*

北野天満宮のアクセス。京都駅からバスなら?周辺ランチとお守り効果

みなさんは、北野天満宮をご存知でしょうか?

 

『「北野天満宮は、菅原道真公をご祭神としておまつりする全国約1万2000社の天満宮、天神社の総本社です。天神信仰の発祥の地であり、親しみをこめて「北野の天神さん」「北野さん」と呼ばれています。』と公式HPは出ております。

 

要は、全国の天満宮の頂点に君臨していると言えます。そこで今回は、この天満宮の頂点である北野天満宮についてお届けしたいと思います。

 

●京都駅から北野天満宮のアクセス方法は?
●駐車場はある?拝観料と見所について
●周辺のおすすめランチ。人気グルメや安い店は?
●北野天満宮のお守りの効果は?種類と値段

 

受験生などは時間余裕があれば、是非足を運んでみてください。

 

SPONSORED LINK

 

京都駅から北野天満宮のアクセス方法は?

最初に、北野天満宮の所在地は下記の通りとなります。

 

北野天満宮
住所:〒602-8386 京都市上京区馬喰町
電話:075-461-0005
 
北野天満宮のアクセス。京都駅からバスなら?周辺ランチとお守り効果

 

 

 

アクセス方法ですが、今回は京都駅から北野天満宮へのアクセスをご紹介します。他にも様々なアクセス方法が考えられますが、以下が王道で分かり易い行き方となります。

 

JR京都駅より市バス50・101系統(北野天満宮前下車すぐ)

 

kitano_tenmangu_001

 

駐車場はある?拝観料と見所について

駐車場についてですが、参拝専用ですので駐車は参拝時間内(9時~17時)のみです。また、毎月25日は縁日のため駐車できません。例外として、第2駐車場(今出川通七本松東側)には約40台駐車できます。

 

拝観料についてですが、これは見どころとともに紹介いたします。

 

まずは、「梅苑」です。例年2月初旬から3月下旬に開苑すのですが、入場料は茶菓子付きで700円です。梅約50種、1,500本の紅白が咲き乱れるのは、苑内を楽しむのにもってこいです。

 

kitano_tenmangu_006

 

 

続いて、「もみじ苑」です。こちらは、11月上旬から12月上旬でライトアップも行われております

 

入苑料は700円で、こちらも茶菓子付き(利休居士が考案したと伝わる麩の焼を再現したお菓子)です。約250本の紅葉が境内を色濃く秋色に染める姿は、本当に心が落ち着きます。

 

kitano_tenmangu_007

 

 

そして、「青もみじ」の公開もあります。これは5月上旬から下旬にかけてで、入苑料は300円で宝物殿拝観券付きです。鮮やかな新緑が生命の力強さを感じさせてくれます。

 

kitano_tenmangu_008

 

 

最後に、「宝物殿」をご紹介します。開館日は縁日(毎月25日)、観梅・紅葉シーズン、1月1日、12月1日、4月10日~5月30日で、料金は300円となっています。

 

展示品は入れ替えをすることがあるようなので、公式HPで紹介しているものが公開されていない場合もあれば、別のものを見られる機会があります。

 

そして、何といっても宝物殿には国宝である「北野天神縁起絵巻 承久本」を見ることができます。複製品ですが、是非一度見ておきたいところです。

 

SPONSORED LINK

 

周辺のおすすめランチ。人気グルメや安い店は?

せっかく北野天満宮へきたのだから、ランチもちょっと小洒落たものやおいしいものを堪能したいですよね。そこで、北野天満宮周辺のおススメランチをご紹介します。

 

「とようけ茶屋」は参拝後、豆腐料理や湯葉を楽しむのであればおススメです。予算もそれほどかかりませんので、足を運んでみてください。

 

とようけ茶屋
住所:京都府京都市上京区今出川通御前西入ル紙屋川町822
電話:075-462-3662
 

 

 

北野天満宮のお守りの効果は?種類と値段

北野天満宮のお守りは、願いごとに合わせて違うものを購入する必要があります。勧学守(\700)や学業守(\1,000)あります。そして、「星まもり」なるものがあります。

 

これは、北野天満宮の三光門の真上には北極星が輝き、天のエネルギーの働く聖地であると伝えられていることから、幸運をよぶ五色(青、白、赤、黄、紫)の星まもり(各¥1,000)となっております。

 

 

交通安全(大は700円、小は400円)や技芸上達守(こちらは800円)、病気平癒守(800円)や錦守(各700円)、厄除守(700円)、そして、縁結守、安産、延命長寿守はいずれも700円となっています。さらに、干支守(500円)もあるようです。

 

8691724602_d2aa6436b0_m

 

お守りの効果についてですが、北野天満宮のお守りは天神さまの御霊をお遷ししたもので、北野天満宮の神職がお祓いと祈願を行っているため、その効果は絶大なものであると言えます。

 

これを機に、京都に足を運んだ際は北野天満宮を参拝してみてほしいと思います。

 

【関連記事】

太宰府天満宮のアクセスで博多駅からは?お守り種類とランチおすすめ

 

こちらの記事では、同じく天満宮の有名どころ「大宰府天満宮」について詳しくまとめています。合わせて読んでみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

関連記事

2016夏のネイル。セルフで簡単にできる人気のデザインとは?

暑くなって夏らしいファッションが増えてきましたね。ネイルも合わせて夏仕様にする人も多いのではないでし

記事を読む

三春の滝桜2016年の見頃と開花状況は?地図住所とアクセス方法

いよいよ花見シーズンの到来ですね。春の楽しみとしては、最大のイベントといってもいいでしょう。そこで、

記事を読む

寒中見舞いはいつからいつまでの時期か?書き方の文例

年賀状を出しそびれてしまった方に寒中見舞いを出したという方や、喪中時の年賀状の代わりに寒中見舞いを出

記事を読む

歓迎会の案内状の例文。新入社員、会社、新入生の案内メール

入社2年目・3年目を迎え、新入社員などの歓迎会の「幹事」を任せられた!なんて人も多いのではないでしょ

記事を読む

ドイツ村イルミネーションの混雑状況。期間はいつまで?営業時間は?

花と緑にあふれた東京ドイツ村のイルミネーション♪私も、毎年家族と出かけていますが、昼間の雰囲気とは全

記事を読む

出産育児一時金の直接支払制度の方法と書き方。里帰りの場合は?

前回、出産育児一時金の制度についてご紹介しました。 ですが、後から支払われるといっても、 高額な

記事を読む

残暑見舞いの時期とは?文例とビジネス書き方。暑中見舞いとの違い

残暑見舞いっていつ出せばいいのだろう?そもそも暑中見舞いでさえよくわからないのに、まして残暑見舞いな

記事を読む

花粉症メガネの効果はある?ない?対策法とおすすめメガネの選び方

くしゃみ・鼻水・目のカユミなど、ツライ花粉症の対策は何が有効?毎年花粉症に悩む私にとって、花粉の飛び

記事を読む

北野天満宮の梅花祭。2017年の日程とおすすめの見どころ

風も暖かくなり、ぽかぽかとした陽気が続くようになると、気になり始めるのがどこにお花見に行こうか、とい

記事を読む

成人式でスーツの着こなし。男性、女性のおしゃれな着方

成人式で初めてスーツを着用するという方もいるのではないでしょうか? 男性はもちろん、最近は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑