*

七草粥の由来と意味。いつ作る?食べる理由について。レシピと作り方

新年に食べるものの代表として、何といっても日本では、おせちですよね。そして、次にくるのが、七草粥ではないでしょうか。ただ、最近では、七草粥を食べる習慣がなくなってきており、意外に知らない人も多いのではないでしょうか。

 

私は、ただ単に健康のためなのかと思って食べていた記憶があります。そこで今回は、この七草粥の本当の意味について気になりましたので、調べてみました。

 

●七草粥とは?由来と意味について
●歴史はいつから?食べる理由となったのは?
●作るのはいつ?食べるのはいつか?
●七草粥のレシピ。土鍋と炊飯器での作り方

 

レシピもご紹介していますので、是非、七草粥を作ってみてはいかがでしょうか?

 

SPONSORED LINK

 

七草粥とは?由来と意味について

そもそも、七草には春と秋の2パターンがあります。

 

は、(セリ)、(ナズナ)、御形(おぎょう、ごぎょう=ハハコグサ)、はこべら(ハコベ)、仏の座(ほとけのざ=コオニタビラコ)、(すずな=カブ)、蘿蔔(すずしろ=ダイコン)です。

 

は、萩の花(ハギ)、尾花(ススキ)、葛花(くずはな=クズ)、なでしこ(カワラナデシコ)の花、姫部志(オミナエシ)、藤袴(フジバカマ)、朝がおの花(現在のキキョウと言われている)です。

 

秋の七草は主に観賞用ですので、食せるものは少ないです

 

七草粥の由来と意味。いつ作る?食べる理由について。レシピと作り方

 

七草粥とは、春の七草を指し、その七種を早春(正月7日)に摘んで刻み、餅とともにかゆ(七草粥)に炊いて食べると万病を防ぐといわれており、10世紀頃から朝廷で儀式化し、それが民間でも今日まで伝えられてきた
(引用:ブリタニカより)

とされています。

 

ただ、元来は中国が起源のようで、中国では正月から7日が節目となっていて、七種の野菜を汁物とともに食べて邪気が払えると考えられていたみたいです。

 

そして、それが日本に伝来したときは豊作祈願を願って、当時は粟(アワ)や雑穀(ざっこく)などを使ったお粥を食べていたそうです。それが10世紀頃になってくると、現代のような風習へと変化しました。

 

nanakusakayu_003

 

歴史はいつから?食べる理由となったのは?

歴史については、先に述べた通り10世紀頃からとされています。食べる理由についても先のトピックでも書いた通り、元々は豊作祈願であったものが、いつしか、無病息災を願うようになっていきました。

 

また、正月におせち料理などを食べ、疲れた胃を休めるためや、野菜が不足がちな冬にビタミンやミネラルを効果的に摂るためでもあるそうですが、ビタミンやミネラルなど、当時はそんなことは考えていなかったと思いますので、これは恐らく今風の都合のよい解釈でしょう。

 

SPONSORED LINK

 

せっかくですので、ここで、七草の意味についてもまとめておきます。

1.(セリ)=競り勝つ
2.(ナズナ)=撫でて汚れを除く
3.御形(ゴギョウ)=仏体
4.はこべら(ハコベ)=繁栄がはびこる
5.仏の座(コオニタビラコ)=仏の安座
6.(すずな=カブ)=神を呼ぶ鈴
7.蘿蔔(すずしろ=ダイコン)=汚れのない清白

 

nanakusakayu_002

 

作るのはいつ?食べるのはいつか?

作る時期と食べる時期についてですが、これも最初に書いたように正月7日に七草を摘み取り、それを粥に炊いて食べるので、正月7日が正式な日となります。

 

そして、その日の朝に七草粥を作って食べます

 

 

七草粥のレシピ。土鍋と炊飯器での作り方

以下、七草粥のレシピについてです。作り方は上記のYouTube動画を参照にしてみてください。

 

動画は白飯の状態からの作り方で、ご飯を炊いてある状態からですので、時間も手間もかかりません。

 

七草粥の作り方
 
nanakusakayu_001

<材料>
・春の七草…適宜
・ごはん…茶碗2杯分
・和風だしの素 or 中華だしの素 or 昆布茶など…小さじ1
・塩…少々

<作り方>
 
1.七草を水洗いする
2.スズナとスズシロをカット
3.根のあるものは根をカット
4.沸騰したお湯で七草をさっと湯がく
5.青菜類は水気を絞って刻む
6.ご飯を火にかける
7.ご飯が煮立ったら、七草を入れる
8.時々混ぜながら、程よいところで塩を少々
9.できあがり

 

 

土鍋では、

1.水気をきったお米、水を入れて軽く混ぜ、お米を平らにし、土鍋に蓋をして強火にかけます。
2.ふいてきたらトロ火(この時点で和風だしなどを投入してください)にして40~45分位炊き、火を止めて10分そのまま蒸らします。
3.そこに湯がいた七草をいれ、中火で煮込んで、塩で味を調えてください。

 

※炊飯器の場合はお粥モードにし、七草を洗って刻んだものをいれて炊飯します。

 

【関連記事】

秋の七草の覚え方は?おすすめの方法。種類と意味、由来について

 

みなさんも今年は歴史を感じて、七草粥を作ってご賞味してみてはどうでしょうか。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

夏バテの症状と原因。疲れ解消、対策と予防に効く食事や食材とは?

ポカポカとした陽気から、ギラギラとした痛い日差しへとかわりつつある今日この頃。去年ってこんなに暑くて

記事を読む

喪中の方へお年賀。のしの書き方は?名前で夫婦の場合や短冊の位置

こんにちは。本日はお年賀の番外編とでもいうべく、喪中の方へのお年賀などについて調べてみました。&nb

記事を読む

赤ちゃん、子供の紫外線対策。新生児、乳児を日焼けから肌を守ろう

平成10年7月より、母子手帳から「日光浴」を推奨する言葉が削除されているのをご存知でしょうか。 &

記事を読む

初詣で行きたい東京の神社。デートプランとおすすめコース

初詣にデートの約束をしているけれど、東京でどこの神社に行くべきか悩んでいるという方もいらっしゃるので

記事を読む

名古屋市農業センターしだれ梅まつり。2017年の開花状況と見ごろ

寒い風が吹いてくると、あぁ、冬なんだなぁ~……なんて、しみじみと思っちゃいます。「お外は寒いから、出

記事を読む

板橋花火大会の穴場スポット2016。よく見える場所は?屋台の出店

花火大会といえばつきものの「ナイアガラの滝」。さまざまな仕掛け花火が楽しめる花火大会ですが、夏の夜空

記事を読む

丸の内イルミネーション!ディズニーの場所は?隠れミッキーはどこ?

丸の内のイルミネーションは、都内の人気のスポットですね。町の街路樹がイルミネーションで彩られ、シャン

記事を読む

立春は2017年のいつからいつまで?意味と節分との違いとは?

「2月4日は立春」。なんとなくそんな風に覚えている方いませんか?私もボンヤリと「立春は節分の次の日ぐ

記事を読む

老け顔の男の特徴と原因は?似合う髪形など改善して若返りしよう!

最近は男性もお肌のお手入れをしたり、エステへ行ったりとずいぶん見た目に気を遣うようになってきましたね

記事を読む

目も紫外線で日焼けする?影響と病気。メガネ・サングラスで対策を

日差しの強い季節、日焼け止めなどで、肌の紫外線対策はバッチリという方は多いかと思いますが、皆さん、目

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑