*

伊勢崎花火大会2018。穴場の観覧スポット。場所取りはいつ行く?

日本の夏といえば、花火大会は外せませんね!ですが夏休み中は、お盆中だけでなく、また土日に限らず、とにかくどこに行っても人が多い。多すぎる。第一、暑い。暑すぎるぅ~。

 

そしてさらに、夏休み夏休みと思っているうちに、あららら、もう日がなくなっちゃったわ、遊びに行き損ねてしまったわ!なんてことにもなりかねません。

 

そういう、この夏はどこにも行けなかったね…という思いを、ちょっと刺激してくれる情報をゲットしましたよ!なんと、。9月に開催される大きな花火大会があるというのですから、要チェックです。早速、調べてみましたよ~。

 

■伊勢崎花火大会2018年の日程。観覧場所について
■駐車場の有無と混雑状況。周辺の交通規制について
■伊勢崎花火大会の穴場スポット。空いててよく見える場所は?
■場所取りは行ったほうがいい? 何時に行けばいいか?

 

今回は上記について、レポートしたいと思います。宜しくお付き合いください!

 

SPONSORED LINK

 

伊勢崎花火大会2018年の日程。観覧場所について。

そうです、その花火というのは、「伊勢崎花火大会」なんです。群馬県伊勢崎市。市が執り行うイベントとして恒例となっています。

 

今年の開催日の発表はありませんが、2017年と同時期に開催でしたら、9月15日(土)か、その前後の土曜日かと思われます。日程については発表があり次第加筆いたします。

 

伊勢崎花火大会。穴場の観覧スポット。場所取りはいつ行く?

 

時間と場所は例年どおりだそうです。

 

開催時間18:30~19:30

打上会場ラブリバー親水公園うぬき多目的広場

観覧会場西部公園・スポーツ広場・伊勢崎オートレース場

 

ではまず、この花火大会について解説します。1時間ほどの間、花火は途切れることなく空を彩り、とても華やか。花火の派手さと打上げのスピード感が、伊勢崎花火の特色です。

 

大玉の打ち上げはないそうなんですが、口コミを見る限り、国内有数の花火大会に遜色ないほどの感動を得られるます。

 

プログラムとしてテーマがいくつかあり、それに合わせた音楽と共に花火が次々と打ち上げられます。こだわりの音楽とのコラボ。これもこの大会の見所。

 

各観覧場所には立派なスピーカーが設置され、まるで花火のコンサート会場との声もあります。音楽と光の祭典、期待してしまいますね!

 

 

実は伊勢崎花火大会、2008年に花火が客席で爆発する不幸な事故があり、それから2年間は中止していました。

 

2011年に復活した際に花火業者が変更となり、以来、事故対策・安全対策に特に力を入れているということで、今やセキュリティの面でも高い位置にある大会といえます。

 

また、再開以降、開催時期を秋にしたことも伊勢崎花火の特徴となっています。

 

 

場所は、JR伊勢崎駅・東武伊勢崎線伊勢崎駅から徒歩15分ほどのところ。ラブリバー親水公園うぬきは、広瀬川河川敷に広がる自然の中の公園で、広い園内にはバーベキュー場などの設備があります。その多目的広場が打上げ場所です。

 

観覧場所として準備されているのは基本的に3箇所です。いずれも出入りは自由。無料で、チケット等の販売はありませんので直接現地に向かってくださいね。

 

西部公園

打ち上げのラブリバー親水公園の対岸にある観覧場所です。伊勢崎駅から徒歩30分弱ですので、涼しい日でしたら徒歩圏内ですね。

 

スポーツ広場

西部公園のすぐ西側にある広いグラウンド

 

オートレース場

西部公園・スポーツ広場から更に川沿い北西に、伊勢崎オートレース場があります。ここは指定駐車場にもなっていますから、車を置いてそのまま場所を確保というのが一番楽そうですね。

 

もちろん車をオートレース場に置いて、西部公園やスポーツ広場まで歩いて行っても30分ほどかな~と思いますので充分にアリですね!

 

今回、グーグルの地図をと思ったのですが、もっと解りやすい地図を見つけたので、こちらを掲載します。市の交通規制などの案内図です。今年のものではないので、規制などに関してはもしかしたら変ってくるかもしれません。その点ご了解ください。

 

花火大会に関係する場所が全て載っていますので、それらの位置関係の把握にご参考になればと思います。

 

map

画像出典元:http://www.isesaki.ne.jp/kankoukyoukai/hanabi.html

 

駐車場の有無と混雑状況。周辺の交通規制について。

駐車場は伊勢崎オートレース場の駐車場と、例年、宮郷小学校校庭が準備されています。オートレース場は、先程も書きましたが、駐車したらすぐに観覧スペースがあるので、小さいお子さんやご年配の方など、車中心で行動したいという場合に最適ですね。

 

6,500台駐車できるのですが、来場数が20万人ということなので、あまりのんびりしていると置けなくなる可能性大です。その場合は、宮郷小学校校庭に。西部公園やスポーツ広場への距離はオートレース場と殆ど同じくらいかと思います。徒歩30分ほどとのことです。

 

先程の地図でも確認できますが、小学校近くにも小さめの公園があり、そこからも観覧できそうです。歩くのがちょっと…、というかたは要チェックです。

 

SPONSORED LINK

 

口コミをあれこれ見る限り、早め早めに行動をすれば、駐車場は大丈夫かと思えています。ただ、交通規制がかかってしまいますので、車で近くまで行こうという人は交通規制時間を気にしておく必要がありますね。

 

交通規制情報です。こちらは昨年(2015年)の情報で申し訳ないのですが、ご参考までに。

規制時間17時~20時30分

打上げ会場のラブリバー親水公園を中心に、宮子大橋近く~三ツ家橋手前までの道路がほぼ通行止めになります。

その間の橋は通れなくなりますのでご注意ください。(宮子大橋と三ツ家橋は通れます)

 

今年の情報、詳細情報については、決まり次第、伊勢崎市のホームページに掲載されるそうです。もしくは経済部・文化観光課にお問い合わせください。

(0270-27-2758(文化振興係)、2759(観光係))

 

382945

 

伊勢崎花火大会の穴場スポット。空いててよく見える場所は?

さて~、人混みもなく交通の便もよく、花火はバッチリ見えるところ! は誰しも望むことですよね~。これまでご紹介した、市が準備している観覧場所3箇所は、もちろん特等席と、それに近い見え方のところのようでした。

 

そして、極端に混む大きな花火大会と違って、早朝から場所取りをしないと見られないような感じではないことが解ってきました。

 

それでもまだ日中のうちから駐車場や観覧場所確保は無理!というかたや、特等席では見たいけれど、花火の音が怖い人や、大きな音量の音楽がダメな人もいらっしゃると思います。

 

そういうかたにも、少し離れた場所で、しかも花火はかなり見られるという好条件はないかしら?と探してみたところ、幾つか見つかりました。ご紹介します!

 

225602

 

連取中央公園

宮郷第二小学校(宮郷小学校と紛らわしいですが、別です!)に隣接する公園で、芝生の広場があり、そこで見られるようです。打上げ会場から南に下がった位置ですが、距離的にはそれほど遠くなく、打上げ花火については充分楽しめそうです。

 

イトーヨーカドー屋上駐車場

さらに南下したところに、イトーヨーカドー伊勢崎店があります。その屋上からはよく見えるそうです。ただ、店舗営業中ということで、ご迷惑をかけるような観覧の仕方は控えたいですね。

 

観覧させてもらうとしたら、せめてお店内でお買い物させていただきましょう! 花火を見ながらいただく飲み物とか軽食とか。また、ゴミなどは必ず持ち帰るようにしましょうね!

 

伊勢崎市民病院裏手の公園の横の広場

なんだか地元のかたの情報で、私にはよくわからないのですが~。もし、時間や心に余裕のあるかたは、一か八かで行ってみてください。口コミ内容としては、そこは大の字に寝転がって花火を大いに楽しめるとのことでした。気になりますね~。

 

打上げ場所のすぐ横(広瀬川北側の河原)

これも住民のかたの情報です。かなりジモティな感じで気になるので載せておきますね。

 

連取本町の交差点から北に向かうと広瀬川を渡る橋(三ツ家橋と思われます)があり、左側、橋を渡りきったところに下に降りる坂道が。

 

下はサイクリングロードになっていて、そこ(川沿いの道)をかなり行くと広場になっています。(その先もサイクリングロードは続くようですが、打上げ場所になっているため通行止めになります)。まさに間近で花火が上がる場所のようですね。

 

調べていると、あちこちから見ることが可能なようですね。高いビルなどのない開けた場所に出るだけでも、高く上がる花火は見えそうです。

 

また、小さな公園も点在し、その多くが「観覧可能場所」となっているのもそのためかと思われます(掲載の地図をご照会ください)

 

 

場所取りは行ったほうがいい? 何時に行けばいい?

これまでの調べを総合すると、観覧特等席である「西部公園」と「スポーツ広場」を狙うのでしたら、少し早めに行ったほうがよさそうです。

 

オートレース場もしくは宮郷小学校に車を停めて、30分ほど歩いて場所取りをして、あとはのんびりと時間つぶしをするのがいいでしょうか。場所取り時間は、ゼッタイに何時に!とは言えないのですが~。

 

7db3219e4c99de94fc748dacd29e9a9f_s

 

一日時間があるなら、私ならお昼前には着くように行って、場所取りをしてから近隣の店舗やスーパーなどでお昼を食べたり食料をゲットし、ピクニック気分で夕方まで会場で時間つぶしをして待ちます。

 

花火打上げ場所付近でなく遠目の観覧でいいなら、それほど早く行く必要もなさそうです。ただ、打上げ間近かに慌てて「ここでいいや!」というのよりも、ちょっと余裕を持って到着するようにしたほうがいいかなと思います。

 

【関連情報】

板橋花火大会2018!穴場スポットと場所取りの口コミ体験談あり!

 

初秋の夜空に華やかにあがる花火、そして音楽との体感。どうぞよい思い出の一日となりますように。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

伊勢神宮の初詣2018。混雑する時間帯や元旦の状況は?

1年の計は元旦にあり。今年はちょっと気合いを入れて、伊勢神宮まで足を伸ばしてみようとお考えの方もいら

記事を読む

浅草寺の初詣時間2018。参拝時間。混雑する時間帯は?

浅草寺といえば、言わずと知れた観光の名スポット。雷門が有名ですね。浅草寺は、東京都内最古のお寺です。

記事を読む

京都のあじさい寺。三室戸寺の見頃はいつ?名所と開花状況2018

京都の花寺として有名な三室戸寺(みむろとじ)。6月になると敷地5千坪の大庭園に50種・1万株という、

記事を読む

龍安寺の石庭の謎と意味。見所と京都駅からバスのアクセス方法

世界遺産に登録されている龍安寺、いつも多くの参拝客の方が訪れています。こちらの石庭についてご存知です

記事を読む

二色浜の潮干狩り2018。干潮と採れる時間は?駐車場と混雑状況

私が毎年楽しみにしている恒例の家族行事の一つ、潮干狩り♪子供たちも大人の私と夫も、70歳を超えたおじ

記事を読む

明治神宮で七五三。予約受付方法と初穂料の金額。混雑状況は?

秋といえば、小さなお子さんを持つご家庭では、七五三詣を考える方もいらっしゃいますよね。 七

記事を読む

水戸偕楽園の梅まつり2018年。見頃と開花状況は?

日本三名園の1つに数えられている水戸の偕楽園では、毎年2月から3月にかけて約100品種3,000本の

記事を読む

養老渓谷の紅葉2017。見ごろ時期と名所スポットおすすめコース

秋の紅葉はもちろん、渓流釣りやハイキング、友人や家族と一緒にバーベキューなどアウトドアを手軽に楽しみ

記事を読む

名古屋市農業センターしだれ梅まつり。2018年の開花状況と見ごろ

寒い風が吹いてくると、あぁ、冬なんだなぁ~……なんて、しみじみと思っちゃいます。「お外は寒いから、出

記事を読む

東京ミッドタウンのイルミネーション2017。点灯時間と混雑状況

東京・赤坂にある「東京ミッドタウン」。2007年に開業されショッピングセンターや美術館、ホール、公園

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑