*

ドイツ村イルミネーションの混雑状況。期間はいつまで?営業時間は?

花と緑にあふれた東京ドイツ村のイルミネーション♪私も、毎年家族と出かけていますが、昼間の雰囲気とは全く様子の違う、光の魅惑的な世界がたまりません。

 

光と音のショーや、少し高台から見た3D感覚の地上絵のようなイルミネーションなど、見どころ満載のおススメスポットです♪今回は、

 

●ドイツ村へのアクセス方法。営業時間と入場料金は?
●開催期間はいつまで?点灯時間について
●ドイツ村イルミネーションの見どころ
●混雑の状況は?クリスマスイブの混雑予想

 

これらについて、ご紹介します。ドイツ村イルミネーションへのアクセス方法や、私の知っているおススメ情報をまとめています。是非、参考にしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

ドイツ村へのアクセス方法。営業時間と入場料金は?

東京ドイツ村は、昼間は家族連れが多く訪れる花と緑あふれるテーマパークです。園内には、車に乗ったまま入園でき、それぞれのスポットに駐車できます。

 

車でアクセスする場合は、館山自動車道を姉ヶ崎袖ヶ浦インターチェンジで下り、付き当たりを右折して約5分の場所に東京ドイツ村が見えてきます。

 

ドイツ村イルミネーションの混雑状況や期間はいつまでを調べました。

 

詳しい地図は、下の地図で確認してみてくださいね。

 

 

ドイツ村の営業時間は、9:30~17:00までです。最終入場は、16:00までの受付となります。年中無休で営業していますので、いつでも安心して出かけられますね♪

 

入園料は、大人1人1,200円、中学生と高校生は800円、4歳から小学生のお子さんは600円です。65歳以上の人は、1,000円で入場できます。

 

イルミネーション開催期間中は、イルミネーション入園は15:00から19:30の受付となります。

 

140d39b8840a5a36e0438a0c1c9dc91b_s

 

11月上旬から1月中旬頃までは車1台2,000円、以降の期間中は車1台1,500円で入園できます。徒歩で来園の場合は、4歳以上から1人500円で入園できます。

 

園内は、のびのびと遊べる広大な広場やパターゴルフ、子どもが喜ぶ遊具などのアトラクションやミニ動物園、フラワースポット、わんちゃんランドなど、子どもから大人まで楽しく遊べるスポットです♪

 

592ceb3b6ca2400ccb3b1138ab562060_s

 

開催期間はいつまで?点灯時間について

ドイツ村のイルミネーションは、リピーターも多く、毎年たくさんの人が訪れています。私も、そのリピーターの一人ですが、イルミネーションのテーマが毎年変わりますので、何度行っても新鮮な感動に包まれます♪

 

b1a665bdea7385c10eccaa11a43fcdb9_s

 

イルミネーションの開催期間は、2016年11月1日から2016年3月31日まで、毎日休みなく開催されますよ♪ただし、点灯時間が日没~20:00までと早めに終了します。

 

SPONSORED LINK

 

ドイツ村イルミネーションの見どころ

私も毎年、両親と子どもを連れて、ドイツ村イルミネーションへ出かけていますが、車のまま入園できるので、とても楽チンですよ♪年々、電球の数やイルミネーションのエリアも広がっています。

 

車の中からイルミネーションを眺めることもできますので、私のように、足腰の弱いおじいちゃんやおばあちゃんが一緒でも、ムリさせることなく一緒にイルミネーションを楽しむことができますよ♪

 

また、寒い日でも車の中であれば快適に見ることができますね☆

 

09_txt23_02

 

ドイツ村イルミネーションは、関東三大イルミネーションの一つとして人気の高いスポットです。千葉県内のイルミネーションスポットとしては、一番の人気を誇ります。

 

見どころは、何と言っても「光と音のショー」ですね。音に合わせて、色が多彩に変化するこちらのショーは、必見の価値ありです!

 

 

また、虹色に輝く全長50メートルの「光のトンネル」も是非、中を通ってみてくださいね。見渡す限りの一面の光に包まれて、素敵な時間を過ごすことができます。

 

トリックアートを利用した、3Dイルミネーションによる演出も、感動すること間違いありません♪園内の観覧車に乗って、上から見下ろすドイツ村一面の光の世界も、是非楽しんでみてくださいね。

 

こちらの動画から、ドイツ村イルミネーションの様子が確認できます♪

 

 

混雑の状況は?クリスマスイブの混雑予想

ドイツ村のイルミネーションは、都内からも行きやすい場所にありますので、やはり混雑が予想されます。特に、週末やクリスマス前後は要注意です。

 

混雑をなるべく避けたい人は、11月の平日をおススメします。まだ、わりと空いています。しかし、12月に入ると、どの日に行ってもやはり混雑は免れません。

 

3d0ad84f93e3f8c0474f39960af4196d_s

 

1月下旬までは、ほぼ毎日混雑が予想されます。2月・3月はわりと人の混雑も緩和されますので、この時期にゆっくり楽しむのも良いですね。

 

クリスマスイブは、混雑のピークを迎えます。車でのお出かけは、なるべく避けた方が安心です。袖ヶ浦駅から30分間隔で、直行のシャトルバスが出ていますので、こちらを利用されることをおススメします。

 

【関連記事】

よみうりランドのイルミネーション期間と料金。クリスマスの混雑は?

相模湖イルミネーションの営業時間。混雑状況は?行き方と入場料

 

いかがでしたでしょうか。ドイツ村イルミネーションの魅力を知ってもらえたことと思います♪12月や1月は、とても寒いです。車から降りて、歩いてイルミネーションを楽しみたい方は、防寒対策を万全に出かけてくださいね。

 

SPONSORED LINK

  おすすめトピック(広告含む)

関連記事

勝山左義長まつり2017。どんど焼きのスケジュールは?

お祭りにも様々ありますが、中には火を使うものや、音楽を奏でるもの、など様々です。普段身近にあるものだ

記事を読む

浴衣の着付けで帯の結び方。作り方は?簡単に可愛くアレンジ

お祭や花火大会に浴衣を着て行くのって、女の子にとってちょっと憧れですよね。浴衣を着ているだけで仕草が

記事を読む

海のデート服装。男性ファッション。モテるおすすめコーディネート!

夏のデートといえば・・・海――――!! 海は、恋が叶うチャンス!?   じつは、私の

記事を読む

東京大神宮の初詣2017年。混雑状況と待ち時間は?

縁結びで有名な東京大神宮。2017年は絶対に相手を見つけたい、または今のお相手との縁をもっともっと深

記事を読む

五月人形の飾り方。いつから飾る?場所と方角。しまう時期とは?

もうすぐゴールデンウィークですね。この時期になると、昔は鯉のぼりが飾られているお家をちらほら見かけま

記事を読む

節分そばとは?習わしの由来と節分に蕎麦を食べる理由とは?

2月3日は節分ですね。家族みんなで大豆を投げたり、福豆を拾って食べたり、子供達には楽しい行事の一つで

記事を読む

市川市民納涼花火大会の穴場2016。場所取りは何時からが良い?

東京都江戸川区で開催される江戸川区花火大会。それと日を同じくして開催されるのがこの市川市民納涼花火大

記事を読む

破魔矢の飾り方と2017年の方角。はまやの置き場所はどこ?

破魔矢とは正月の縁起物として神社や寺院で授与される矢の事で、「魔除け」や「一年の好機を射止める」など

記事を読む

三浦海岸の河津桜2016開花情報。場所はどこ?駐車場はある?

日本の春といえば、桜。この桜、一般的には九州では3月下旬あたりから、北海道では5月初旬に開花し始めま

記事を読む

年賀状の一言添え書き。親戚へメッセージ文例。結婚報告やお礼の言葉

結婚式を迎えた翌年の年賀状は、結婚後の近況報告やお世話になった人へのお礼の気持ちを伝える良い機会です

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑