*

相模湖イルミネーションの営業時間。混雑状況は?行き方と入場料

クリスマスの時期はいろいろな場所でイルミネーションが開催されますが、できればクリスマス以外の時期も、恋人や友人、家族と素敵なイルミネーションを楽しめる場所があれば良いですね。

 

都内近郊でこのようなスポットをお探しであれば、神奈川県相模湖のイルミネーション、『さがみ湖イルミリオンがおススメです。

 

私も毎年出かけていますが、何度見ても幻想的な光のアートに魅了されてしまいます。

 

●相模湖イルミネーションの場所と営業時間。期間は?
●アクセス方法と入場料について
●見どころと渋滞・混雑状況。クリスマスの混み具合は?
●相模湖イルミネーションのお得なクーポンはある?

 

これらについて、ご紹介します。私の目で見た、相模湖イルミネーションのおススメ情報や、お得に楽しめる情報をまとめています。是非、参考にしてみてくださいね。

 

SPONSORED LINK

 

相模湖イルミネーションの場所と営業時間。期間は?

都心からそれほど離れておらず、車で1時間ほどあれば行ける場所にある、相模湖のイルミネーション。一度は、必ず見てほしい光の祭典です。

 

相模湖の場所は、下の地図で確認してみてくださいね。

 

 

相模湖イルミネーションは、今年で7年目を迎える関東最大規模の光の祭典として有名です。およそ500万球のLEDと水や音の演出が、幻想的な世界へ引き込んでくれます。

 

相模湖イルミネーションは、“さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト”で開催され、『さがみ湖イルミリオン』と呼ばれる、大規模なイベントです。さがみ湖リゾート プレジャーフォレストの場所は、下の地図で確認できます。

 

 

この『さがみ湖イルミリオン』の開催期間は、毎年11月1日~翌年の1月7日頃まで、毎日イルミネーションが楽しめます。

 

1月8日~3月19日の期間中は、金・土・日と祝日のみの開催となりますので、気をつけてくださいね。春休み期間中の3月20日頃から4月上旬までは、毎日イルミネーションが点灯します。

 

 

開催期間中のイルミネーションの点灯時間は、11月~1月は17:00から21:30までです。

 

日没時刻に合わせて、2月は17時30分から、3月は18時から、4月は18時15分頃からと若干の変更があります。最終入場の受付は、21:00となります。

 

雨の日でも、イルミネーションは開催されますので、天候の心配をする必要がなく安心ですね♪

 

09_txt21_01

 

アクセス方法と入場料について

さがみ湖リゾート プレジャーフォレストは、遊園地とキャンプ場やバーベキューなど、おとなもこどもも楽しめる、アウトドア設備を兼ね備えた人気のレジャースポットです。

 

交通のアクセス方法は、都内から車の場合、中央自動車道に乗り、相模湖東出口で下りて、約七分の場所です。ルートの詳細は、下の地図で確認できます。

 

 

カーナビを利用して目的地を目指す場合、さがみ湖プレジャーフォレストでは検索できないことがあります。この場合は、さがみ湖ピクニックランドで検索すると、表示される場合があります。

 

2008年に『さがみ湖ピクニックランド』→『さがみ湖プレジャーフォレスト』へ名称が変更になっていますので、2008年以前のカーナビをご使用の場合は、お気をつけくださいね。

 

施設の敷地内に駐車場もあります。車1台1,000円で駐車できます

 

09_txt21_02

JRを利用の場合は、JRの新宿駅から中央線に乗り、相模湖駅で下車します。相模湖駅前にバス乗り場がありますので、1番のバス乗り場より“三ヶ木行き”に乗車し、約10分で、プレジャーフォレストに到着します。

 

その他、イルミネーションの期間中は、便利な直行バスの運行もありますよ♪

 

 

新宿高速バスターミナルと横浜駅西口の2か所で直行便が出発します。新宿高速バスターミナルは16:00出発、横浜駅西口は15:00出発です。

 

運賃は、往復で大人1人2,800円、子ども1,400円となります。バスは予約制となりますが、空席がある場合は予約なしでも乗車できます。

 

SPONSORED LINK

 

さがみ湖イルミリオンの入場料金は、夜間入場料金として中学生以上は600円、3歳から小学生までは400円となります。昼間の遊園地入場料を支払っている場合は、そのまま夜間のイルミネーションを楽しめます。

 

ちなみに遊園地の入園料は、大人1,700円、小人1,000円です。入園料と乗り物乗り放題がセットとなったフリーパスの料金は、大人3,700円、小人3,000円です。

 

恋人や家族、友人と一緒に朝から出かけ、昼間は遊園地、夜はイルミネーションと1日中楽しむことができますよ♪

 

08_txt14_08

 

見どころと渋滞・混雑状況。クリスマスの混み具合は?

さがみ湖イルミリオンの見どころと言えば、私の一番のおススメは何と言っても、春に満開に咲いた夜桜のライトアップでしょう♪

 

私も、この時期になると毎年必ず訪れます。桜の季節以外のイルミネーションも、水と音と光の共演でステキな光の世界が広がりますが、そこに見事な桜も加わることで、イルミネーションの感動がさらに増すことは間違いありません。

 

 

また、100万球のLEDが使われている“光の宮殿と大庭園”は、見渡す限りの広大な空間が、音楽に合わせて様々な色の変化に魅了されます。噴水やシャボン玉の演出が、さらに美しい世界を作り出してくれます♪

 

バレンタインやホワイトデーには、写真撮影ができる大きなハートのイルミネーションと、カップルが一緒に鐘を鳴らすと幸せになれるという、2つの特別エリアが設けられますよ☆

 

09_txt21_03

 

さてさて・・ここから混雑状況についてのお知らせです・・。相模湖イルミネーションは、間違いなく見て損することがないことは、自信を持って言えます!!

 

ただ・・イルミネーションは、11月~翌年4月上旬まで長期に渡って開催されますが、とにかくどの時期に行っても、ほぼ混んでいます!まずは、車の渋滞に巻き込まれないように、早めに行動しましょう♪

 

 

夜のイルミネーションだけ楽しもうという人は、予想以上に多いので、夕方以降の車の渋滞と駐車場の空き待ちで時間を大幅にロスしてしまう場合も考えられます。

 

特に、週末や祝日前は、混雑に要注意です。中央高速の出口付近や国道20号は、渋滞に巻き込まれやすい場所となりますので、注意しておいてくださいね。

 

特に混雑する日は、臨時の駐車場も開設されますが、それでも駐車場がない場合もあります。混雑状況によっては、最終入場受付の21:00まで待っても駐車場に入れないこともあるようです。

 

8302306895_65f53e7b2b_m

 

このような最悪のこととならないよう、公共の交通機関直行シャトルバスを利用すると、駐車場の心配も必要ありませんので安心ですね。

 

平日や雨の日は、わりとお客さんも少なめで、ゆっくりと鑑賞したい方には平日に行かれることをおススメします。クリスマスの時期は、言うまでもなく車は大渋滞です。ようやくたどりついても、入場制限の場合もあるようです・・。

 

昼間から遊園地で遊んでいるお客さんも、そのまま夜間のイルミネーションが楽しめますので、イルミネーションのみ楽しもうという人は、車で行くのは避け、公共の交通機関などの利用が良いでしょう。

 

さがみ湖イルミリオンは、下の動画でも確認できます♪

 

 

相模湖イルミネーションのお得なクーポンはある?

相模湖のイルミネーションは、普通列車を利用するのであれば、お得なセットプランがあります。

 

新宿駅から相模湖駅の普通列車の往復料金と、“さがみ湖イルミリオン”入場料金と、さらに遊具の乗り物券5枚がセットとなっていて、とてもお得です♪料金は、おとな3,600円、こども2,400円です。

 

09_txt21_03

 

また、特急列車で行く“さがみ湖イルミリオン”入場料金とのセットプランも人気です。毎年、クリスマスの時期に合わせて5日間のみ運行します。

 

こちらは、乗り物券3枚とさがみ湖温泉“うるり”の入館券、さらにソフトドリンク一杯付き、さらにさらに相模湖駅前からの相模湖イルミリオンまでの迎え付きと、嬉しい特典がたくさんついていますよ♪

 

料金は、特急列車かいじ109号の場合は、おとな5,600円、こども3,300円です。特急列車かいじ113号の場合は、おとな5,100円、こども3,000円です。

 

申し込みは、インターネットからも電話からもできます。出発の5日前までの予約となります。

 

【関連記事】

よみうりランドのイルミネーション期間と料金。クリスマスの混雑は?

ドイツ村イルミネーションの混雑状況。期間はいつまで?営業時間は?

 

いかがでしたでしょうか。私の大好きな相模湖イルミネーションの魅力を知ってもらえたと思います。

 

期間中は、たくさんの人が訪れますので、くれぐれも入場制限などに当たることのないよう、時間に余裕を持って、幻想的なイルミネーションを楽しんでくださいね。

 

SPONSORED LINK

関連記事

真駒内花火大会2016!会場外の穴場スポットは?無料で見れる場所

今から夏休みの計画を立てている人もたくさんいますよね。人気スポットだと、もう予約でいっぱいで残念な思

記事を読む

富士山の初日の出で綺麗に写真を撮る穴場スポットは?

日本を代表するものの一つに富士山がありますね。富士は日本一の山!といわれているこの山は、毎年多くの観

記事を読む

東京ミッドタウンの周辺レストラン。ランチおすすめとデートプラン

東京ミッドタウンはホテル、文化施設、ショッピングセンター、オフィス、病院などが集まった複合施設です。

記事を読む

節分の豆を食べる数と理由とは?豆まきの種類。残りのリメイクレシピ

皆さんは節分に豆を食べますか?私も小さい頃から、節分には豆を食べていたので毎年食べているんですが、歳

記事を読む

クリスマスソングの定番とは?洋楽から邦楽の名曲まとめ

今冬ダウンロードするならこれだ!クリスマスソング定番ベスト!!ラジオからクリスマスソングが流れる季節

記事を読む

サマーランドの持ち物リスト。混雑予想と状況は?場所取り攻略法

2014年7月にオープンした新アトラクション「デカスラ」でも話題沸騰中、日本最大級のプールをもつ東京

記事を読む

神宮花火大会の穴場スポット2016。明治公園の場所取りの時間は?

東京三大花火大会というのをご存知でしょうか?隅田川花火大会、東京湾大華火祭、そしてもう一つが今回ご紹

記事を読む

東福寺の紅葉2016!見ごろとライトアップ時間。拝観料と混雑状況

秋と言えば、紅葉の秋と言うことで、今回は京都の東福寺というお寺の見どころをご紹介しようと思います。&

記事を読む

羽子板市2016。時間は何時まで?値段はいくらから?価格の相場

最近、若い女性のなかで歌舞伎がブームになっているとか? 浅草寺境内で毎年行われる羽子板市に

記事を読む

師走の意味とは?由来と語源。挨拶の使い方でメールやビジネスの文例

12月のことを師走と言いますね。皆さんは、なぜ師走と言うのかご存知ですか?私は師が走るほど忙しいから

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑