれが目立つと

記事を読む

かき氷やアイスクリームの頭痛の原因。天然水では?治し方と対処

あつ~い夏!!キーーーンッと冷えた、かき氷やアイスクリーム!! 最高ですよね♪  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑