*

卒園式でコサージュは必要?つける位置や場所。色やマナーまとめ

ヨチヨチ歩きだった子供も早いもので、もう卒園。子供の成長が嬉しい反面、ママは卒園式で着る洋服のコーディネートに頭を悩ませます。

 

幼稚園最後の晴れ舞台♪もちろん子供が主役ですが、ママも洋服のコーディネートで失敗はできません!

 

卒園式ですから、あまり派手な衣装はNGですが、地味な暗めのスーツを清楚で華やかなコーディネートにしたい時のアクセサリーは、コサージュが最適でしょう。今回は、

 

●卒園式でコサージュはつけない?必要なの?
●卒園式でコサージュは何色が最適なの?
●つける位置はどこ?場所は右左?
●その他コサージュのマナーについて

 

卒園式でつけるコサージュは必要なのか?私なりに調べた結果をまとめています。卒園式でつける最適な色や、つける位置、マナーなど、私たちママが気になる情報ですので、是非、参考にしてみてください♪

 

SPONSORED LINK

 

卒園式でコサージュはつけない?必要なの?

子どもの卒園式に着て行く服は、何を選びますか?

 

動きやすさからスーツ。体型を気にせずに着こなせるワンピース。流行を気にせずにバッチリときまる着物など、どのような服装で行けば良いか、頭を悩ませるママも多いことでしょう。

 

私は、子どもの卒園式に黒色のスーツを準備しましたが、やはりスーツだけでは地味な印象になってしまいます…。

 

image02

 

顔もあまり派手な方ではないので、せめて身に着けるアクセサリーだけでも華やかにしたい!!卒園式では、オシャレでステキなママと思われたい!そんなふうに思うのは、きっと私だけではないはず。

 

では、黒いスーツに女性らしい華やかさをアップできるアクセサリーは、何があるのでしょう?

 

卒園式でコサージのつける位置や場所。色やマナーをまとめました。

 

昨年、卒園を迎えた子供をもつママ友にリサーチしてみたところ、卒園式ではコサージュをアクセサリーとしてつけるママが多いとのこと。

 

もちろん、コサージュをつけていないママもいるが、スーツだけではやはり地味な印象になりがちなので、ぜったいコサージュは身に着けるべき!!と、アドバイスまでもらいました。

 

必ずコサージュをつけなければいけないということではないようですが、やはり少しでも華やかな印象にしたいので、私も卒園式用のコサージュを準備することにしました♪

 

image00

 

卒園式でコサージュは何色が最適なの?

では、卒園式に身に着けるコサージュは何色が良いのでしょう?他のどのママにも負けない、卒園式に最適な色を選びたいですね。

 

派手すぎず、かつ清潔感のある色であれば、定番は白やうすいピンクです。少し黄色がかったベージュ系も人気です。

 

定番の色はイヤ!という方は、うすい青紫色もおススメ☆きっと、エレガントな雰囲気がアップしますよ。

 

SPONSORED LINK

 

赤や青・オレンジ・金や銀などの原色のコサージュは、卒園式には向きません。卒園式はパーティーの場ではなく、厳かな式典の場所です。なるべく淡い、上品な色のコサージュを選びましょう。

 

8c83a431f3de7729c713c935e86a24b2_s

 

つける位置はどこ?場所は右左?

素敵な色のコサージュが見つかっても、つける位置を間違えては、恥をかいてしまいます。つける位置も、きちんと確認しておきましょう。

 

まず右か?左か?

 

これは、どちらが正解という決まりはありません。自分の好きな方につけても大丈夫ですが、人の視線を集めやすい左側につけることが一般的のようです。

 

 

つける位置も悩みますね。胸の位置?胸より上?下?

 

オシャレに演出するなら、胸より上の鎖骨あたりがおススメです。胸の位置も良いですが、やはり人から見られる視線の先を少し上にずらした方が、小顔効果スタイル良く見せるコツです♪

 

 

やや大きめのコサージュでも、鎖骨のあたりにつけると、スッキリして大きさも気になりません。コサージュがぐらついて、位置が安定しない時は、スーツの裏地に当て布をつけると良いですよ。

 

下の動画で、コサージュをつける位置や色選びのポイントを確認できます。

 

 

その他コサージュのマナーについて

色や付け方以外にも、コサージュのマナーで気をつけなければいけないのは、デザインです。

 

布製のカジュアルなコサージュは、卒園式には不向きです。コサージュのデザインも、フォーマルの場にふさわしいものを選びましょう。

 

コサージュ以外のアクセサリーを身に着ける場合は、パールをおすすめします。ここぞとばかりに、ダイヤモンドなどきらびやかなアクセサリーをつけていかないよう気をつけましょう。

 

主役は、あくまでも子供です!

 

image03

 

いかがでしたでしょうか?卒園式は、主役である子供に寄り添う、清楚なママを演出したコーディネートにしたいですね。

 

【関連記事】

卒園式でママの髪型アレンジ画像。簡単なショート、ロング他まとめ

 

コサージュ一つで、雰囲気もグッと変わります。自分に合った色を見つけ、つけ方などに気をつけて、子どもと一緒に素敵な卒園式を迎えましょう。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

入学祝いの相場。大学や高校進学なら?孫や甥・姪へ渡す金額は?

受検シーズンもひと段落し桜便りが待たれる季節になると、あちこちで「入学」の話が聞こえてくるようになり

記事を読む

初詣で行きたい東京の神社。デートプランとおすすめコース

初詣にデートの約束をしているけれど、東京でどこの神社に行くべきか悩んでいるという方もいらっしゃるので

記事を読む

布団のカビ落とし方。マットレスのカビ除去。フローリングの予防対策

こんにちは!マリーです。 フローリングにお布団を敷いていたら、ついつい敷きっぱなしにしてし

記事を読む

猫の夏の暑さ対策。留守番や一人暮らしの対処法。夏バテの症状とは?

最近、猫を飼う一人暮らしの女性が増えています。猫は、犬のようにうるさくないし、何よりも人間のように、

記事を読む

筑波山の梅まつり2018。梅林開花状況、駐車場の渋滞混雑は?

春が近づくにつれて、梅の開花状況がニュースで伝えられてくるようになると行ってみたくなる梅まつり。

記事を読む

明治神宮の初詣。2018年の混雑状況と回避する方法とは?

皆様、どこに初詣行くか決めましたか?おなじみの地元の神社?それとも旅行先で?やっぱり一年の始まりです

記事を読む

海外旅行の持ち物リストと便利グッズ!初めてのハワイは?女性編

GW、夏休みと連休がだんだん近くなってなってきましたね。 長いお休みは、海外旅行もできますし、本当

記事を読む

紫外線吸収剤とは?肌に悪いの?シミができやすい?害はあるか?

紫外線の気になる季節、特に女性の皆さんは、早くから日焼け止めを塗って、対策をとっている方も多いですよ

記事を読む

クリスマスの意味とは?子どもにツリーやケーキの由来を簡単に伝える

クリスマスは、大人にとっても子どもにとっても楽しみなイベントですよね。 毎年、何気なく「メ

記事を読む

伏見稲荷大社の初詣2018年。混雑状況、混み具合は?

伏見稲荷大社とは、その名の通り「おいなりさま」の総本山!稲荷神社といえば、耳に馴染みのある神様ですよ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑