*

雛人形の処分と供養の仕方。何歳まで飾る?片づける時期はいつ?

女の子のいるご家庭ではそろそろ、雛人形の準備をしている事と思います。

 

子供の健やかな成長を願って、産まれた時に買い揃えた雛人形ですが、処分方法や時期はどうすのか?そして、何歳まで飾るものなのか、みなさまはご存知でしょうか?

 

「お嫁に行くまで」としているご家庭が多い様ですが、成人を過ぎても飾って良いのでしょうか?疑問が湧いてきました。そこで今回は、

 

●雛人形はいくつまで飾る?片づけるのは?
●雛人形の処分方法。供養の仕方は?
●買い取りや寄付に出す方法とは?

といったテーマで、雛人形を何歳まで飾るのか?また、処分する方法や時期などについてまとめました。

 

SPONSORED LINK

 

雛人形はいくつまで飾る?片づけるのは?

雛人形は、「片付けるのが遅くなると婚期が遅くなる」などといわれる事がある為、なんとなく「結婚するまで飾る」としている方が多い様です。

 

ですが、ひな祭りは、厄災を祓う為の行事であるため、何歳まで飾るという決まりはありませんので、お嫁に行った後でも雛人形を飾っても良いのです。

 

家庭内のお祝い事なので、細かい決まりなどがある訳ではありません。

 

雛人形の処分と供養の仕方。何歳まで飾る?片づける時期はいつ?

 

しかし、本人に代わって厄災を引き受けるのが人形の役目なので、赤ちゃんが誕生したら新しいものを買い求めるのが良いとされています。

 

では、本人が結婚した後、雛人形はどうしたら良いのでしょうか?

方法としては2つあります。

 

 

【方法 その1】

嫁ぎ先に持って行き、自分で飾る

厄災を祓う事が目的なので、結婚した後は自分で飾っても何の問題もありません。

 

 

【方法 その2】

実家で親御さんに飾ってもらう

ちょっと気が引けますが、結婚しても子供は子供ということで、親御さんにお願いして飾って貰うというパターンもあります。

 

従って、何歳までに処分しなければいけないなどの決まりもありません

 

doll_fes_002

 

雛人形の処分方法。供養の仕方は?

娘用に雛人形を買い求めた場合、自分用の雛人形はどうしたら良いのでしょう。娘用と自分用と、いくつも雛人形を飾る事は大変ですよね。

 

また、本人が存命中は人形を処分しないほうが良いなどといわれる事もあります。

 

しかし、誰も飾ることなく放置される位なら、然るべき方法で供養してあげた方が良いでしょう。雛人形はかなり収納スペースを必要とするので、現実問題として処分するのは仕方がない事だと思います。

 

SPONSORED LINK

 

雛人形の供養は神社にてとりおこなわれ、一般的には供養料を納めて引き取って頂く事になります。供養料は神社によって異なりますので、お近くの神社にご確認下さい。

 

 

最近では、宅配便を使用し、雛人形を送付して供養して頂ける神社や、オンラインで人形供養を受け付けてくれるところもあるようです。

 

近くに人形供養の神社がない・行く暇がないなどの事情のあるご家庭では、そういったものを利用して供養してもらうといいと思います。

 

●参考サイト

 

doll_fes_001

 

買い取りや寄付に出す方法とは?

●買い取ってもらう場合

戦前のものなど、古くて状態の良いものは高値で引き取ってもらえる事もあるそうですので、代々受け継がれて来た雛人形などがある方は、リサイクルショップではなく、古い雛人形を買い取ってくれる業者に見積もりに出すと良いでしょう。

 

一般的な雛人形の場合は、リサイクルショップで引き取って貰うのが良いでしょう。破損や少々の難があっても引き取ってもらえる様ですので、近くのリサイクルショップに確認してみましょう。

 

doll_fes_006

 

 

●寄付したい場合

雛人形に限らず、ぬいぐるみや衣服などを、海外の発展途上国に贈る活動をしている団体もあります。雛人形も、発展途上国の子供たちにとても人気があり喜ばれるそうです。

 

doll_fes_007

 

団体への配送料などは、個人で負担する事になりますが、一人でも多くの子供が笑顔になれるなら、こんなに素晴らしいことは無いですよね。私もいつか雛人形を飾らなくなる日がやってきたら、寄付しようと決めました。

 

供養などで処分するもの、買い取ってもらうものだと思っていたみなさんも、寄付も含めて今一度人形の処分方法を検討してみてくださいね。

 

doll_fes_005

 

いかがだったでしょうか?私が結婚した後も、母は毎年楽しそうに雛人形を飾っており、なんで飾るの?と聞くと「一年に一度くらいは出してあげないとかわいそうでしょ」と言っていました。

 

そんなもんかなぁと思っていたのですが、今思えば、一緒にひな祭りを祝った思い出を懐かしんでくれていたのかも知れません。改めて母に感謝したいなと思いました。

 

 【関連記事】

雛人形を飾る時期、期間はいつから?飾る向きや場所

 

みなさんも、素敵なひな祭りをお過ごしくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

高尾山で見る初日の出2017年。 混雑状況、駐車場は?

山からみる初日の出って、特別な感じがして良いですよね~。山、そして初日の出といえば、富士山!と思う方

記事を読む

静電気の除去と防止方法。髪の毛、服やスカートの対策とグッズ効果

寒い季節は特に発生率が高くなる「静電気」。髪の毛の広がりや、金属製のものを触る時のバチッ!!とした痛

記事を読む

喪中の初詣。神社の参拝がいけない理由。厄除けはできる?

そろそろ来年の事が気になる時期になりましたね。親族にご不幸があって、今年は正月行事をしないと言う方も

記事を読む

正月飾りはいつまで飾る?関東や関西で違いはあるの?意味と捨て方

正月飾りと言えば門松としめ縄、鏡餅ですね。鏡餅はスーパーでも簡易的なものが販売されており、ご自宅に飾

記事を読む

五月人形の処分方法。供養の仕方。処理はいつ、どうしたらいいか?

そろそろ端午の節句ですね。 百貨店などでは五月人形やこいのぼりが並んでいます。子供の誕生を

記事を読む

八戸えんぶり2017年の日程。みちのく五大雪まつりとは?

寒くてお家から出られない時程、いつか見たいイベントについて調べてしまう私なのですが、最近は、国の重要

記事を読む

クリスマスディズニー2016。混雑予想と入場制限は?攻略法まとめ

いよいよクリスマスも近づいてきました。ディズニーではハロウィンイベントも終わり、11月からクリスマス

記事を読む

越生梅林の開花状況2017。気になる梅まつりの見ごろはいつ?

気温もだんだんと暖かくなってきて早春を感じるようになると、どこかへふらっとお散歩に出かけたくなります

記事を読む

ハロウィンで子供の衣装を手作りで!男の子やベビーに簡単作り方

もう日本にもすっかり定着したハロウィンですが、本場アメリカとは違って日本では大人も子供も楽しんでいる

記事を読む

定期券払い戻しの計算方法。利用途中は使用期間いつまで可能か?

普段何気なく便利に使用している定期券。 でも何らかの事情により、定期券が不要になってしまっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑