*

北野天満宮の梅花祭。2017年の日程とおすすめの見どころ

風も暖かくなり、ぽかぽかとした陽気が続くようになると、気になり始めるのがどこにお花見に行こうか、という事ですよね。

 

もちろん桜の花でのお花見も素晴らしいですが、それよりも一足早く梅の花でのお花見というのも風情があってお勧めです。

 

●梅花祭とは?
●梅花祭の日程
●北野天満宮へのアクセス
●おすすめの見どころ

 

上記の内容で、由緒正しい北野天満宮の梅花祭についてご紹介していきます。興味のある方はぜひご一読してみてください。

 

SPONSORED LINK

 

梅花祭とは?

北野天満宮は、学問の神様である菅原道真公をお祀りした、全国に1万社以上ある天満宮・天神社の総本社の神社です。

 

北野天満宮の梅花祭は、菅原道真公の命日に行われているとても由緒正しい催事で、その歴史は古く、約900年もの間続けられてきました。

 

kitanotenmanguu_ume_fes_004

 

当初は御祭神である菅原道真公を宥めるために、音の通じる菜種の花を供え「菜種御供」と称していましたが、明治以降菜種の代わりに梅の花を用いたことから「梅花御供」と呼ばれるようになりました。

 

この御供は、四斗の米を蒸して大小2個の台に盛ったもの(大飯・小飯)で、古くから西ノ京に住む当宮の「神人」の末裔によって結成された七保会の会員により前日に参籠潔斎されて用意されます。

 

また、白梅・紅梅の小枝を挿した「紙立」(仙花紙を筒状にし、底に小さな土器を敷いて中に玄米を入れ、梅の小枝を挿し立てたもの)を男女の厄年にちなんで42本(白梅)と33本(紅梅)ずつ2台に分けたものも御神前にお供えします。

 

 

梅花祭の日程

梅花祭は、菅原道真公の命日である2月25日に毎年開催されています。午前10時より祭典が本殿にて行われ、合わせて、茶会(野点)が午前10時から15時まで三光門前広場で開催されます。

 

kitanotenmanguu_ume_fes_002

 

この野点を拝服することが出来ますが、拝服・宝物殿拝観・撤饌引換券の三連券(1,500円)の購入が必要になります。ただ、先着3,000枚限りで、券の頒布は1月25日から開始されています。

 

当日にはほぼ間違い無く売り切れていますので、野点拝服を希望される方は早めに三連券を入手するようにしてくださいね。この他に、授与所では「紙立て」に用いた玄米を「厄除玄米」として頂くことが出来ます(1袋100円)。

 

※【訂正】北野天満宮梅花祭の三連券の当日頒布は十分な枚数を準備されています。 よほどのことがない限り当日売り切れることはありませんので、ご安心下さい。

 

 

北野天満宮の梅苑は例年2月上旬から3月中旬頃にかけて梅の花を楽しむ事が出来ますので、人混みが苦手だけれど梅の花を楽しみたい、2月25日は日程が合わないけれど他の日なら大丈夫、という方は日程をずらして行ってみるのもお勧めです。

 

1

 

北野天満宮へのアクセス

●電車の場合
・京福電車「白梅町駅」より徒歩5分

 

 

●バスの場合
・JR京都駅より市バス50/101系統「北野天満宮前」下車すぐ
・JR・地下鉄二条駅より市バス55系統「北野天満宮前」下車すぐ

 

 

●車の場合
・名神高速道路「南IC」又は「東IC」より約30分
※但し、2/25は駐車場の利用が出来ません

 

2

 

おすすめの見どころ

なんといっても約50種1,500本の梅の花を見ることの出来る「梅苑」を外すことは出来ません。

 

入場料として大人600円(子供300円)がかかりますが、梅茶と茶菓子が付いていますので、北野天満宮の梅花祭に訪れた際には、梅苑にはぜひ立ち寄ってみてください。

 

また、もっとお茶菓子を楽しみたいという方は、出店茶屋もありますから、そちらもチェックしてみることをお勧めします。

 

kitanotenmanguu_ume_fes_001

 

北野天満宮の梅花祭についてお届けしてまいりましたが、いかがでしたでしょうか?

 

【関連記事】

水戸偕楽園の梅まつり2017年。見頃と開花状況は?

 

由緒正しい北野天満宮の梅花祭。梅の花だけではなく、風情あるイベントも楽しむ事が出来ますので、興味のある方はぜひ参加してみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

着物の着付け、男性の疑問。長襦袢・袴の着方、帯の結び方

タンスの中に着物はあるけれど、全く袖を通していないと言う男性も多いのではないでしょうか?男性の着付け

記事を読む

クリスマスケーキ人気おすすめランキング2016。東京・大阪有名店

クリスマスと言えば、やっぱりケーキ!最近はコンビニやスーパーでも買えますね。私は毎年ケーキのことを忘

記事を読む

鎌倉の紅葉2016。名所の見ごろ時期と穴場スポット。ハイキングも

四方を山と海で囲まれ、多くの神社仏閣や歴史的遺産など魅力的な観光都市である古都「鎌倉」。私の大好きな

記事を読む

天皇誕生日の一般参賀に行こう。混雑を避ける方法は?

皆さんは天皇誕生日の一般参賀がある事はご存知でしたか?私は恥ずかしながら知りませんでした。一般参賀と

記事を読む

子供のクリスマスプレゼント女の子2016。小学1年から高学年向け

小学生の女の子のクリスマスプレゼントは何がいいのでしょうか? 1年生では、まだまだままごと

記事を読む

建国記念日の由来、起源とは?驚きの意味を知っていますか?

2月11日は「建国記念の日」。「建国記念日」だと思っている方も多いのではないでしょうか?そして、日本

記事を読む

産休中の給料は出る?公務員は?税金負担と社会保険料の支払いは?

働く女性でも子供が欲しいと考えている方は少なくないと思います。 ただ気になるのは、 出産や育児を

記事を読む

2016夏のネイル。セルフで簡単にできる人気のデザインとは?

暑くなって夏らしいファッションが増えてきましたね。ネイルも合わせて夏仕様にする人も多いのではないでし

記事を読む

勝毎花火大会2016。場所取りのコツと穴場スポットは?体験談あり

夏と言えば、あなたが連想するものはなんですか?キャンプ、アクティビティ、レジャー、旅行など、想像した

記事を読む

クリスマスカードのメッセージ。英語で彼氏や彼女へ贈る英文の文例

日本人はあまりクリスマスカードを贈るという習慣はないように個人的に思います。宗教的な意味合いがそれほ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑