*

アレグラの副作用で太る?蕁麻疹や便秘など影響。悪夢を見る噂とは?

アレグラは、アレルギー症状の代表的な処方薬です。アレルギーと名のつく病気には、たいていアレグラが処方されます。アレグラは、市販薬としても売られているポピュラーな薬で、病院にわざわざいかなくても気軽に薬局などで購入できる薬です。

 

その為、花粉症などのアレルギー症状がひどい人は、アレグラを常備薬として持ち歩いている人も多いことでしょう。

 

では、このアレグラに副作用はあるの?私の友人に聞いた話しによると、アレグラには太りやすくなる、便秘になりやすくなる、悪夢を見るなどの副作用があるとの情報も!

 

私も、花粉の飛び交う時期になるとアレグラを常用していますので、この情報は気になります。ということで・・今回は、

■アレグラの副作用とは?服用したら眠くなる?
■副作用で太るの?体重増加の可能性は?
■アレグラで便秘になる?関連性はあるか?
■蕁麻疹に効果がある?効き目と副作用について

 

これらの情報をまとめてみました。アレグラの副作用について気になる人は、是非参考にしてみてください。

 

SPONSORED LINK

 

アレグラの副作用とは?服用したら眠くなる?

頭痛薬や風邪薬などの薬には、眠くなる副作用を伴うものも多いですね。アレルギー薬であるアレグラは、服用すると眠くなるのでしょうか?

 

答えは、個人差はあるが、アレグラは眠くなりにくい薬です。運転が多い人でアレルギー症状の薬を必要とする人は、他のアレルギーの薬と比較しても眠くなりにくい、アレグラの服用が良いでしょう。

 

ただし、アレグラはアレルギーを治療する薬ではなく、アレルギー症状を緩和させる薬です。

 

体質的に効果のある人、効果のない人、副作用が強く出る人など様々ですので、病院の医師や薬局の薬剤師に相談してから服用することをおススメします。

 

12664593434_b2a204139c_m

 

副作用で太るの?体重増加の可能性は?

私にとっては、花粉症の症状を緩和させてくれるありがたいお薬、アレグラ。私の友人が話していたように、アレグラの副作用で太りやすくなるのでしょうか?

 

もし、この副作用が本当であれば、服用も控えなければと考えてしまいますが、この情報あながちウソでもないようです。

 

SPONSORED LINK

 

アレグラは、抗ヒスタミン薬に分類されます。この抗ヒスタミン薬には、満腹中枢への刺激がなくなる作用と脂肪燃焼効果を抑える作用があるそうです。

 

その為、満腹感が感じられず、ついつい食べ過ぎてしまう。太りやすい体質になる。などの副作用があります。必要以上に服用しないよう、気をつけないといけませんね。

 

 

アレグラで便秘になる?関連性はあるか?

では、アレグラの服用で便秘になりやすいとの情報は、ウソ?本当?アレグラの服用と便秘に関連性はあるのでしょうか?こちらも、やはり便秘との関連性は高いようです。

 

先ほどの項目でお話ししたように、アレグラは抗ヒスタミン薬に分類されます。抗ヒスタミン薬には、フェキソフェナジンという成分が含まれていますが、この成分にどうやら便通を悪くする作用があるようです。

 

花粉症の緩和を優先すべきか?便秘改善を優先すべきか?悩みますね・・。

 

 

蕁麻疹に効果がある?効き目と副作用について

アレルギー症状であれば、たいていアレグラを服用すると症状が緩和できます。私は、花粉症の季節にはアレグラに頼りっぱなしですが、蕁麻疹にも効果はあるのでしょうか?

 

答えは、YES!蕁麻疹も皮膚のアレルギー症状です。皮膚のかゆみ症状の緩和にも、アレグラは効果的です。

 

しかし、ここで一つご注意を♪ 市販のアレグラは、主に花粉症やアレルギー性鼻炎などの鼻炎に効果を発します。皮膚の痒みなどの蕁麻疹や、その他のアレルギー症状は、病院から処方されるアレグラが症状の改善に効果的です。

 

鼻炎以外のアレルギー症状は、市販薬ではなく、病院からの処方をおススメします。

 

 

 

最後にもう一つ!アレグラを飲むと悪夢を見るという噂を聞いたことがあります。これは、ウソ?本当?答えは、本当!なんとビックリ、市販のアレグラの薬の説明書にも副作用の一つに“悪夢”という言葉が書かれています!

 

しかし、私は毎年花粉症の季節にアレグラを服用していますが、悪夢を見たことがありません。また、身近でアレグラを飲んで、悪夢にうなされたという人を聞いたこともありません。

 

よく調べてみると、この悪夢の副作用がある人は、服用した人の0.1%未満の確率だそうです。ということは、1,000人に一人いるかいないかぐらいの割合…。アレグラの副作用に、確かに悪夢はありますが、あまり心配する必要はなさそうです。

 

b53338bcbeedc5118fa8b5c4e274f04a_s

 

アレグラの副作用をまとめると、眠くなる作用は低いが、太りやすくなる、便秘になりやすくなる、悪夢を見るかもしれない(←ごくわずか)などの副作用があることが分かりました。

 

これらの副作用を理解した上で、アレルギー症状を少しでも緩和できるよう、アレグラを上手に活用していきたいですね。

 

【関連記事】
花粉症の薬の副作用とは?妊娠中や授乳中への影響。種類と強さ比較

 

くれぐれも、効果がないからと決められた用法・用量以外の服用はしないように!どの薬にも、効き目には個人差があります。誤った服用は、副作用だけに悩まされる結果にもなり兼ねません。決められた用法・用量を守って、正しく服用してくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

手足口病は大人も感染する?症状と治療方法。出勤・出社はOK?

梅雨時期になると流行りだす夏風邪。特に「手足口病」「ヘルパンギーナ」「咽頭結膜熱(プール熱)」、この

記事を読む

花粉症にワセリン。目や鼻に効果的な塗り方は?種類と副作用まとめ

今年は例年に比べ、スギ花粉の飛散量は少ないという話です。 花粉症の私は一瞬喜びかけましたが

記事を読む

花粉症メガネの効果はある?ない?対策法とおすすめメガネの選び方

くしゃみ・鼻水・目のカユミなど、ツライ花粉症の対策は何が有効?毎年花粉症に悩む私にとって、花粉の飛び

記事を読む

つわり対策。軽減する食べ物、飲み物レシピ。吐き気に効くつぼは?

新しい家族を迎えられる妊娠は、とても嬉しい事。そんな嬉しい事でも、妊娠にともなってやってくるつわりっ

記事を読む

むくみの原因とは?顔や手足、下肢の浮腫み。肝臓病の可能性は?

「あれ?あんた最近、むくんでない?」先日、看護師をしている母から言われた一言です。 確かに

記事を読む

春が眠いのはなぜ?眠気の理由、原因とは?だるい時の対策

ぽかぽかとした暖かいおひさま。優しく吹き抜ける心地よい風。寒さが抜けた、暖かい春の気候はついつい、眠

記事を読む

冬至かぼちゃとゆず湯の由来。2016年はいつ?食べ物の風習の違い

一年のうちで、最も昼の時間が短い日を“冬至(とうじ)”と言います。 この冬至の日は、南瓜料

記事を読む

冷え性の改善法。対策方法は?漢方からサプリ。ツボほか解消まとめ

女性に多い冷え性の悩み。慢性的に冷えてしまう症状ですが、夏はエアコン、冬は寒さでよりいっそうひどくな

記事を読む

ほうれい線を消すには?マッサージからメイク等。整形しない対策法

お肌の悩みがつきない中でも、特に気になるのはほうれい線ではないでしょうか? あれが目立つと

記事を読む

五月病とは?原因とチェック方法。症状の治し方。予防方法はある?

入社式や入学式、始業式が終わり、新しい環境での生活が始まった方もたくさんいらっしゃると思いますが、慣

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑