*

喪中はがきの文例。夫や義父の場合は?夫婦連名で出す続柄の書き方

木々の葉が色づき始め、朝晩冷え込むようになってまいりました。今年親しいご家族を亡くされた方の中には、喪中はがきの事が脳裏をかすめた方もおられるのではないでしょうか?

 

家の場合は喪中はがきにはどのような文例が有るのだろう?出す時期はいつ頃が良いのだろう?印刷を頼むべきか?妻の祖父だが、私(夫)は出すべきか?

 

などなど。迷われることも多いのではないでしょうか?そこで、今回は

●喪中はがきはいつ出すの?
●喪中はがきの文例。夫の場合
●義父の場合、夫婦連名で続柄の書き方は?
●年明けに出す場合の文例は?

 

このような内容について書いてみました。ご参考になれば、幸いです。

 

SPONSORED LINK

 

喪中はがきはいつ出すの?

喪中はがきは、年賀欠礼の挨拶状です。

 

不幸が有りまして、悲しくておめでとうと言える状態じゃないので、本来なら送るべき年賀状を送りませんが、私は元気でおります。申し訳ありません。」と言っているわけです。

 

ですから、年賀状を本来やり取りしている相手の方が、賀状の準備をする前に送るのが、マナーと考えます。

 

喪中はがきの文例。夫や義父の場合や夫婦連名で出す続柄の書き方をお伝えします。

 

とは言っても、9月では早すぎます。10月は先方が忘れてしまうかもしれないので、少々早すぎるかもしれませんね。11月中頃出される方が多いようです。くれぐれも遅くならない様、ご注意ください。

 

それから、11月、12月にご不幸が有った場合はあわてて喪中はがきを出さなくても大丈夫です。もちろん先方のご準備に間に合いませんし。他の方法が(年明けに、寒中お見舞いとして出す)有りますので、ご安心ください。

 

08_txt08_01

 

喪中はがきの文例。夫の場合

次に、喪中はがきの文例をご紹介します。

 

夫が、実祖父を亡くした場合のオーソドックスな文面です。はがきの背景は白または薄いグレー色などで、蓮の花などのイラストが一般的です。

 

父、母の場合でしたら、祖父の部分が変わります。

08_txt08_02

 

弔事は、手紙の中でもいちばん儀礼を重んじます。今回は、便宜上横書きにしましたが、縦書きの毛筆書体で句読点は無い方が良いのではないでしょうか。

 

SPONSORED LINK

 

ご自分で印刷されてももちろんOKですし、お忙しい場合は印刷屋さんにお願いするのも良いでしょう。

 

切手は弔事用の物が有ります。郵便局ですべて貼ってくれる所もあるそうですから、是非確認されてください。

 

08_txt08_03

 

義父の場合、夫婦連名で続柄の書き方は?

差出人である夫から見た続柄を入れるのがいいでしょう。

 

妻の父親の場合は、「義父」「妻の父」になります。

義父 ○○ ○○と、苗字を入れておくと先方にもわかりやすいと思います。

 

差出人は夫婦連名にしておきましょう。

 

08_txt08_04

 

年明けに出す場合の文例は?

さて、先ほども少しふれましたが、年末に近い時期のご不幸の場合は、喪中はがきの発送が、先方の年賀状のご準備に間に合わない場合が有ります。

 

そのような時は、あわてる事はありません。「寒中お見舞いはがき」でお知らせしましょう。

 

先方は、何も知らずに年賀状を送ってくださるのですから、いつも届くはずのこちらからの賀状が無ければ、あれ?今年は○さんからの年賀状が来てないね!と、ご心配されるかもしれません。そこで、

 

08_txt08_05

 

時期は、松が取れた後の1月8日以降(場所によっては16日)に投函しましょう。

 

また、知らずに喪中のお宅へ年賀状をお送りしてしまった場合も、この寒中お見舞いで、お詫びを送ることが出来ます。

 

 

文面は、

厳寒の侯、いかがお過ごしでしょうか

先日はお義母様の喪中を存じあげずに年賀状をお送りし

大変失礼いたしました

ご家族の皆様にも心よりお詫び申し上げます

まだまだ寒い日がつづきます

皆様どうぞくれぐれもお体をお大事になさってください

平成◯◯年 一月七日

 

と、このようにすると良いのではないでしょうか?

 

 

他にも寒中お見舞いは、一般的な季節の挨拶として、寒中に相手の健康を気遣う時、先に年賀状を頂き返礼を松の内に送れなった方へ、年始の挨拶を送りたい時などにも使える挨拶状です。

 

【関連記事】

喪中はがきを出す範囲。年賀状はどこまで?親族の範囲と期間

 

背景も、少し色味のあるものを使う方も増えてきているようです。季節の挨拶の寒中お見舞いは、南天寒椿雪うさぎなど冬のイラストがポピュラーですし、横書きでも大丈夫です。

 

SPONSORED LINK

関連記事

喪中の初詣。神社の参拝がいけない理由。厄除けはできる?

そろそろ来年の事が気になる時期になりましたね。親族にご不幸があって、今年は正月行事をしないと言う方も

記事を読む

スポーツの秋といわれる理由はなぜ?由来とは。英語で言う場合

秋はスポーツの秋とも言われていますよね。私の地元の運動会も秋に毎年開催されております。 学

記事を読む

鎌倉花火大会の穴場スポットは?2016日程と混雑。場所取りの方法

東京都内に負けじと、たくさんの花火大会のある神奈川。数ある花火の中から、今日は鎌倉花火大会をご紹介し

記事を読む

御堂筋イルミネーションの行き方。2016年の開催期間と時間は?レストラン情報

クリスマスが近づくとあちこちでイルミネーションが輝き始めて、気分もウキウキしますよね。私もイルミネー

記事を読む

年賀状の挨拶の文例ビジネス編。上司や取引先なら?一言や添え書き

ビジネス上お付き合いのある人に年賀状を書こうとすると、いつも挨拶文や添え書きに悩んでしまいます。&n

記事を読む

スマホ年賀状アプリで作り方。自宅で印刷は可能?デザインの作成方法

最近は、年賀状もアプリで作る時代になりましたね。年賀状を手書きする人も少ないんでしょうね。 

記事を読む

日本脳炎の予防接種。副作用の症状とリスクは?間隔と時期まとめ

2005年のニュースで、古いタイプの日本脳炎ワクチンによって重篤な副反応が出た可能性がある症例が紹介

記事を読む

新年会で締めの挨拶は何を言えばいい?手締めのやり方

新年会などの宴会には、締めのご挨拶がつきものです。なかなか自分で行う機会はないかもしれませんが、万が

記事を読む

お盆のお供えのし。表書きの書き方。何が良いか?お返しは必要?

夏も来ると、お彼岸も間近ですね。そこで今回は、お盆のお供えについて書きたいと思います。 若

記事を読む

初盆のお返しでのしの書き方。金額の相場や返す時期は?挨拶状の文例

忌明け後に初めて迎えるお盆のことを、初盆もしくは新盆といいます。初盆を取り仕切る経験は人生に幾度もな

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑