*

勝毎花火大会2016。場所取りのコツと穴場スポットは?体験談あり

夏と言えば、あなたが連想するものはなんですか?キャンプ、アクティビティ、レジャー、旅行など、想像しただけでもわくわくしますよね!

 

今回は全国で開催される花火大会の中で、“北海道の行ってみたい花火大会第2位”でもある「勝毎花火大会」についてご紹介したいと思います!

 

●勝毎花火大会2016日程。開催場所の住所とアクセス方法は?
●開催時間と見どころ。有料閲覧席のチケット入手方法は?
●臨時駐車場の料金と営業時間。何時までに行けば停めれる?
●例年の混雑状況や交通規制は?混雑を避ける方法
●体験者が語る場所取りのコツと良く見える穴場スポットとは?
●勝毎花火大会のおすすめの付近ホテル。宿泊するなら?
●その他、お役立ち情報まとめ

 

実際にいつも行っている私の体験談を織り交ぜながら、勝毎花火大会の穴場情報をお伝えします!

 

SPONSORED LINK

 

勝毎花火大会2016日程。開催場所の住所とアクセス方法は?

勝毎花火大会は毎年お盆休みの初日、8月13日に開催されており2016年度も8月13日に開催予定です。

 

開催場所は、北海道帯広市・十勝川河川敷特設会場(十勝大橋下流400m付近)になります。

 

勝毎花火大会。場所取りのコツと穴場スポットは?体験談あり

 

アクセス方法

・列車をご利用の方→帯広駅前よりシャトルバスで会場へ(約5分)

・飛行機をご利用の方→とかち帯広空港よりバスで帯広駅へ(約40分)その後シャトルバス利用。

・車でお越しの方→特設駐車場からシャトルバスで会場へ(約20分)

・帯広駅から徒歩で会場へ向かう(約20分)

など、色々な方法で会場までアクセスできます。

 

 

 

開催時間と見どころ。有料閲覧席のチケット入手方法は?

実は、勝毎花火大会は過去に全国花火大会で1位を獲ったこともある花火大会なんです。

 

例年の来場者数は20万人前後、打ち上げ数は約20,000発です!見どころは何と言ってもグランドフィナーレの錦冠(にしきかむろ)、音楽と光、花火で一体となった圧巻のパフォーマンスが楽しめます!

 

そんな勝毎花火大会の打ち上げ時間は19:30~20:45です。

423998

 

有料の観覧席は3種類に分かれていて、1人6名分まで席の購入が可能です。

・ファミリー席:16,800円、マス指定で定員4。

・ペア席:8,400円、パイプイス指定で定員2。

・自由席:1名4,200円、ブロック指定(ブロック内の移動、席取りは自由)。

 

また、同じ種類の席であれば6名分まで購入できますが、複数種類の席は購入できないので、チケットを購入する際は注意してくださいね。(例:ペア席×3などは可、ペア席×2と自由席×2などは不可)

 

チケットの入手方法には、ローソンチケット、チケットぴあ、セブンチケットがあります。

 

2015年度より十勝大橋東側の河川敷一部に入場整理券がないと入れない安全対策協力エリア(自由席)というものが導入されました。

 

人数が多い場合は抽選になりますが、無料の整理券で人数も決まっているため一般開放席よりはゆとりを持って席を取る事ができるので、ぜひ応募しておく事をおすすめします。

 

c2b4ac632522cd500021e369b2ebd01a_s

 

私は今までに、諸事情で行けなくなったという理由で知人から有料席のチケットを1度譲り受けた事があるのですが、一般開放席から見るものとは正直比べ物にならなかったです。

 

光や炎の演出などが、花火の位置ととてもマッチしていて本当に綺麗でした!なので、勝毎花火を見た事がある人にもぜひ1度は有料観覧席で花火を見てみてほしいです!

 

SPONSORED LINK

 

臨時駐車場の料金と営業時間。何時までに行けば停めれる?

勝毎花火大会には会場周辺に駐車場がないのですが、川西ICと芽室帯広ICの高速道路降り口に特設駐車場があり無料で利用できます。

 

いずれもシャトルバスが運行されているので(会場まで約20分)、駐車場からの移動に関してはご安心を♪

 

問題は何時までに行けば駐車場に停められるのか…ですよね。

 

43dc98fdf111a0f261b07fcaff11f935_s

 

例年だと、16時~17時以降からは一気に駐車場へ向かう車で混雑してしまいます。そこからあっという間に満車です…。なので、余裕を持って16時までには駐車場に辿り着いて頂きたいです!

 

そこから帯広駅、帯広駅から会場まで、という事を考えると移動に30分以上はかかってしまう事が予測されます。

 

会場に着くと屋台やトイレ等も非常に混んでいるので、早めに行って買い物やトイレを済ませておくという点でも、やはり「16時までに駐車場」がベストでしょう。

 

当日の駐車場空き情報をリアルタイムで知りたい方は、勝毎花火大会の公式twitterと公式Facebookを確認してみてくださいね。

 

 

例年の混雑状況や交通規制は?混雑を避ける方法

例年の混雑状況ですが、かなりの渋滞になります。どれくらいの渋滞かというと、過去に札幌から帯広へ当日の午前中に車で出発し、向かっている途中で花火の打ち上げが始まってしまった…なんて事があるぐらいです。

 

通常は札幌-帯広間は高速を利用して2時間半~3時間ぐらいなので、それだけ混雑してしまうということですね。

 

225602

 

そして花火大会前日から当日の打ち上げ終了まで、会場周辺では臨時の車両交通規制も行われます。

 

混雑を避けるためには、まず第一に“会場周辺を車で通らない”ことです。当日車でお越しの方は上記で紹介した特設駐車場を利用し、シャトルバスや徒歩で会場へ向かうのが1番スムーズです。

 

道内からお越しの方も、車より列車を利用する事をおすすめします!そして帯広駅から同じくシャトルバスか徒歩で向かう事が渋滞を避ける1番の手です。

 

 

体験者が語る場所取りのコツと良く見える穴場スポットとは?

まず、当日の場所取りは敷物だけを敷いた無人状態では撤去されてしまうので、気を付けてください!確実に場所を取るためには、やはり昼過ぎ頃から会場にいなければ難しいと思います。

 

ですが、いくら北海道でも夏場の日中は30度を超える日もあります。良い場所で確実に席を確保したい場合は、日傘や水分補給など熱中症対策を十分にした上で場所取りを行ってくださいね。

 

7db3219e4c99de94fc748dacd29e9a9f_s

 

また、中にはそんな思いをしてまで場所取りするのは嫌だな~と思っている方もいらっしゃいますよね!更に、人混み自体が苦手な方もいらっしゃるかと思います。

 

そんな方にぜひおすすめしたい穴場スポットをいくつかご紹介します!

 

すずらん公園

会場の十勝大橋を、北に渡ってすぐ左手の坂を登った所にあるすずらん公園。公園の場所が高台になっているため、花火を見るうえで視界を遮るようなものもなく、トイレも綺麗で女性には特に嬉しいポイントです。

 

 

札内ガーデン温泉

札内ガーデン温泉は、“幕別町札内”にあります。こちらも高台にあるため障害物がなく見やすい事がポイントです。

 

花火を見た後は、帰宅ラッシュで周辺道路も混雑が激しいことでしょう、日帰りで温泉に入り、少し時間を空けてから帰るといくらかスムーズに帰れると思いますよ。

 

 

すずらん大橋

すずらん大橋は、十勝大橋の西側にある隣の橋です。

 

隣の橋まで少し離れるだけで人の多さはかなり違いますし、十勝大橋とすずらん大橋の間に仮設トイレも用意されているので、会場にあるトイレよりはだいぶ空いています。

 

こちらで観覧する場合は、中途半端な位置(十勝大橋とすずらん大橋の中間ぐらい)だと十勝大橋自体が障害物になってしまうので、どうせ移動するのであれば思い切ってすずらん大橋の下当たりまで離れて見てくださいね。

 

プリント

 

穴場スポットでの観覧は、距離の関係もあり会場の司会の声が届かない場合が多いです。そんな中でも会場の雰囲気を、一緒に楽しめるコツがあります。

 

なんと、司会の音声がラジオ、FM-JAGAで生放送されているんです!ぜひ、車のラジオを活用するかもしくはご自身のラジオを持参し、会場の臨場感を一緒に味わいながら観覧してみてください。

 

 

勝毎花火大会のおすすめの付近ホテル。宿泊するなら?

宿泊予定の方は、帯広駅周辺のホテルを利用されるのがベストです。帯広駅前発のシャトルバスを利用する事ができ、徒歩でも会場に行ける距離なのでとても便利です。

 

帯広駅から会場まで通常は車で5分程なのですが、当日は車通りが多く大変混み合っているので、シャトルバスより徒歩の方が早いかもしれません。

 

歩く事がそこまで苦痛ではないという方は、会場南側(帯広駅方面)にも屋台が出ているので、途中で屋台に寄ってみたり、食べ歩きしながら会場まで向かうというのも一つの楽しみ方ですし、私個人としてはおすすめです。

 

53ba06f40fbaf9597c73b8674b1e9f25_s

 

もう1つ、帯広駅とは反対方面の会場の北側に位置する“音更町”のホテルもおすすめです。

 

こちらも会場まで徒歩で行けますし、道東自動車道をご利用の方は音更ICに近いのでアクセスのしやすさがとても魅力的ですよ。

 

248987

 

その他、お役立ち情報まとめ

8月の真夏日とはいえ、夜は14~16度ぐらいまで冷え込む事もあります。薄手のカーディガン等の羽織りものや膝掛けなども持参されるといいと思います。

 

荷物にはなってしまいますが、肌寒い思いをしてせっかくの勝毎花火大会を楽しめなくては損なので・・・。

 

また、河川敷での開催にてやはり虫は多い方だと思います。快適に花火を楽しむためにも、私は虫よけスプレーを必ず持参しています!

 

 

最後に会場でのトイレです!会場にある仮設トイレは本当に混んでいて、30分待つのは当たり前だと思っていて下さい。打ち上げ時間から最低でも30分は余裕をみてトイレに行っておいた方がいいです!

 

【関連記事】

益城町花火大会2016。穴場スポットはここ!みんなの夏祭り攻略法

 

いかがでしたでしょうか?ぜひ、この記事を読んで北海道の勝毎花火大会を快適に楽しんでいただきたいと思います。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

クリスマスディズニー2017。混雑予想と入場制限は?攻略法まとめ

いよいよクリスマスも近づいてきました。ディズニーではハロウィンイベントも終わり、11月からクリスマス

記事を読む

佐野厄除け大師で初詣。大晦日と正月の混雑状況。営業時間はいつまで?

佐野厄除け大師は、関東では初詣や厄除けや方位除けなどで知られる関東三大師の一つです。他には青柳大師、

記事を読む

高尾梅郷の梅まつり2018年の開花状況は?見ごろはいつ?

寒い冬に終わりを告げる梅の開花。あちらで咲いた、こちらで咲いたと話しを聞くと、春は近いなと嬉しくなり

記事を読む

2018年の尾鷲ヤーヤ祭りに行こう!垢離掻きとは?日程とまとめ

奇祭って聞いた事ありますか?私の友人の住む町には、奇祭と呼ばれる少し変わったお祭りがあるんだけれど、

記事を読む

ディズニーのハロウィン2017。全身仮装の期間と混雑状況は?

秋と言えば、最近ではハロウィンが一大イベントの一つともなってきていますね。 ディズニーでは毎年のよ

記事を読む

手賀沼花火大会の穴場スポット最新2016。良い場所取りのコツとは?

2010年に様々な社会情勢の影響からしばらく開催を見送っていた手賀沼花火大会。3年前の2013年に多

記事を読む

高山祭り2017秋。八幡祭の日程と混雑状況。駐車場と渋滞まとめ

秋の祭りといえば、日本三大美祭のひとつとされる「高山祭り」が有名ですね。飛騨高山の伝統を受け継ぐ「高

記事を読む

白浜花火大会2016日程と穴場スポットは?見える場所取りのコツ

夏!海!花火大会!!でも…夏は疲れるほどの暑さや日焼けに億劫な時期で昼間はクーラーから離れられない。

記事を読む

寒川神社で初詣。参拝時間と元旦の混雑状況。屋台の出店はいつまで?

寒川(さむかわ)神社は、神奈川県内で人気の初詣スポットです。例年、多くの初詣客が訪れます。新年は、青

記事を読む

羊山公園芝桜2018開花状況。見頃はいつ?駐車場と渋滞回避ルート

お花見のシーズンは、なんだかとても心がワクワクします♪桜には300以上の品種があるそうです!私が好き

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑